救急法救急員になるには

Tweet Tweet救急法救急員は幅広い年齢層の男女が目指せる、人の役に立ちたい人にオススメな資格です。 救急法救急員資格取得者は他には赤十字救急法救急員という名称で呼ばれております。 資格名:救急法救急員 目次1 救 […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

救急法救急員は幅広い年齢層の男女が目指せる、人の役に立ちたい人にオススメな資格です。

救急法救急員資格取得者は他には赤十字救急法救急員という名称で呼ばれております。

資格名:救急法救急員

救急法救急員の資格は「民間資格」です。

sponsored link

資格広場では救急法救急員になりたい方を応援しております。

救急法救急員になるために必要な知識

基礎講習では、手当の基本から人工呼吸や心臓マッサージの方法、AED(自動体外式除細動器)を用いた除細動などが習得できます。救急員養成講習では、日常生活における事故防止や止血の仕方、包帯の使い方、骨折などの場合の固定、搬送、災害時の心得などについての知識と技術が習得できます。

救急法救急員の資格は「日本赤十字社」が運営管理を行っております。

日本赤十字社とは:

日本赤十字社(にっぽんせきじゅうじしゃ)は、日本における赤十字社です。1952年(昭和27年)に制定された日本赤十字社法によって設立された認可法人です。紛争・災害・病気などで苦しんでいる人を救いたいというポリシーを元に、国内災害救護・国際活動・赤十字病院・看護師等の教育・血液事業・救急法等の講習・青少年赤十字・社会福祉・赤十字ボランティアなどの活動を行っています。

救急法救急員

 仕事内容
 試験詳細
 資格取得者の傾向

救急法救急員ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

救助に使用する救助法、応急手当などの正しい知識、技術を持ったスペシャリストです。特別な任務や責務はありませんが、災害時や事故発生時、日常生活においてボランティアの精神で事故防止と傷病者の救助に努め、赤十字の協力者になることが期待されます。とりわけ高度な救急法を身に着けられるというものではないので、美容師などと違って、この資格を持っていれば何らかの仕事に就けるということとはありません。しかしながら、水泳の指導員など、仕事場で緊急な事態が生じる可能性が高い職業については、赤十字救急法救急員の資格取得を義務付けていたり、資格を取得していれば有利な部分はあります。

救急法救急員資格取得の為の勉強法

赤十字救急法基礎講習を受講した後に赤十字救急法救急員養成講習を受講し、効果が確認できると赤十字救急法救急員として認定されます。養成講習は2日間連続で行われるのですが、2日目に実技の効果確認・学科試験があります。1日目に渡された教本に載っている内容をしっかり記憶することになります。教本の量は多いのですが、出題ポイントは事前に教えてもらえます。救急法救急員に必要とされる「判断力」と「行動力」を講習でしっかり理解すれば対応できます。

救急法救急員資格の試験料・試験の内容・合格発表について

救急法救急員資格試験料

受講料は無料ではありますが、実費が、基礎講習1500円(教本・教材費・保険代)と養成講習1500円(教本、ファーストエイドバック[三角巾2枚、ガーゼ]、保険代)それぞれ必要となります。

PR

救急法救急員試験・検定の年間試験回数

各都道府県にある日本赤十字社の支部で講習を開催しており、スケジュールは各都道府県支部によって異なります。また、地域、団体、各種事業所、学校などで会場および受講者(30名程度)を準備すれば、日本赤十字社各支部が指導員を派遣し、共催で講習会を開催することもできます。

救急法救急員資格の試験科目等の内容

学科試験は、大問が4つです。救急法救急員として傷病者を発見した時にどのように動いたら良いのかということを追求する内容なので、その行動原理をしっかりと講習を受けて理解していれば解ける内容です。赤十字の仕事内容も覚えておく必要があります。基本的に受からせることを目的とした試験なので、妙なひっかけ問題などはありません。実技試験は、救助側と救助される側に分かれ、心肺蘇生や三角巾包帯のいろんな怪我のときの巻き方などを行います。時間制限はありますが、一番大事なのは患者さんへの気遣いになります。学んだことを着実にこなしていけば落とされることはありません。

救急法救急員資格の難易度

講習を受けることでカバーできる内容ですのでそれほど難易度は高くない資格です。教本に書いてあることや実技で学ぶことをしっかりと理解することがポイントです。

救急法救急員資格の合格率について

毎年95%前後となっており、かなり高い合格率となっています。

救急法救急員試験の合格発表

試験結果は筆記、実技とも当日発表されないので、合否通知は受験から約 1カ月以内に登録した住所宛に合格認定証が郵送されます。

sponsored link

救急法救急員資格取得後の傾向

救急法救急員資格の職業例

取得すれば特に何かの職業に就けるということではありません。しかしながらボランティアとして社会に貢献ができます。そして追加で「 赤十字救急法指導員養成講習」を受講すると、指導員になれる可能性もあります。取得しておくことで他の仕事へ補佐的に活用することができ、信頼を深めることができます。エアライン業界に就職を考えているなら、この資格を持っておけばアピールにはなります。

救急法救急員に向いている人

主体的・自発的に行動をすることができ、なおかつ見返りを他人には求めない人、そして大事なのは人命救助になるので人助けが好きで人の役に立ちたい人が向いています。また災害の場になると緊急事態なので、誰かの指示を待つのではなく、自分の目と足で見つけるという主体性が必要になります。

救急法救急員資格と同じ分野の他の資格

、雪上安全法救助員、幼児安全法救助員、健康生活支援講習、救急救命士

救急法救急員の給料相場

あくまでもボランティアとして活動する際に求められる能力をつけるものですので給料という概念はありません。災害や事故の現場に遭遇した際に、率先してけが人の手当や現状整理に努めることができる能力が身につきますので、給料に関わらずとも取得しておきたい資格ではあります。

救急法救急員の現状

全国で37万人以上が受験している人気の講習ですので取得しておくことで自分の身を守り、家族や地域の人々の身を守ることにもつながります。

救急法救急員の将来性

スポーツの指導者や課外活動の責任者など、事故の可能性に備えた方がよい仕事、または趣味でサークル活動などにおいては、役に立つ場面も多いです。スポーツ指導やレクリエーショスポーツ指導やレクリエーション関係のボランティアをやっている人は活用できる機会があります。

救急法救急員の独立について

あまり職業に直結しない資格なので、独立というのはありません。

こんな著名人の方も救急法救急員資格を持ってます。

なし

コメントを残す

*

*