義肢装具士

義肢装具士 資格

けがや病気で手足を失ってしまったりした人に対し、身体に適合する義肢や装具を製作するのが義肢装具士のお仕事です。医療職でありながら技術職でもあるため、医療現場ではなく会社での勤務が多いです。ですが、人との関係を非常に大切にすることが求められる職業です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

義肢装具士は幅広い年齢層の男女が目指せる、体の一部を再現する仕事です。
義肢装具士は他にもPO(Prosthetist and Orthotist)と呼ばれています。

義肢装具士

義肢装具士ってどんな仕事?

リハビリや医療の職業の中には義肢装具士と呼ばれる職業があります。義肢装具士とは、ケガや病気などで手足を失ってしまったり、体幹の機能に問題が生じている人に対して、患者さんの身体に適合する義肢や装具を作成する仕事です。 「義肢」とは、人工の手足のことで、主に義手と義足があります。近年技術の発達が著しく、細かな手の動きができる義手や、速く走ることもできる義足などが生まれてきています。装具とは、身体の機能の低下を補うために使用するものです。ギブスやコルセットなどが装具にあたります。 義肢装具士は他の医療・リハビリ職に比べると、訓練などの要素は少なく、対人職としてよりも技術職としての見られることもあります。とはいえ、義肢装具を作っていく上で重要になるのは、利用者の方のニーズです。利用者に適していないものであると、どれだけ高機能で優れている義肢や装具を使っても利用者の満足は得られません。義肢装具士にとってはこのニーズを聞き取ることが一番重要であり、基本になります。そのため他のリハビリ職と同じように、人との関係を非常に大切にすることが求められる職業といえるでしょう。

義肢装具士になるためには?

義肢装具については、実施問題の対策はもちろん必要ですが、基本的な部品の名前や機能、調整についてもよく勉強する必要があります。教科書で習うことはあくまでも考えるための材料であって、国家試験ではかなり考えながら解く問題が多いです。そのことを念頭において、義肢学・装具学・義肢装具チェックポイントを勉強してください。

義肢装具士の専門学校(養成所)や通信講座について

準備中です。

義肢装具士

義肢装具士の仕事例・報酬相場

義肢装具士の他の職業例

義肢装具士は医療職でありながら技術職でもあるため、医療現場ではなく会社で働く人が多いという少し特殊な職業となっています

義肢装具士に向いている人

・ものを作ることが好き 義肢装具士は義肢についてのスペシャリストであり、義肢についての専門知識を持っていることが求められます。 義肢の扱いを紹介したり、トラブルを防ぐためのメンテナンスをしていくことにもなりますので、仕組みや素材などに精通していなければなりません。 物を作ることが好きな人であれば、素材や組み立て工程、仕組みなどに自然と意識が向いていくことになるでしょう。 また、義肢装具士は、素材や機能のメリットなどを紹介していくことも大きな役割です。義肢装具自体に対する熱意や愛情を持つことが必要となります。 ・新しい技術に興味をもてる 義肢装具は年々機能が進化し、新しいものになってきています。 医療技術などもそうですが、目に見えて大きく進化しているものも少なくありません。新しい技術を学び、しっかりとついていくことが大切です。 現状のものに満足するのではなく、積極的に情報を収集し、患者さんのために最もいいものを提供しようという心構えが必要です。 新しいものが好きな人であれば、こうしたことは苦にならないでしょう。 ただし、何でも新しいもの飛びつけば良いということでもなく、義肢装具を使う人の状態を見極めて、より適したものを提供することが大切です。 ・器用であると有利 義肢装具は手作りで作成される部分も多くありますので、細かな力の入れ具合などによって形を変えていく繊細な作業が必要になってきます。 人の身体につけるものなので、微妙な調整が非常に大切なのです。 不器用な人はなれないという職業ではありませんが、手先の器用さや繊細な感覚があれば仕事の上で有利になるのは確かでしょう。

義肢装具士と同じ分野の他の職業

福祉用具専門相談員

義肢装具士の給料相場

職場によってまちまちですが、設定されている基本給は平均20万円前後。ボーナスは年間1、5〜2ヶ月ほどですが出ない会社も珍しくありません。

義肢装具士の現状

義肢製作会社やメーカーは業界全体において小規模の企業が大半を占めています。そのため、必ずしも正社員として採用してもらえるとは限りません。この職種に限ったことではありませんが、入職前に雇用形態や給与、福利厚生などの待遇はしっかりと確認しておくべきでしょう。 また、たとえ契約社員やアルバイトとしての採用になったとしても経験を積めるという意味合いでは無駄な期間などありません。 数年は技術を磨くことに専念し、正社員登用、あるいは転職を目指しましょう。

義肢装具士の将来性

給与面においてはネガティブな見方もできますが、その一方で高い技術を身につけることができれば年齢を問わず、昇給の可能性がある実力社会であるともいえるのが義肢装具士の業界です。企業によって給与体系は異なりますが、実年齢よりも実力を評価するところが多いため、優秀な経験者は優遇するという傾向が強いのもこの業界の特徴です。現場に出てすぐは、やりくりに苦労することもあるかもしれませんが、辛抱して研鑽に励めば給与アップが期待できるはずです。

義肢装具士の独立について

整形外科学、臨床心理学、リハビリテーションなど医療の知識のみならず、図学、システム工学といった工学の知識など幅広く知識を絶えず取り入れる必要がある。また、医師間・患者間においてのコミュニケーション力、それぞれ患者や障害者の求める機能を聞き入れ・アフターフォローなどお互いの心を通わせる能力が必要になる。技術が無いと仕事は入ってこず、人脈がないとかなりの営業力が必要になってきます。多くのケースでは民間の義肢装具製作会社・病院内での勤務から始め、技術習得後、独立するといった形式が望ましいと考えられます。

コメントを残す

*

*