カイロプラクティック関係資格をとるには?難易度・仕事内容・合格率・給料相場

masman

by nishimura

更新日:2018.09.06

公開日:2017.04.15

現在はまだカイロプラクティック関係資格は他の先進国と比べ法制化されておらず、なんら免許を持たない無資格の人が営業していたりします。しかし日本でも、カイロプラクティックに関ししっかりとした法整備が行われれば、取得した資格は絶対優位になります。


カイロプラクティック関係資格取得者は他にはカイロプラクター、整体師という名称で呼ばれております。

資格名:カイロプラクティック関係資格

カイロプラクティック関係資格は「民間資格」です。

資格広場ではカイロプラクティック関係資格をとりたい方を応援しております。

カイロプラクティック関係資格をとるために必要な知識

人体についてのしっかりした知識を身につけなければなりません。

カイロプラクティック関係資格「日本カイロプラクティック登録機構(JCR)」が運営管理を行っております。

日本カイロプラクティック登録機構(JCR)とは:

日本カイロプラクティック登録機構の目的は幾つかありますが、主要なものとしては、法制化が達成されるまでのカイロプラクターの登録業務、カイロプラクティック業務基準の設定をするための業界の自主規制、日本カイロプラクティック試験委員会が実施する評価業務の認定、厚生労働省との交渉、傷害保険会社との交渉、安全で倫理的な実行が達成されることへの努力などになります。具体的な業務としては、WHOガイドラインに基づいたカイロプラクティック教育を修了している者を登録した名簿を公開しています。これは、国民が安全で技術の高いカイロプラクターを選ぶべるようにするためです。日本カイロプラクティック登録機構に名前の記載があるカイロプラクターは、同会より認定されたカイロプラクティック教育機関卒業者、もしくはWHOの評者のひとつとなっている世界カイロプラクティック連合( WFC )に日本代表として加盟している日本カイロ プラクターズ協会が認定したカイロプラクティック標準化コース ( Chiropractic Stan dardization Course )( CSC ) を修了した人々で成り立っています。

カイロプラクティック関係資格

 仕事内容
 試験詳細
 資格取得者の傾向

カイロプラクターってどんな仕事なの?(仕事内容など)

カイロプラクティックは、1895年にアメリカで発祥しました。脊椎の構造と神経系の機能に着目した専門職で、代替医療の手技療法を施術することがカイロプラクターの仕事です。アメリカなど約40の国と地域で国家資格が存在し、WHOは補完代替医療として認めています。日本では国家資格などの公的資格ではありませんが、2014年から「日本カイロプラクティック登録機構」による「登録カイロプラクター」認定制度が始まり、登録者の名前は厚生労働省(医政局医事課)へ渡されます。国家資格ではありませんが、世界保健機関 (WHO) による水準を満たすことが明らかになります。カイロプラクティックは、筋肉や骨格の悪い部分を見極め良くすることや、未然に防ぐことを主としています。日本では医療類似行為にあたり、サービス業に分類されます。一方整体師は、東洋医学の考え方を基に、指や手を使った手技によって全身の筋肉バランスや骨格を調整する仕事です。カラダをきちんとした状態にすることによって、肩こりや腰痛などをが起こるのを防ぎ、人体に初めから備わっている自然治癒力を増進させることを目指しています。

カイロプラクティック関係資格取得の為の勉強法

カイロプラクター登録試験(JCR登録試験)を受験出来るのは限られた人たちだけです。それは、世界保健機関(WHO)指針に準拠した国際認証取得のカイロプラクティック教育プログラム、もしくはカイロプラクティック安全教育プログラム修了者もしくは2017年修了予定者です。しかしながら、法制化された国(州)のカイロプラクター免許取得者(例:米国、カナダ、豪州他)、全米カイロプラクティック試験委員会(NBCE)試験Ⅰ部およびⅡ部合格者、2011年2月以前の「CCE認証取得カイロプラクティック教育」修了者、2008年末までの「JAC承認カイロプラクティック標準化コース(CSC)」修了者は登録試験が免除されます。

