介護福祉士

介護福祉士 資格

介護福祉士は、介護が必要な高齢者の食事・排泄・入浴・移動などの補助を主に行います。学科試験はマーク方式、実技試験は試験管の前で実際に行動します。大学や専門学校を卒業していなくても、介護職を3年間務めると受験資格が取得できます。合格率は60%程度で、難易度もそれほど高くはありません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護福祉士は幅広い年齢層の男女が目指せる、社会貢献度が大きい仕事です。
介護福祉士は他にも介福と呼ばれています。

介護福祉士

介護福祉士ってどんな仕事?

多くの介護福祉士は、介護施設や医療機関で勤務します。介護職のスペシャリストとして、介護が必要な高齢者の食事・排泄・入浴・移動などの補助を中心に行います。介護が必要な人のお世話はもちろんですが、他の介護職員の指導や相談員との連携なども行います。また、要介護者の自立や家族の介護負担の軽減をするために、それぞれの特徴に合わせた効率的な介護方法などについてアドバイスをしていきます。勤務体系については特別養護老人ホームで働く介護職員の場合、24時間を通して介護をするため、勤務は交替制です。

介護福祉士になるためには?

学科試験はマーク方式、実技試験は実際に試験官の前で行動して行います。学科では新しい問題が出題される傾向もあるため、新聞やニュースなど常にアンテナを張って生活するようにしましょう。実技試験は過去の問題と似ている問題が出題されています。しっかり内容を理解しておくことが大切となります。

介護福祉士の専門学校(養成所)や通信講座について

準備中です。

介護福祉士

介護福祉士の仕事例・報酬相場

介護福祉士の他の職業例

介護士、介護福祉士、ホームヘルパー、訪問介護士

介護福祉士に向いている人

たくさんの利用者さんと毎日接するため、コミュニケーション能力は必ず求められてきます。また、意思はあるけど話のできない利用者さんや寝たきりの利用者さんの気持ちを汲み取ることができる人、利用者さん一人一人にあった気配りができる人は介護福祉士に向いていると言えます。

介護福祉士と同じ分野の他の職業

社会福祉士、ケアマネージャー、介護職員初任者研修修了者

介護福祉士の給料相場

介護福祉士の平均月収は19万~27万円、平均年収は310万円ほどと決してほかの業種と比べて高い給料とは言えません。また資格手当の平均金額は1万円ほどで、介護福祉士の資格を持っていない介護職員との給料の差があまりありません。

介護福祉士の現状

近年、少子高齢化が急速に進み介護老人ホームやデイサービスなどの施設がたくさん出来ていますが、どこの施設も介護職員が足りていない現状です。また介護職は利用者の入浴やベットの上げ下ろしなどの力仕事をしたり、気難しい利用者さんのお世話をしたりすることもあります。肉体的・精神的にもハードな割に賃金が安いことから、介護職を離職する人が多いことも深刻化しています。

介護福祉士の将来性

2050年には4人に1人は高齢者になると言われており、介護福祉士の需要は今以上に上がることが言えます。ですがやはり介護職員の人材不足は改善されないことから、介護用ロボットの開発も進められています。入浴やベットの上げ下げなど力のいる仕事は介護用ロボットに任せるなど、ロボットとの共存社会も考えられます。

介護福祉士の独立について

介護福祉士の開業はどのような事業をするかによって変わりますが、訪問ヘルパーや出張相談員などの事業だと事務所などを借りることをしなくてもできるため、比較的少ない資金で独立することができます。一方、ヘルパーの派遣会社やデイサービスなどを経営する場合は施設や事務所が必要になるので資金が必要となります。

コメントを残す

*

*