メディカルクラーク(R)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.26

公開日:2018.09.26

メディカルクラーク(R)

医療事務技能審査試験に合格することで得られるメディカルクラーク(R)は、医療事務業務に従事する人の知識や技能が一定水準以上であることを証明できる称号です。


メディカルクラーク(R)は幅広い年齢層の男女が目指せる、技術の証明に有効な資格です。
メディカルクラーク(R)資格取得者は他にも医療事務技能審査試験、医療事務と呼ばれております。
メディカルクラーク(R)の資格は「民間資格」です。

資格広場は、メディカルクラーク(R)になるには?メディカルクラーク(R)なるためには?メディカルクラーク(R)になりたいを応援しております。

メディカルクラーク(R)になるために必要な知識・受験資格

診療報酬明細書(レセプト)の作成に関連する知識が必要です。このレセプト作成はパソコンを使った作業となることが多いため、パソコンのスキルも必要になります。書類整理などの事務処理も行いますので、事務処理能力もあるとよいでしょう。

メディカルクラーク(R)の資格は「一般財団法人 日本医療教育財団」が運営管理を行っております。

一般財団法人 日本医療教育財団とは:
日本医療教育財団は、医療に係る人材育成や能力評価事業、外国人患者受入れ医療機関認証事業などを行う団体です。

メディカルクラーク(R)

メディカルクラーク(R)ってどんな仕事?(仕事内容など)

医療事務技能審査試験は、医療事務業務に従事する人の知識や技能を審査する、日本最大級の医療事務試験です。医療機関等における受付業務や診療報酬請求事務業務に関する職業能力が審査の対象です。合格すると医科または歯科のメディカルクラーク(R)の称号が付与されます。この資格を取るのは医療事務に従事するか、これから従事したいと考えている人です。医療事務とは、病院や診療所などで医療にかかわる事務や経理を行う人のことで、主な仕事は受付窓口業務や診療報酬明細書(レセプト)作成業務を行うことです。医療事務を行うのに資格は必須ではありませんが、メディカルクラーク(R)であるということで、知識や技能が一定以上あることが証明できます。

メディカルクラーク(R)資格取得の為の勉強法

市販のテキスト等を用いて独学で勉強することが可能です。また、通信教育などの講座も多数存在します。医療機関に勤務したことのない人には馴染みのない内容が多いので、診療報酬の原則など基礎的な内容をきちんと理解してから勉強を進めましょう。また、過去問を解いてみるのもよいでしょう。試験では一部の科目を除きテキスト等の資料の持ち込みが可能なので、試験時に使いやすい資料を準備しておきましょう。

メディカルクラーク(R)の専門学校や通信講座について

準備中です。


メディカルクラーク(R)の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

メディカルクラーク(R)の資格試験料

税込み7,500円です。

メディカルクラーク(R)試験・検定の年間試験回数

毎月(年に12回)実施されています。

メディカルクラーク(R)試験科目等の内容

実技Ⅰは、記述式の筆記試験で2問出題され、出題内容は患者接遇、試験時間は50分です。学科は、択一式の筆記試験で25問が出題され、試験時間は60分、出題内容は医療保険制度や高齢者医療制度、公費負担医療制度、介護保険制度、医療法規一般、医事業務の医療事務知識で、一部は医科、歯科のいずれかの科目から受験者が選択して回答する問題です。実技Ⅱは、診療報酬請求事務が出題内容で、受験者が選択した医科、歯科のいずれか一方の診療報酬明細書点検4 問を試験時間70 分で行います。学科試験と実技試験Ⅱについては、参考資料を持ち込むことが可能です。3科目すべてを受験し、全科目の得点率が70%以上あると合格になりますが、一部科目が不合格の場合は、得点率 70%に達した科目のみ、6 ヵ月間に限り受験が免除となる試験科目免除制度があります。

メディカルクラーク(R)資格の難易度

3科目それぞれで正解率70%以上であれば合格となります。いずれかの科目で不合格となっても6か月間有効な試験科目免除制度がありますので、この期間内に再受験すれば資格取得はさほど難しくないと思われます。

メディカルクラーク(R)資格の合格率

合格率は非公開ですが、6割前後だと思われます。

メディカルクラーク(R)試験の合格発表

試験日から約1ヵ月後に郵送により通知されます。

国家資格バナー

PR



メディカルクラーク(R)

メディカルクラーク(R)資格取得後の就職先・年収・報酬相場

メディカルクラーク(R)所持者の職業例

医療事務として医療機関等に勤務します。

メディカルクラーク(R)に向いている人

業務のメインとなるのがレセプト業務で、請求期限までに一定量をこなす必要があるため、スピーディーかつ正確に仕事を進められる人に向いています。また、窓口業務で患者さんと接する機会が多くあるため、コミュニケーション能力が高い人に向いています。患者さんの個人情報を扱いますので、秘密を守れる責任感の強い人に向いています。

メディカルクラーク(R)と同じ分野の他の資格

診療報酬請求事務能力認定試験、医療事務管理士

メディカルクラーク(R)の年収・給料相場

スキルや勤務先により異なりますが、正社員として働く場合は月15万~20万円程度のようです。契約社員やアルバイトなどの雇用形態となる場合も多くあります。経験を積んで処理能力が上がると給与が高くなる傾向があるようです。メディカルクラークであるからと言って、資格を持たない人より給与が高くなるということはないようです。

メディカルクラーク(R)の現状

医療事務は比較的勤務時間が安定しており、勤務時間の調整もしやすいことから、女性が仕事を長く続けやすく、女性に人気の職業になっています。少子高齢化の影響で保険医療の重要性は高まっており、その分医療事務のニーズも増えてはいますが、長く仕事を続ける人や医療事務経験者も多くいることから、職場によっては新規で人を雇う必要がなかったり、採用に経験者が優遇されていたりして、新規に医療事務を始めたい人にとっては競争が激しい状況になっています。

メディカルクラーク(R)の将来性

今後も保健医療分野が拡大し、医療事務のニーズが増えることが予想されますが、IT化が進んで医療事務の仕事自体は減っていく可能性もあり、必ずしも将来的にも安泰とは言えないようです。

メディカルクラーク(R)の独立について

医療機関等に就職したり派遣されたりして活動します。

メディカルクラーク(R)資格を所有している主な著名人

不明

コメントを残す

*

*