カイロプラクティック関係資格の試験料・試験の内容・合格発表について

カイロプラクティック関係資格試験料

42350円

カイロプラクティック関係資格試験・検定の年間試験回数

毎年1~2月の年に2回です。

カイロプラクティック関係資格の試験科目等の内容

2項目からなる合計200問のマークシート方式です。

カイロプラクティック関係資格の難易度

合格率から考えますと、そこまで難易度の高いものではありません。しかし受験資格のための教育を受講するのは期間も長いものですし、なかなか根気の必要なものです。

カイロプラクティック関係資格の合格率について

カイロプラクター登録試験の合格率は、毎年90~100%です。平成28年度の登録試験の合格率は100%でした。第一回カイロプラクティック統一試験(登録試験)は、受験者数24名、合格者数22名でした。第二回カイロプラクティック統一試験(登録試験)は、受験者数35名、合格者数35名でした。第三回カイロプラクティック統一試験(登録試験)は、受験者数19名、合格者数18名でした。第四回カイロプラクティック統一試験(登録試験)は、受験者数17名、合格者数16名でした。第五回カイロプラクティック統一試験(登録試験)は、受験者数19名、合格者数19名でした。第六回カイロプラクティック統一試験(登録試験)は、受験者数14名、合格者数14名でした。

カイロプラクティック関係資格試験の合格発表

カイロプラクター登録試験の合否通知は、受験から約 2 カ月以内に合格証明書と共に郵送されます。

国家資格バナー

PR


カイロプラクティック関係資格取得後の傾向

カイロプラクティック関係資格取得者の職業例

整体師やカイロプラクターがあります。

カイロプラクティック関係資格取得に向いている人

施術中は患者さんと話すことになるので、コミュニケーション能力の高い人が向いています。

カイロプラクティック関係資格と同じ分野の他の資格

柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ師、リフレクソロジスト、整体セラピスト、スポーツ整体師、

カイロプラクティック関係資格の年収・給料相場

カイロプラクターの施術にかける時間は短く、約15分程度で完了することが大半で(その時間以上の施術は不必要だからです)、その施術に対して4000円、5000円の対価が標準的で、他の関連する職業に比べると、格段に高収入なカイロプラクターが大多数です。平均年収は、勤務カイロプラクターで年収180万円~300万円、開業カイロプラクターで年収300万円~800万円です。カイロプラクターは実費施術だけですが、国から治療費をもらうことのできる柔道整復師とも全く変わらない実入りだと考えられます。

カイロプラクティック関係資格の現状

カイロプラクターとして働く人の大半が資格を持たずとも仕事をしています。せっかく資格を取得してもその価値はそこまで現場で高くありません。

カイロプラクティック関係資格の将来性

カイロプラクティックについて、世界保健機構(WHO)では、筋骨格系の障害と健康全般への影響を診断、治療、予防する専門職であり、治療法は手技によるのが特徴と定義されています。米国、豪州などおおよそ44か国では、国が資格を認定しており、WHOが認定するカイロプラクティックを勉強するには、米国では6年、その他の国では5年制の世界標準の「4200時間以上の基礎医学とカイロプラクティック 」を 学ばなければならない決まりになっています。それを卒業すると、国が認めたものとしてレントゲンによる撮影や、 プロフェッショナルな治療ができるのです。将来的にも日本でもこのような法令化が進んだ場合、今の内から準拠したこちらの資格を取得しておくと、同業者を数歩出し抜くことができます。を登録する独立組織です。

カイロプラクティック関係資格の独立について

この資格を取得すると独立は大いにありえます。むしろなんでもいいから資格を取って独立したいという人にはうってつけの資格と言えるでしょう。

こんな著名人の方もカイロプラクティック関係資格を持ってます。

なし

コメントを残す

*

*