薬剤師の難易度は?仕事内容・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-07

公開日:2016-10-24

薬剤師 資格 なるには

薬剤師になるためには、6年制の薬学部に進学するのが一般的です。主に民間薬局や調剤薬局にて処方箋をもとに調剤を行ったり、薬の説明を行います。試験はマーク方式で、2日間で全345問出題されます。基本的に、授業にちゃんと出席し教科書の内容を理解しておけば合格できるといわれています。


薬剤師は幅広い年齢層の男女が目指せる、女性が活躍しやすい仕事です。
薬剤師は他にも該当なしと呼ばれています。


薬剤師

薬剤師ってどんな仕事?

薬剤師は「医療品のスペシャリスト」として主に民間薬局や調剤薬局にて、処方せんをもとに調剤を行なったり薬の説明を行なったりします。

病院で働く薬剤師の場合は点滴や注射液などを管理し、患者一人一人の病状や体質にあったものを用意します。

他にも民間の製薬会社や大学の研究機関、官公庁など様々な場所で活躍しています。

薬剤師になるためには?

試験は学科のみマーク方式で出題されます。

マーク方式での出題試験では過去問題の取り組みは必須と言っていいほど重要視されていましたが、薬剤師の試験では過去問題の出現はあまり見られていません。

類似問題や別の切り口からの出題は見られるので、過去問題、教科書、演習問題をまんべんなく取り組むことが最善だと言えます。

薬剤師の専門学校(養成所)や通信講座について

準備中です。

薬剤師

薬剤師の仕事例・報酬相場

薬剤師の他の職業例

薬剤師、管理薬剤師

薬剤師に向いている人

薬の調剤はミリグラム単位で行います。
「これくらい大丈夫」という考えは患者さんの命に係わることになりますので絶対にしてはいけません。
このことから、責任感のある人、几帳面な人は薬剤師に向いているでしょう。

また、患者さんやその親御さんに処方する薬についてわかりやすく説明する必要があるので、コミュニケーションがしっかりとれる人、わかりやすく話すことができる人もまた向いています。

薬剤師と同じ分野の他の職業

看護師、医師、調剤報酬請求事務専門士、調剤薬局事務

薬剤師の年収・給料相場

薬剤師の月収は勤務する職場によって大きく変わります。
初任給でみてみると病院の場合は20万~25万ほどですが、ドラックストアでは25万~35万となります。

この理由としてドラックストアは土日祝日関係なく出勤することから病院より高くなることが言えます。
それでも高収入であり安定している職業ではあり、金億年数が上がるにつれて給料も上がっていきます。

薬剤師の現状

以前は「薬剤師」というと高収入で安定している、とても人気のある職業でした。

ですが、今では私立大学の薬学部の増加によって薬剤師の資格取得者が多くなり就職先が見つからないといった状況です。

また、ドラックストアなどでは資格手当などいらない「登録販売者」などを雇用し今まで薬剤師しかできなかった販売業務などを代用するようにもなりました。

薬剤師の将来性

近年高齢化が加速しており、近い将来高齢者の占める確率が3人に1人と言われています。
もちろん1人暮らしのお年寄りも増加すると考えられ、在宅医療に関わる薬局が増えてきています。

今後は薬剤師も薬局や病院だけでなく、介護業界でも必要となってくるでしょう。

薬剤師の独立について

薬剤師として独立するにはまず、資金と抱負は経営知識が必要です。
主に薬剤師の独立というと「調剤薬局」を開業することが多いのですが、やはり最初から黒字であることはそうそうありません。

一般的には軌道にのるまで最短でも半年ほどと言われています。店舗代、人件費、薬や水道光熱費など様々な経費は軌道に乗るまでは実費で支払いを行うことになります。

また経営知識としては従業員のシフト管理や薬の在庫管理、従業員の指導などが必要となります。

ドラックストアやチェーン店が増えている中、自分のお店を選んでもらうための「武器」を見つけることも大切となります。

コメント・口コミ・体験談

  1. hs58 より:

    まず、第一に大変なことは、6年制の大学に通わなければならず、周りの友達よりも2年社会に出るのが遅れます。薬学部に入ることも各大学で偏差値の差はありますが、とても簡単というわけではないため、その点で大変だと思います。また定期的に試験や実習があり、比較的普段から勉強をしていました。定期試験は、1科目でも不合格になり、追試も不合格だと留年になることがあるので、試験に落ちないような必至に勉強を行いました。国家試験の1年ほど前から本腰を入れて勉強を行なったので、他の学部に比べて、とても勉強することが必要な学部です。しかし、就職先は多く、あまり困ることはないことがメリットです。転職する際も、資格があるので転職活動がスムーズに行えます。
    (hs58/東京都在住/20代/女性)

  2. tatsumama より:

    まず大学の薬学部に合格するのが第一の関門でした。国立大学は言わずもがな非常に狭き門でしたし、私立も偏差値が高い私立ほど授業料が安い傾向があり、偏差値が高い難関私立ほど人気もあり、こちらも狭き門でした。
    無事に合格を勝ち取ったあとも油断はできません。在学中は単位が不足するとすぐ留年に繋がるので、試験勉強はみな、必死でしていました。留年してしまうと一年分の学費が余分にかかります。みな、猛勉強していましたが、留年する割合は他の学部よりも高いのが現状でした。
    そして、最後の卒業の前にも卒業試験が関門としてあり、これに合格しなければ国家試験を受けることができません。無事に卒業し、やっと国家試験を受けることができます。国家試験の結果は四月下旬と、すでに仕事がスタートしたあとにきくことになります。不合格の場合、その時点で解雇となる場合もあります。
    そして合格して仕事をしながらも、勉強している薬剤師としての証明をとらなければならない時代になっています。つまり、薬剤師の勉強は、一生涯に渡り、続きます。
    (たつまま/愛媛在住/40代/女性)

コメントを残す

*

*