歯科助手になるには?難易度・仕事内容・合格率・給料相場

masman

by nishimura

更新日:2018.09.06

公開日:2017.04.15

歯科助手は全国どこの歯科医院であっても通用しますので、いきなりの引っ越しでも心配ありません。自分のライフスタイルに合わせて柔軟に働きたい方や一度やめてしまった後の就職も、ブランクなく働けます。


歯科助手は主に20代~30代の主に女性が目指せる、近年人気がある資格です。
歯科助手資格取得者は他にも歯科助手資格と呼ばれております。
歯科助手の資格は「民間資格」です。

資格広場は、歯科助手になるには?歯科助手なるためには?歯科助手になりたいを応援しております。

歯科助手になるために必要な知識・受験資格

歯科臨床概論、歯科事情、社会保険の概要や実務、文書や物品の管理などの知識が必要とされます。

歯科助手の資格は「日本歯科医師会」が運営管理を行っております。

日本歯科医師会とは:
日本の歯科医師を取りまとめている機関であり、治療のレベルを高くすることや、みんなが歯科治療を受けれるようにすること、歯科の研究などを行い、国民の健康と福祉を守る活動を推進しています。

歯科助手

歯科助手ってどんな仕事?(仕事内容など)

歯科医師を様々なかたちでサポートする職種です。主となる内容しては、歯科医での受付、患者さんの治療室への案内、カルテの適切な保管、治療に使用する器具の保管、歯形を取る材料を練ったりするなどの仕事があります。これに加えて現場に勤務すると、先ほどの事務的な職務に加え、実際に患者さんを治療する歯科医師の仕事を手助けする業務も入ってきて、その指示される内容には歯科専門用語が頻繁に出てくるために、そういったものを理解していなければ勤まりません。まったく何も知らない初めての人がこういった場面にたっても、先の理由から、かなり働くことは難しいです。そんな現場に歯科業界の知識を持った人が働くと、かなり順調に業務を遂行することが可能です。資格は、乙種第一と乙種第二、甲種の三種類になります。乙種第一は、歯科医院での治療の仕事についての専門知識を有している人、技術を学び取った人が持つことができる資格です。乙種第二は、現場の事務仕事についての専門的な知識、技術を学び取った人がとれる資格です。そして甲種は、さきほどの乙種第一の資格または、乙種第二の資格よりももっと高い知識と技術が必要とされます。

歯科助手資格取得の為の勉強法

講習の内容をしっかりと頭に入れましょう。

歯科助手の専門学校や通信講座について

準備中です。


歯科助手の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

歯科助手の資格試験料

都道府県によって開催日程や費用は多少異なりますが、おおむね受講期間は半年、費用は8千円~1万5千円程度となっています。

歯科助手試験・検定の年間試験回数

都道府県の歯科医師会によって異なりますので、そちらにお問い合わせが必要です。

歯科助手試験科目等の内容

日本歯科医師会が行う講習を受けてその課程を終わることができれば、資格をもらうことが可能です。乙種第一は、講習時間は52時間です。乙種第二は、講習時間は40時間です。甲種は、講習時間は400時間です。これらふたつの資格は、一緒に取ることが可能なので、ふたつの講習を同時に受けるほうが一気に取れるので良いでしょう。内容としては、社会保険の制作がどうなっているのかや、カルテや器具の管理等です。

歯科助手資格の難易度

難しくありません。

歯科助手資格の合格率

講習を受ければ取得できますので、合格率とういのはありません。

歯科助手試験の合格発表

講習が修了すると証書が発行されます。

国家資格バナー

PR



歯科助手

歯科助手資格取得後の就職先・年収・報酬相場

歯科助手所持者の職業例

この資格を取ることができれば、もちろん歯科医院で働いたりあるいは転職するときに優位になります。歯科医院は全国にはたくさんありますので、自宅近くで働く場所を見つけるのが簡単ですし、雇用の形態が結構様々あり、希望に合わせて雇用形態を選択できるのが魅力です。

歯科助手に向いている人

礼儀正しくて患者への気配りが出来たり、几帳面な人がこの仕事に向いています。また、とにかく、覚えなくてはいけないことが多いので、「こんなに覚えられない」とすぐに諦めてしまう方には向いていないと言えます。もし時間がかかりそうなことであっても、理解できないことがあるならちゃんと質問をして、わかった内容をメモに残すなどコツコツと努力するタイプの人向きです。また、患者さんとのコミュニケーションも大事な仕事なので、不安感を取り除けるような一言をかけたり、「お疲れ様でした」「お大事に」の一声が、自然に出てくるような人が向いています。

歯科助手と同じ分野の他の資格

歯科衛生士、歯科技工士、歯科 医療事務管理士(R)、認定歯科助手、歯科医療事務管理士、歯科助手専門秘書検定資格

歯科助手の年収・給料相場

求人の内容を見てみるとそこに書かれているお給料は、平均して170000円ほどになります。これが、経験者ともなると、給料はプラス30000円ほど増えることがあります。また、経験がなかったり多くなかったとしても、この資格を取得しているだけで、手当をもらえる可能性があるので、取得していないひとよりもプラス10000円ほどもらえることもあるようです。資格を持っているひとは、仮に現場で働いたことがないにせよ、専門的用語がわかっていたり、業務全般に関しての知識があります。なので、研修期間も資格を持っていない人に比べて短めで終わることもありえますし、すぐに現場での力になることができます。なので、待遇がよくなります。

歯科助手の現状

歯科助手は、資格が必要ないとは言っても歯科医院ではなくてはならない存在です。そしてまた、昨今の風潮としては歯を矯正したり、見せるための歯にすることの人気が高いですので、本来の治療という枠を超えての業務になってきています。そのため、歯科医院は増加傾向にあります。なので、歯科助手の必要性もますます高くなってきています。女性のライフスタイル(結婚・出産・育児)を考慮すると、いったんやめても再就職ができやすいことや、子育て中でも仕事がしやすい環境などもかなり重視されています。

歯科助手の将来性

歯科助手は、仕事全般をうまくこなすことができるようになれば、どこの現場でも仕事をすることが可能です。また、いったん仕事をやめてしまっても、専門職なので再就職しやすいというメリットもあります。

歯科助手の独立について

あくまで歯科で働くための資格なので独立ということはありません。ただ家族が開業して歯科医を始める場合などは、相当役に立つでしょう。

歯科助手資格を所有している主な著名人

木下優樹菜

コメントを残す

*

*