医療事務検定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.26

公開日:2018.09.26

医療事務検定試験

医療事務検定試験は日本医療事務協会が主催する資格で、受験資格は特にありません。取得するには、独学でも問題はありませんが、医療への専門性が高いことから、医療事務系の専門学校へ通うことがオススメされています。


医療事務検定試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、医療費を算定することができる資格です。
医療事務検定試験資格取得者は他にも医療事務検定試験と呼ばれております。
医療事務検定試験の資格は「民間資格」です。

資格広場は、医療事務検定試験になるには?医療事務検定試験なるためには?医療事務検定試験になりたいを応援しております。

医療事務検定試験になるために必要な知識・受験資格

医療事務検定試験は医療関係の事務を行う試験なので、一般の事務とは違い、医療系の専門性の高い知識が必要になります。内容としては、医療費の算定方法であったり、薬についての知識などさまざまです。また、医療事務は事務という名前ですが、事務のみではなく、患者の対応というようなこともしますので、ビジネスマナーなどについても知っておく必要があります。

医療事務検定試験の資格は「日本医療事務協会」が運営管理を行っております。

日本医療事務協会とは:
初めての人、事務について知識のない人でも医療事務として活躍できるようにサポートをしている機関です。

医療事務検定試験

医療事務検定試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

医療事務検定試験は、日本医療事務協会が主催する、医療事務の業務や就職活動に役立つ資格の1つです。この資格は民間資格ですので、医療事務として仕事をするには、この資格を取得していなくても医療事務として働くことはできます。ですが、医療事務というのは専門性が高い仕事であり、求人などでは、即戦力を求められていますので、医療事務の資格を取得していることを条件としていることが多いです。この医療事務検定試験の具体的な内容は、試験日程は、年12回、毎月第4日曜日に開催されており、試験科目は学科・実技、受験料は7,560円(税込)、試験地は全国各地で開催され、合格発表は試験日から約2週間後になります。

医療事務検定試験資格取得の為の勉強法

医療事務検定試験には、学歴や実務経験などの受験資格はありません。なので、誰でも医療事務検定試験を受験することができます。独学や通信講座を受講し勉強することもできますし、医療事務系の専門学校へ通い医療事務検定試験合格を目指すこともできます。医療事務は一般の事務とは異なり医療に関する専門的な知識が必要になるので、独学や通信講座よりも、医療事務系の専門学校へ通うことをオススメします。

医療事務検定試験の専門学校や通信講座について

準備中です。


医療事務検定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

医療事務検定試験の資格試験料

医療事務検定試験の試験料は7,560円(税込)です。

医療事務検定試験試験・検定の年間試験回数

医療事務検定試験の年間の試験回数は12回で毎月第4日曜日に開催されています。申込み方法については、試験日の10日前までに日本医療事務協会あてに申請書類一式を郵送することで申込みになります。また、この試験には受験資格はありませんので、誰でも申請可能です。試験地については、全国各地で行われていますので、受験するためにかなり遠くの県などへ出向かなければならないということはありません。

医療事務検定試験試験科目等の内容

医療事務検定試験の試験内容は外来・入院についての医療費算定の知識などになり、学科と実技の2つがあります。出題要領としては、学科試験が正誤問題が20問、文章問題(穴埋め形式)が5問になり、実技試験が買い鶏卵作成(外来、入院各1問)計2問になります。試験の内容については、学科試験では、正誤問題で問題が2択ですので非常に解答しやすくなっています。また、学科試験では、教材や資料の持ち込みと閲覧が可能ですので、暗記をする必要はありません。

医療事務検定試験資格の難易度

医療事務検定試験は教材と資料の持ち込みと閲覧が可能ですので、難易度は低いです。また、医療事務系の専門学校へ通っている人の場合は特に難易度は低くなります。試験の方法についても、実技試験はありますが、学科試験は正誤問題が20問で名前の通り正しいか誤っているかを選ぶ2択、文章問題(穴埋め形式)が5問ありますが、教材・資料の持ち込み・閲覧が可能なので、問題ありません。

医療事務検定試験資格の合格率

医療事務検定試験の合格率は一概に言えませんが、教材や資料が持ち込みおよび閲覧が可能なので、合格率は高いです。また、医療事務系の専門学校へ通うことで、合格率は上がります。

医療事務検定試験試験の合格発表

医療事務検定試験の合格発表は試験後約2週間になります。他の試験の合格発表は試験後約1か月後がほとんどなので、合否がすぐに分かります。

国家資格バナー

PR



医療事務検定試験

医療事務検定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

医療事務検定試験所持者の職業例

医療事務

医療事務検定試験に向いている人

医療事務に向いている人には3つの特徴があります。1つ目は、几帳面であることです。医療事務の大切な仕事の一環として、診察費の算定があります。患者のカルテを確認しながら間違いのないよう正確にパソコンに入力し、患者へ請求しなければなりませんので、注意深く几帳面である人は向いています。2つ目は、人当たりが良いことです。医療事務は受付業務も行い、幅広い年齢の患者と接することになります。このため、患者への思いやり精神や接客能力が大切になり、この受付次第では、病院の印象が大きく変わりますので、丁寧かつ親切に対応しなければなりません。3つ目は、事務処理能力があることです。医療事務は一般事務とは違い、業務の幅が広いです。なので、業務内容を素早く覚え、正確に仕事をこなす高い事務処理能力が必要です。

医療事務検定試験と同じ分野の他の資格

医事コンピュータ能力技能検定試験、レセプト点検業務検定試験、メディカルマナー検定試験、

医療事務検定試験の年収・給料相場

医療事務の平均年収は250万円~350万円ですが、地域によっては、180万円~250万円になります。大学病院で医療事務をするか、クリニック病院で医療事務をするかでも差があり、大学病院勤務ですと、月給が17万円~20万円で年収は249万円~になり、クリニック病院勤務ですと、月給が16万円~になり、年収は201万円~になります。また、年齢別では、20~24歳が最も低く183.5万円、50~54歳が最も高く386.4万円になります。この結果を見ると、医療事務の給料の上がり幅は少ないです。

医療事務検定試験の現状

医療事務は病院がなければ成立しません。現状では、高齢化社会となってきており、病院の数も増えてきているため、医療事務の需要も高くなってきています。

医療事務検定試験の将来性

現在は超高齢化社会と言われるようになってきています。なので、病院の需要も高くなってきており、それに付随して医療事務の需要も高くなってきています。また、医療事務は復職しやすい仕事でもありますので、将来性はあります。

医療事務検定試験の独立について

医療事務として独立はできません。

医療事務検定試験資格を所有している主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*