准看護師

准看護師 資格 なるには

准看護師は、医師・看護師の指示によって診察の補助や患者の世話を行います。准看護師の資格を取得してから3年以上業務に従事し、そのうえで2年制の看護学校に通うことで正看護師になるための国家試験受験資格を得ることができます。現在では准看護師の制度が見直され、今後徐々に数は減っていくといわれています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

准看護師は10代20代の男女が目指せる、キャリアアップもできる仕事です。
准看護師は他にも看護婦、看護士、ナースと呼ばれています。

sponsored link

准看護師

准看護師ってどんな仕事?

准看護師は、医師・看護師の指示によって診察の補助や患者のお世話を行います。患者の薬の管理・健康状態のチェックなどを主に行い、時には患者家族のサポートやケアも求められます。精神的に落ち込みやすい状態にある患者を労り、思いやれる心が大事です。もともとは女性が多い仕事でしたが、近年では男性の准看護師も増えています。准看護師の免許を取得してから3年以上業務に従事し、その上で2年制の看護学校に通うことで正看護師国家試験の受験資格を得ることができます。

准看護師になるためには?

准看護師の試験に合格するための勉強法ですが、准看護師は専門学校や養成学校に通うことが必須です。なのでまずは、学校で習ったものを確実に自分の知識になるように、予習と復習を基本に勉強していきましょう。それでもわからないものは、積極的に先生やクラスメイトなどに質問するようにしましょう。専門学校や養成学校は、生徒の合格率をあげて次の入学者数を増やすために、教え方や試験問題などの何年分ものデータを分析しています。まずは学校のカリキュラムを完璧にしましょう。その上で、より理解を深めるために参考書を読んだり、他県の過去問を解いてみるのもいいでしょう。

准看護師の専門学校(養成所)や通信講座について

準備中です。

リクルートが運営する、「スタディサプリ進路」。ただいま高校生限定で図書カードを全員にもらえる超お得なキャンぺーンを実施中です! 大学の無料パンフレット・願書などをまとめて7校以上請求するだけで、 全員に500円分の図書カードがプレゼントされます!!! 気になる大学の資料を請求して、自分の本当に行きたい大学を見つけましょう! ↓ スタディサプリ進路で資料請求する ↓ スタディサプリ資料請求 【 大学資料請求キャンペーンページへ 】
sponsored link

准看護師

准看護師の仕事例・報酬相場

准看護師の他の職業例

(どちらもステップアップすることで)看護師、助産師

准看護師に向いている人

看護師(正看)と同じように、忍耐力、平常心、責任感、コミュニケーション能力を備えている人が、准看護師に向いている人と言えるでしょう。看護師は優しい人が向いているように思えますが、毎日の業務は量が多く、とても大変です。また、患者や医師らと上手く話せないというようでは、重大な医療ミスを犯してしまうこともあります。

PR

准看護師と同じ分野の他の職業

看護師、医師、薬剤師、保健師、助産師、救急救命士、歯科医師、獣医師、歯科衛生士

准看護師の給料相場

准看護師の給料についてですが、夜勤手当などをふくめて、400万程度が准看護師の平均の年収になります。もちろん、常勤、非常勤などの雇用形態、病棟、手術室、夜勤専従などと言った仕事内容や、働く病院の所在地などで給料は変わってきます。また、准看護師は看護師(正看)よりも給与が低くなっています。看護師(正看)の平均年収は約500万なので、看護師(正看)に比べると、准看護師は100万ほど年収に差がある事になります。

准看護師の現状

准看護師は、学歴に関係なく、資格を取得し現場に出て働くまでの時間が、看護師(正看)と比べて短くなっています。なので、中卒の人などは准看護師になってから看護師(正看)を目指す事もあるそうです。ですが、大学進学率が上昇した現在は、看護師(正看)になるのが難しくなくなり、准看護師の数は減少傾向にあります。その為、看護師(正看)は大卒の20~30代が多く、准看護師は40~50代が多いという年齢構成になっている病院もあります。また、准看護師は昇進が難しいということもあるようです。

准看護師の将来性

准看護師は、記事の冒頭や今までに述べたように、制度そのものが見直され始めています。戦後の看護師が以上に不足していた時代に、あまり時間を掛けずに、なおかつしっかりとした医療に関する知識を持った看護師を育成するためにできたのが准看護師という制度です。時代が変わった今は、医師会の反対があるものの、新しい准看護師を育成しないという県も出てきました。准看護師が医療の現場で働くことができなくなる訳ではありませんが、これからは確実に准看護師の数が減っていくでしょう。

准看護師の独立について

准看護師として、独立することは難しいでしょう。もちろん、看護師(正看)として独立することも難しいです。これは、准看護師の業務内容である「看護」が、医師の行う医療行為を補助する行為だからです。准看護師の資格のみで独立することは難しいですが、准看護師の資格と、他の資格を組み合わせて独立することは可能です。諦めずに、様々な可能性を模索することが大切です。

コメントを残す

*

*