診療報酬請求事務能力検定をとるには?難易度・仕事内容・合格率・給料相場

masman

by nishimura

更新日:2018.09.06

公開日:2017.04.15

合格率は低いですが、医療事務資格の中でも、群を抜いてステータスが高く、資格を所持していれば給与面や待遇のUPが期待できます。医療業界に現在携わっている人が次のステップを目指すには、まさに最適な資格といえるでしょう。


診療報酬請求事務能力検定は幅広い年齢層の男女が目指せる、医療系事務職で重宝される資格です。
診療報酬請求事務能力検定は他にもなしと呼ばれております。
診療報酬請求事務能力検定は「民間資格」です。


診療報酬請求事務能力検定取得のために必要な知識・受験資格

医師が書いたカルテから保険料を計算し、診療報酬明細書(レセプト)を作成する医療事務の代表的な仕事が診療報酬請求事務です。そのレセプト作成能力と医療事務全般の知識があるかどうかが問われます。

診療報酬請求事務能力検定は「公益財団法人 日本医療保険事務協会」が運営管理を行っております。

公益財団法人 日本医療保険事務協会とは:
日本医療保険事務協会は、診療報酬を請求する事務に携わる人のクオリティーアップとのその請求手続きの効率化を行い、 保険制度を滞りなく運営することを趣旨として創設されました。

診療報酬請求事務能力検定

診療報酬請求事務能力検定ってどんな資格?

療費や薬剤費を、法律に則って点数がつけられた診療報酬として計算して、レセプトを作る仕事です。全国の医療機関で最も認知され信頼度の高い資格です。医師や看護師などと違って国家試験ではありませんが、病院などの事務系スタッフとして広く医療の現場で活躍したい人は、取得しておくべき資格のひとつです。医療の現場では、2カ年に1回、保険の制度の改正がなされ、レセプトの作成など医療事務の知識がある人がいない状態では、業務全般に支障が出てきます。この認定試験は、医療の現場で働く事務職としての才能を見極める試験ということができ、数多くの病院では、この資格を持っていることが採用の条件となったり、昇給の条件になったりしています。

診療報酬請求事務能力検定取得の為の勉強法

受験の内容としては、実技の問題が2問及び学科の問題が80問で構成されています。実技の問題と学科の問題では正解を導き出す方法が違うために、おのおのに合った対策をとり準備することが資格取得の要となります。独学についてですが、過去に出題された問題集やテキストを眺め読むだけでも、まったく医療機関について知らない0からの状態であると、出てくるフレーズや言葉がわからないものだらけだと思います。なんとなくどこかで耳にした言葉だなとかであったとしても、その制度について理解できていないとなると何気ない言葉でも、その意味を理解するのにまた調べなくてはならず余計に時間がかかってしまいます。なので病院で働いた経験がなかったり、初心者であるとか、医療事務についての知識を全然持っていない人は、断然通信での学習や専門的な学校で基本的な医療機関についての知識を学び、医療に関する法律も理解した上で資格の試験に備えることが、1番合格への早い道だと思われます。この試験問題は、内容が非常に特徴的なので過去に出題された問題から傾向をつかみとることが大事です。時間をかけて過去問題集を何度も解いてしっかり傾向をつかむのが大事です。レセプトの基本の部分や、医療保険制度及び医療の法律について標準的な部分を押さえていれば、あとは過去問で何とかなるでしょう。何はともあれ学科にしても実技の試験にしても、過去からの問題を解き傾向を抑えるのが一番大事です。学科の試験では、診療報酬の点数表の細部について出題されますが、出題されるところはほぼ毎回同じです。

診療報酬請求事務能力検定の専門学校や通信講座について

準備中です。



診療報酬請求事務能力検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

診療報酬請求事務能力検定の試験料

7,500円

診療報酬請求事務能力検定の年間試験回数

毎年2回、7月と12月の日曜日又は祝日を選んで実施されています。

診療報酬請求事務能力検定試験科目等の内容

受験科目は、医科と歯科に分かれ、それぞれ学科試験と実技試験を行います。医療報酬請求事務とあって、問題の大半がレセプトを作成するための、算定方法に関するもので、医療報酬点数表を基に難易度の高い細かな出題がなされます。そして実技では、外来、入院のレセプトを各1問ずつ実際に作成します。出題範囲の詳細は「公益財団法人日本医療保険事務協会」のホームページにて、「診療報酬請求事務能力認定試験ガイドライン」として記載されています。学科試験の細かい内容は、医療保険制度等・公費負担医療制度の概要、保険医療機関等・療養担当規則等の基礎知識、診療報酬等・薬価基準・材料価格基準の基礎知識、医療用語及び医学・薬学の基礎知識、医療関係法規の基礎知識、介護保険制度の概要です。実技試験の細かい内容は、診療報酬請求事務の実技となります。

診療報酬請求事務能力検定の難易度

医療事務の資格試験では最難関といわれています。

診療報酬請求事務能力検定の合格率

合格率は医科38.7%、歯科34.3%(43回試験)となります。

診療報酬請求事務能力検定の合格発表

試験月の翌々月末までに、全受験者に文書で通知されます。合格者には認定証を交付します。合格者の発表については、教会の発行する公報誌「協会だより」に掲載するほかホームページにも掲載されます。


国家資格バナー

PR



診療報酬請求事務能力検定

診療報酬請求事務能力検定取得後の就職先・年収・報酬相場

診療報酬請求事務能力検定所持者の職業例

病院や診療所などになります。これまでに医療事務を経験して仕事をしている人はもちろん、この資格を持つことでレベルを身に着けていることの証明になりますし、これから医療事務の仕事をしたいと思っている人は、かなり大変な資格になるとは思いますが合格をすれば、未経験であっても就職や転職に有利になるでしょう。

診療報酬請求事務能力検定の取得に向いている人

現在医療事務などを持っていてキャリアアップする人に向いています。

診療報酬請求事務能力検定と同じ分野の他の資格

診療情報管理士、メディカルクラーク検定、医療事務管理士

診療報酬請求事務能力検定の年収・給料相場

この資格を取得するということは、初心者でも経験者のレベルを持っているという証になります。なので、お給料に還元されることが多いです。

診療報酬請求事務能力検定の現状

多数存在する医療の事務系の資格の中では、医療の現場での信頼度が高く、またそのぶん合格するのが難しい資格としても認知されています。この資格取得を目標として与える医療機関も多数あり、資格を保有している人には別途手当を出す医療機関もあるそうです。

診療報酬請求事務能力検定の将来性

病院 、各種医療機関、健康保健組合、クリニック、介護老人保健施設、調剤薬局、福祉施設、老人保健組合、医療情報会社、一般企業などで働く場合に欠かせない資格となってくるでしょう。平成6年度からの約20年間で、総受験者数は30万人を数えます。合格者数は9万人を超え、これからもレベルの高い有資格者がどんどん増えていくことが予想されます。

診療報酬請求事務能力検定所持者の独立について

あくまで病院で働くための資格なので独立ということはありません。

診療報酬請求事務能力検定を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*