あんまマッサージ・指圧師

あん摩マッサージ 指圧師 資格

あん摩マッサージ・指圧師は、それぞれの手技(なでる・揉む・押す・さする等)を使って血行の流れを良くし、凝りや痛みをやわらげて体の不調を改善する仕事です。受験資格を得られる学校が非常に少ないため、専門学校の倍率が高くなる傾向にあります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あんまマッサージ・指圧師は幅広い年齢層の男女が目指せる、人に感謝される仕事です。
あんまマッサージ・指圧師は他にもマッサージ師と呼ばれています。

あんまマッサージ・指圧師

あんまマッサージ・指圧師ってどんな仕事?

あん摩マッサージ指圧師の仕事は、その名のとおり、あん摩・マッサージ・指圧の3つから成り立っています。 それぞれの手技(なでる・揉む・押す・さする等)を使って、身体をなでたり押したり揉んだりすることによって、血行の流れをよくし、こりや痛みを和らげ、人の体の不調を改善する仕事です。 東洋医学に基づく施術であり、基本的には器具は用いず、手のみを使います。また、自然治癒力や免疫力を高めることを目的として、治療を行います。かつては視覚障害者の割合が多い職業でしたが、近年は視覚障害者の割合は約2割程度となっています。

あんまマッサージ・指圧師になるためには?

あん摩マッサージ指圧は「解剖学」と「生理学」が重要になります。あん摩マッサージ指圧の「解剖学」は、骨・筋のウエイトが大きいです。「あん摩マッサージ指圧理論」も「東洋医学概論」の話と同じで出るところがパターン化しています。 過去問は最良の練習問題である。過去の国家試験19年分の全問題を3回実施することが最良の勉強方法です。

あんまマッサージ・指圧師の専門学校(養成所)や通信講座について

準備中です。

あんまマッサージ・指圧師

あんまマッサージ・指圧師の仕事例・報酬相場

あんまマッサージ・指圧師の他の職業例

治療院や病院などの医療機関に勤務することもできる。また、マッサージはアスリートに喜ばれるので、スポーツトレーナー(アスレティックトレーナー)としてプロ野球やJリーグなどのプロスポーツチームでも活躍したり、舞台やステージで歌手や俳優のケアを担当したりすることもできる。

あんまマッサージ・指圧師に向いている人

・コミュニケーション能力 この仕事は、技術が大切なのはもちろんですが、何より「人と直接ふれあう仕事」です。 技術はあっても、慣れないうちはとくに、患者さんとのコミュニケーションに苦労する人が多いようです。 体のどこが、どのようにつらいのかを、すべての患者さんから聞き出すのは難しいものです。 経験も重要ですが、もとから人と接することが苦ではない人や、会話が好きな人のほうが、向いているといえるかもしれません。 また、相手の反応から、痛がっているかどうかなどを察知できるセンスも大切でしょう。 施術時間が長く、患者さんと多くのコミュニケーションを取ることになるため、人当たりが良く、接客能力が高いことが望まれます。 ・癒しを提供できること 患者さんは、体の痛みを訴えて来る人がほとんどです。優しい話し方や、いたわりの気持ち、痛みなどに共感できる感受性も大切な資質といえます。 また、お店によっては、リラクゼーションを求めて来る人も多いでしょう。日常を離れて、ストレスから解放されるような空間づくりや、疲れを癒してあげられる能力も求められます。 現時点では、あん摩マッサージ指圧師は男性の割合が高くなっていますが、癒しの観点からも、今後は女性の活躍も増えるのではないかと考えられます。 ・体力と健康 あん摩マッサージ指圧師は、施術に器械を使わないため、当然のことながら腕や指を酷使する仕事です。 ほとんどが立ち仕事なので、足腰にかかる負担も大きいでしょう。丈夫で疲れにくい体と、体力はもちろん必要です。 もともとあまり筋力がなくても仕事をしていく中で、自然と筋肉や握力がアップする人も多いようです。 また、体が資本となるため、自分の体の健康も、つねに保つことが求められます。

あんまマッサージ・指圧師と同じ分野の他の職業

マッサージ指圧師、はり師、きゅう師。特にあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師は、三療師と称される。 整体、鍼灸師、カイロプラクティック、リフレクソロジーなど

あんまマッサージ・指圧師の給料相場

だいたいの初任給の目安としては、病院勤務で約20万、治療院などでは16万前後が多いようです。年収はおおよそ300〜400万ほどになるでしょう。給与の伸びが低い傾向にある。

あんまマッサージ・指圧師の現状

治療院やマッサージ店などでは、指名数によって収入が増えるシステムが多く、顧客の確保が大きなカギとなります。 とくに訪問マッサージなどの場合は、基本給+歩合制になることが多いようです。 どの職場であっても、人気が出れば出るほど、収入はアップします。人によっては、月収50万を越えることも珍しくないようです。

あんまマッサージ・指圧師の将来性

あん摩マッサージ指圧師としての職場は、一般的には病院の整形外科や、治療院などの医療機関になります。また高齢化に伴い、老人ホームや介護サービスステーションなどの介護施設での求人需要が増えてきています。

あんまマッサージ・指圧師の独立について

あん摩マッサージ指圧師は、開業権のあるところが魅力の一つです。また、医師や歯科医とは異なり、スタッフを置かず、自分ひとりだけで開業できること、特別な機材がいらないので開業資金を抑えることができることが強みです。とはいえ、資格取得後、最初から開業する人は少ないものです。実際に患者さんに施術を行っていく中で、スキルを高めていく仕事といえます。

コメントを残す

*

*