准看護師 資格 なるには

医療・福祉・リハビリ系資格一覧

准看護師

准看護師は10代20代の男女がキャリアアップもできる資格です。

准看護師資格取得者は他には看護婦、看護士、ナースという名称で呼ばれております。

資格名:准看護師

准看護師の資格は「公的資格」です。

sponsored link

資格広場では准看護師になるには?准看護師なるためには?准看護師になりたいを応援しております。

准看護師になるために必要な知識

准看護師の試験に合格するために必要な知識ですが、分野は多岐にわたっています。日本の医療制度の仕組み、人体の仕組みや、薬物や食など、看護師(正看)の試験に引けを取らない分野の広さになっています。もちろん、看護についての基礎も必要です。看護は母子、成人、老年など複数種類があったりするので、勉強するのはとても大変です。

准看護師の資格は「各都道府県」が運営管理を行っております。

各都道府県とは:

准看護師の資格試験は、各都道府県が実施、運営しています。ですが、後述する准看護師廃止問題もあり、神奈川県は准看護師の養成を停止しています。

准看護師 なるには 資格

▼ 仕事内容▼ 試験詳細▼ 資格取得者の傾向

准看護師ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

准看護師は、医師・看護師の指示によって診察の補助や患者のお世話を行います。患者の薬の管理・健康状態のチェックなどを主に行い、時には患者家族のサポートやケアも求められます。精神的に落ち込みやすい状態にある患者を労り、思いやれる心が大事です。もともとは女性が多い仕事でしたが、近年では男性の准看護師も増えています。准看護師の免許を取得してから3年以上業務に従事し、その上で2年制の看護学校に通うことで正看護師国家試験の受験資格を得ることができます。

准看護師資格取得の為の勉強法

准看護師の試験に合格するための勉強法ですが、准看護師は専門学校や養成学校に通うことが必須です。なのでまずは、学校で習ったものを確実に自分の知識になるように、予習と復習を基本に勉強していきましょう。それでもわからないものは、積極的に先生やクラスメイトなどに質問するようにしましょう。専門学校や養成学校は、生徒の合格率をあげて次の入学者数を増やすために、教え方や試験問題などの何年分ものデータを分析しています。まずは学校のカリキュラムを完璧にしましょう。その上で、より理解を深めるために参考書を読んだり、他県の過去問を解いてみるのもいいでしょう。

准看護師の試験料・試験の内容・合格発表について

准看護師資格試験料

准看護師の試験の受験料(手数料)ですが、東京都と埼玉県の場合、6,900円になっています。また、関西圏においても、准看護師の試験料は6,900円と決められています。いつ改定があるかわからないので、受験するときは受験要項をしっかり確認しましょう。

准看護師試験・検定の年間試験回数

准看護師の試験は、例年二月半ばから、後半にあります。日程は試験を行う都道府県の知事が指定しますが、日曜日に試験を行うことが多いようです。1年に1回試験が行われています。

准看護師の試験科目等の内容

准看護師の試験は、問題数が150問で、4つの選択肢から正解を1つ選ぶ形式になっています。試験は14つの分野に分かれています。2~3問しか問題がない分野もあれば、基礎看護という分野では問題数が43問、成人介護では36問と分野ごとの問題数にはかなりのばらつきがあります。合格するためには、6割の点数を獲得する必要があります。

准看護師資格の難易度

准看護師の試験の難易度は、あまり高くありません。必ず准看護師の専門学校や養成機関で学ぶので、真面目に学んでいればよっぽどのことがない限り大丈夫でしょう。ですが、准看護師と看護師(正看)の試験の問題は違いますが、内容に大きな差はありません。医療行為、看護行為は人命に関わり、様々な知識が必要なので、専門学校などで学ぶ内容はかんたんではありません。

准看護師資格の合格率について

准看護師の試験合格率は、もちろん都道府県によって差はありますが、おおよそ9割と考えておいて良いでしょう。准看護師の養成学校や専門学校でしっかり看護について学び、試験本番への対策を専門学校が何年も蓄積して、分析してきたデータを使って対策を行えるので、やはり他の国家試験よりも合格率は高くなります。

