介護保険事務管理士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.26

公開日:2018.09.26

介護保険事務管理士

特別養護老人ホームや療養病床を持っている介護保険施設において、介護報酬給付請求業務を行うことが主な仕事ですが、それに加えて、介護施設の経営や介護施設利用者へのサービス向上について、適切なアドバイスを行うことも求められる資格です。


介護保険事務管理士は幅広い年齢層の男女が目指せる、介護報酬給付請求業務のスペシャリストとなる資格です。
介護保険事務管理士資格取得者は他にも介護保険事務管理士と呼ばれております。
介護保険事務管理士の資格は「民間資格」です。

資格広場は、介護保険事務管理士になるには?介護保険事務管理士なるためには?介護保険事務管理士になりたいを応援しております。

介護保険事務管理士になるために必要な知識・受験資格

介護保険事務管理士は、実技重視の試験といわれています。そのため、必修科目とされている、介護保険制度論、介護保険事務概論、介護保険事務概論、介護報酬算定実務(算定と請求方法)として介護保険事務演習、介護保険実務、介護事務管理総論、介護保険事務論など、医療保険との関連として医療事務総論、医療事務管理総論など、医療管理学(医療関係法規)として医療管理学、医療管理・医療秘書学、健康管理学などの分野の知識を習得したうえで、レセプトをたくさん作成することが重要です。

介護保険事務管理士の資格は「一般財団法人日本病院管理教育協会」が運営管理を行っております。

一般財団法人日本病院管理教育協会とは:
医療・介護・福祉の分野での人材育成を目指して、医事管理士、医療情報事務士、病歴記録管理士、介護医療事務管理士および介護保険事務管理士の5つの試験を設けて実施する機関です。

介護保険事務管理士

介護保険事務管理士ってどんな仕事?(仕事内容など)

医療や介護等のサービス提供施設で介護報酬給付請求業務をしたり、介護施設の経営や介護施設の利用者に対するサービス向上について、施設者に対して適切なアドバイスを行う仕事です。

介護保険事務管理士資格取得の為の勉強法

日本病院管理教育協会が指定した教育指定校に通学し、介護事務に必要な専門知識を習得したうえで、資格認定試験を受験してこれに合格することが必要です。認定教育指定校では、介護保険制度論、介護保険事務概論、介護報酬算定実務として介護保険事務演習、介護保険実務、介護事務管理総論、介護保険事務論、医療保険との関連として医療事務総論、医療事務管理総論、医療管理学として医療管理学、医療管理・医療秘書学、健康管理学などが必修科目となっています。介護保険事務管理士試験には実技試験があるので、レセプトとたくさん書くことが重要です。

介護保険事務管理士の専門学校や通信講座について

一般財団法人日本病院管理教育協会が指定する教育指定校は、大学、短期大学、専門学校です。通信講座はなく、これらの学校に通って必要なカリキュラムを履修しなければなりません。

介護保険事務管理士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

介護保険事務管理士の資格試験料

現在調査中

介護保険事務管理士試験・検定の年間試験回数

試験は、年2回実施されます。2018年度は、2018年10月27日(土)と2018年12月8日(土)に行われます。

介護保険事務管理士試験科目等の内容

学科試験と実技試験があります。学科はマークシートで、医療保険・介護保険の制度内容、介護報酬の作成方法や手順について10問出題されます。実技試験は、介護給付明細書の作成問題が2問、点検問題が1問です。

介護保険事務管理士資格の難易度

合格率が85~90%ともいわれるので、それほど難しい試験ではありません。

介護保険事務管理士資格の合格率

合格率は、60%とも約85~90%といわれています。

介護保険事務管理士試験の合格発表

試験実施後1か月くらいに、文書にて通知されます。合格後に資格の申請手続きをすることで、資格が認定されます。

国家資格バナー

PR



介護保険事務管理士

介護保険事務管理士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

介護保険事務管理士所持者の職業例

特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、グループホーム、居宅介護支援施設、病院などで、介護報酬の給付請求をする仕事に就きます。

介護保険事務管理士に向いている人

日本病院管理教育協会が認定した教育機関が、介護関連の大学、短期大学、専門学校で、通信講座はなく、数年間通学しなければなりません。そのため、介護の仕事に就いて働きながら介護保険事務管理士の資格を取ろうとするよりは、これから介護関連への学校の通学を検討している方、もしくは在学中の方に向いている資格です。また、介護保険請求事務の資格を単独でとるよりも、ケアマネジャー、介護福祉士など他の介護に関する資格もあると、より就職の幅が広くなるので、あわせて取得することで就職に有利になります。

介護保険事務管理士と同じ分野の他の資格

介護保険事務士、介護保険実務士、福祉事務管理技能検定試験、介護情報実務能力認定試験、介護事務管理士、介護報酬請求事務技能検定試験、介護医療事務管理士

介護保険事務管理士の年収・給料相場

介護保険事務管理士に限らず、介護保険請求事務に関する仕事の平均的な年収は、勤め先によって多少異なるものの、だいたい300万円前後といわれています。ケアマネジャーや介護福祉士など他の資格で働きながら介護保険請求事務を行っている場合は、さらに手当てがつくことがあります。

介護保険事務管理士の現状

介護保険関連の知識・スキルの習得はもちろんのこと、医療保険関連についても必修科目となっているので、就職先は特別養護老人ホームなどの老人福祉施設、介護保険事務所、障害者福祉施設、病院・医院など多岐にわたります。介護サービスを利用する高齢者が増えてくるなかで、介護保険請求事務を取り扱うことのできる資格はますますニーズが高くなってきています。これから介護関連の仕事に就くことを考えている学生にとって、介護保険事務管理士の資格は就職に有利になるでしょう。

介護保険事務管理士の将来性

介護保険事務管理士試験は実技重視の試験なので、試験のための勉強が仕事に直結し、合格後は業務に活かすことができます。通信講座はないので、在学中にこの資格を取得して、介護保険報酬請求事務の即戦力として働くことができるようになります。また、一般財団法人日本病院管理教育協会が主催する、医事管理士、医療事務士、病歴記録管理士、介護保険事務管理士試験のうち、介護保険事務管理士を含む2種以上の資格認定試験に合格し、認定申請をすると、上級資格として介護医療事務管理士の認定申請をすることができます。

介護保険事務管理士の独立について

介護サービスを提供する事業所に勤めることになります。

介護保険事務管理士資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*