臨床工学技士

臨床工学技士 資格

臨床工学技士とは、医師の指示の下で生命維持管理装置の操作や保守点検を行う仕事です。「人工心肺装置」や「人工透析装置」などが代表的な機器で、多くの臨床工学技士は腎不全の患者に対して行う人工透析治療に携わっています。きちんと勉強し対策をしていれば、合格は難しくない資格です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

臨床工学技士は幅広い年齢層の男女が目指せる、患者さまの命を守る仕事です。
臨床工学技士は他にもClinical Engineering Technologist, Clinical Engineer, CE, Medical Engineer, ME)と呼ばれています。

臨床工学技士

臨床工学技士ってどんな仕事?

臨床工学技士は、医師の指示の下、生命維持管理装置の操作や保守点検を行う仕事です。扱う代表的な機器としては「人工心肺装置」、「人工透析装置」、「人工透析装置」などがあり、多くの臨床工学技士は腎不全の患者さんに対して行う人工透析治療に携わっています。一歩間違えれば患者さんの生命に関わるため、集中力と責任感を持って確実に操作しなければなりません。安全に治療を行うため、機器の日常的な保守点検も重要な業務となっています。

臨床工学技士になるためには?

臨床工学技士の国家試験は6割とればよいということである。
10割を目指す必要はなく、7~8割を目指せばよいこととなる。
苦手な科目で、1~2問くらいしかでない科目は捨ててしまってもよい。
・最近5年分くらいの過去問をやる
・捨てる科目を決める
・苦手な科目を把握する
・苦手分野の勉強は過去問でおこなう
・使う教科書を決める
過去問をやっていくのが最良

臨床工学技士の専門学校(養成所)や通信講座について

準備中です。

臨床工学技士

臨床工学技士の仕事例・報酬相場

臨床工学技士の他の職業例

主な就職先は病院やクリニック、医療機器メーカーなど。なかでも臨床工学技士のニーズが高いのが、操作が難しい人工透析装置が置かれている人工透析クリニック。最新機器が多数導入されている大規模な病院でももちろんニーズは高い。いずれの現場でも、チーム医療の一員として、医師をはじめとするほかの専門職と連携して働く。医療機器メーカーに就職した場合は、機器の開発に携わるほか、メーカー社員として医療現場で機器の操作に携わることも

臨床工学技士に向いている人

さまざまな医療機器を扱ったり、修理したりする仕事なので、機械に興味があることは大切なポイント。また、現場では医師や看護師、臨床検査技師などの専門家と連携し、話し合いながら仕事をすることが多いので、論理的に自分の意見を伝えたり、相手の意見を受け入れたりするコミュニケーション能力も求められる。もちろん、医療関連職として、患者さんの病気の回復やけがの治療に貢献したいという思いも必要不可欠。

臨床工学技士と同じ分野の他の職業

・臨床検査技師
・第1種ME技術実力検定試験
・第2種ME技術実力検定試験
・臨床ME専門認定士:保守点検業務、安全管理業務
・透析技術認定士:血液浄化業務
・体外循環技術認定士:人工心肺業務
・3学会合同呼吸療法認定士:呼吸療法業務
・臨床高気圧治療技師:高気圧治療業務

臨床工学技士の給料相場

臨床工学技士の初任給は、基本給で17万円〜20万円程度が相場となっているようです。 ある統計によると、平成20年度の初任給の平均は、病院で183,600円、クリニック(診療所)で192,894円となっています。 平均年収は1年目で300万円前後ですが、年齢や経験が積み重なっていくと徐々に少しずつ給料は上がり、臨床工学技士全体での平均年収は450万円〜600万円程度となっているようです。

臨床工学技士の現状

医療の現場では、生命維持管理装置や手術用の機器、人工透析装置などの機器が患者さんの生命を守るために大切な役割を担っている。使用中の故障や誤操作は決して許されないため、これらの機器を操作したり、保守・点検したりする臨床工学技士の責任は重大。その責任の重さに比例してやりがいのある仕事といえる。機械やコンピュータを扱うことが好きな人にとっては、仕事を通して最新機器に精通していくこともやりがいの一つといえます。

臨床工学技士の将来性

臨床工学技士は医療系の専門職のなかでも比較的歴史が浅い職種。以前は、メーカーの社員が医療機器の操作をしており、今でもそういったケースは少なくない。しかし、最近では医療現場で専門家である臨床工学技士を雇うケースが増えており、専門職としての認知度や役割は急ピッチで上昇中。まだまだ人材は不足しているので、将来的にもニーズは伸びていくと見られている。

臨床工学技士の独立について

一般的に臨床工学技士の資格では、透析クリニックを開業することができません。臨床工学技士は、医師が経営する病院やクリニックに雇われて勤務することになります。ただ、最近では、臨床工学技士が独立して個人事業主となって働いている方がいます。人工呼吸器の講習会をしてそれにて収入を得ている例があります。一般的には独立や起業には不向きな資格です。

コメントを残す

*

*