准看護師試験の合格発表

准看護師試験の結果発表(合格発表)は、試験を主催した都道府県の県庁、またはホームページでの合格者の受験番号掲示が行われます。具体的な日時については、都道府県それぞれで異なるので、自分で確認するようにしましょう。合格者には、合格証書が郵送されます。

sponsored link

准看護師資格取得後の傾向

准看護師の職業例

(どちらもステップアップすることで)看護師、助産師

准看護師に向いている人

看護師(正看)と同じように、忍耐力、平常心、責任感、コミュニケーション能力を備えている人が、准看護師に向いている人と言えるでしょう。看護師は優しい人が向いているように思えますが、毎日の業務は量が多く、とても大変です。また、患者や医師らと上手く話せないというようでは、重大な医療ミスを犯してしまうこともあります。

准看護師と同じ分野の他の資格

看護師、医師、薬剤師、保健師、助産師、救急救命士、歯科医師、獣医師、歯科衛生士

准看護師の給料相場

准看護師の給料についてですが、夜勤手当などをふくめて、400万程度が准看護師の平均の年収になります。もちろん、常勤、非常勤などの雇用形態、病棟、手術室、夜勤専従などと言った仕事内容や、働く病院の所在地などで給料は変わってきます。また、准看護師は看護師(正看)よりも給与が低くなっています。看護師(正看)の平均年収は約500万なので、看護師(正看)に比べると、准看護師は100万ほど年収に差がある事になります。

准看護師の現状

准看護師は、学歴に関係なく、資格を取得し現場に出て働くまでの時間が、看護師(正看)と比べて短くなっています。なので、中卒の人などは准看護師になってから看護師(正看)を目指す事もあるそうです。ですが、大学進学率が上昇した現在は、看護師(正看)になるのが難しくなくなり、准看護師の数は減少傾向にあります。その為、看護師(正看)は大卒の20~30代が多く、准看護師は40~50代が多いという年齢構成になっている病院もあります。また、准看護師は昇進が難しいということもあるようです。

准看護師の将来性

准看護師は、記事の冒頭や今までに述べたように、制度そのものが見直され始めています。戦後の看護師が以上に不足していた時代に、あまり時間を掛けずに、なおかつしっかりとした医療に関する知識を持った看護師を育成するためにできたのが准看護師という制度です。時代が変わった今は、医師会の反対があるものの、新しい准看護師を育成しないという県も出てきました。准看護師が医療の現場で働くことができなくなる訳ではありませんが、これからは確実に准看護師の数が減っていくでしょう。

准看護師の独立について

准看護師として、独立することは難しいでしょう。もちろん、看護師(正看)として独立することも難しいです。これは、准看護師の業務内容である「看護」が、医師の行う医療行為を補助する行為だからです。准看護師の資格のみで独立することは難しいですが、准看護師の資格と、他の資格を組み合わせて独立することは可能です。諦めずに、様々な可能性を模索することが大切です。

こんな著名人の方も准看護師資格を持ってます。

該当者なし

関連記事

  1. 医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    救急法救急員になるには

    救急法救急員は幅広い年齢層の男女が目指せる、人の役に立ちたい人にオスス…

  2. 義肢装具士 資格

    医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    義肢装具士

    義肢装具士は幅広い年齢層の男女が目指せる、体の一部を再現する資格です。…

  3. 理学療法士 資格 なるには

    医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    理学療法士

    理学療法士は幅広い年齢層の男女が、歩いて退院していく姿を見たときの嬉し…

  4. きゅう師 鍼灸 お灸 資格

    医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    きゅう師

    きゅう師は幅広い年齢層の男女に、たくさんの人を元気にできると人気の資格…

  5. 介護福祉士 資格

    医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    介護福祉士

    介護福祉士は幅広い年齢層の男女に人気のある、社会貢献度が大きい資格です…

  6. 衛生管理者 なるには 資格

    医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    衛生管理者

    衛生管理者は幅広い年齢層の男女の就職・転職にとても有利な資格です。…

評価平均:評価なし/5
コメントはまだありません

No comments yet.

口コミ・体験談・勉強法等ご自由にコメントしてください。

メールアドレスは公開されません。いたずら防止のため承認制を取らせて頂いております。

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。



*

最近の記事

Sponsored Link
PAGE TOP