保健師

保健師 資格 健康診断

保健師は、看護師の資格を取得後に1年以上保健師に関する科目を勉強しなければ受験をすることができません。就職先は主に病院や検診センター、保健所や学校など幅広くあります。病気予防や健康増進、保健指導や相談業務が主な仕事になります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保健師は幅広い年齢層の男女が目指せる、看護職で一番人気仕事です。
保健師は他にも該当なしと呼ばれています。

sponsored link

専門学校・短大・大学10箇所を一度に資料請求や願書取り寄せを行うだけで全員にもれなく
1000円分の図書カードを全員にプレゼント!!

資料請求キャンペーン
キャンペーン詳細を見る

保健師

保健師ってどんな仕事?

保健師は主に病院や健診センター、保健所や大学、学校など幅広い職場で勤務しています。病気予防や健康増進、健康管理を目指し保健指導や相談業務、日常生活支援などを行います。健康診断では「病気の予備軍」を発見し、適切な食事指導や運動指導を行います。乳児から年寄りまで幅広い年齢層の人の健康指導や相談などを行うため、幅広い知識が必要となります。また、病院や保健所などに就職する場合が多いので基本的に土日祝日休みで定時で上がれる仕事と言われています。

保健師になるためには?

保険師国家資格試験はマーク方式となります。保健師国家資格の試験内容は大学や専門学校で習った授業や教科書から主に出題されます。過去問題や参考書の問題を解くことも大切ですが、まず教科書を読み確認のために過去問題や演習問題を解くこと、そのあとに間違えた問題をちゃんと理解することが大切になります。

保健師の専門学校(養成所)や通信講座について

準備中です。

sponsored link

保健師

保健師の仕事例・報酬相場

保健師の他の職業例

保健師、第一種衛生管理者、船舶に乗り組む衛生管理者

保健師に向いている人

赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢層の人と関わることがあるため、コミュニケーション能力は必要不可欠です。また、専門的な知識や応用力も求められますので状況を的確に判断してわかりやすく相手に話すことができる人もまた向いている人だと言えます。

保健師と同じ分野の他の職業

看護師、助産師、管理栄養士、栄養士

保健師の給料相場

保健師の平均月収は約32万円、年収は約536万円~約530万円ほどと安定しています。保健師の働く職場別では産業保健師が一番高く約600万円ほどの年収になります。このことからも保健師が人気の職業であることがわかります。

保健師の現状

生活習慣病やメタボリックシンドローム該当者の増加により、保健師からの指導やアドバイスが重要視されています。また、保健師の活動の拡大により、保健師が足りないのもまた現状です。以前は企業で働いたことのある人のみの採用であることが多かったのですが最近では企業での仕事経験がなくても採用される可能性があります。それだけ保健師のニーズが高まっているからだと言えます。

保健師の将来性

現在の医療現場では、病気を未然に防ぐという考えが重視されるようになりました。会社や地域では積極的に検診が実施されるようになり、保健師はますます活躍するといえるでしょう。また、高齢化社会が進んでいく中、介護業界にも保健師が必要とされており、今後もさらに需要は高まっていくと考えられています。

保健師の独立について

保健師として独立するために必要なことは、「保健師として必要とされる人」になるために、「何に特化するか」を決めることです。開業・独立するということは保健師としてこの人に頼みたい!と思ってもらうこと、お金を出してまでもお願いされるための武器を見つけることが大切となります。

コメントを残す

*

*