衛生管理者

衛生管理者 なるには 資格

衛生管理者は、企業の中で健康に異常のある者の発見および処置や、週一回職場巡視を行う仕事です。試験は年に何度も行われているため、過去問をひたすら解くことで合格に近づけるでしょう。合格率はほぼ50%以上と高めです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

衛生管理者は幅広い年齢層の男女が目指せる、就職・転職にとても有利資格です。
衛生管理者資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。

衛生管理者の資格は「国家資格」です。

sponsored link

専門学校・短大・大学10箇所を一度に資料請求や願書取り寄せを行うだけで全員にもれなく
1000円分の図書カードを全員にプレゼント!!

資料請求キャンペーン
キャンペーン詳細を見る

資格広場は、衛生管理者になるには?衛生管理者なるためには?衛生管理者になりたいを応援しております。

衛生管理者になるために必要な知識・受験資格

衛生管理者は、健康に異常のある者の発見および処置、作業環境の衛生上の調査、作業条件、施設等の衛生上の改善、労働衛生保護具、救急用具等の点検および整備、衛生教育、健康相談その他労働者の健康保持に必要な事項、労働者の負傷、疾病、死亡、欠勤および異動に関する統計の作成、衛生日誌の記載、職務上の記録の整備をします。衛生管理者に義務付けられている、週1回の職場巡視もスムーズに行なうことができます(衛生推進者には、職場巡視義務はありませんが、定期的に職場点検をすることが望ましいと言えます)。

衛生管理者の資格は「財団法人安全衛生技術試験協会」が運営管理を行っております。

財団法人安全衛生技術試験協会とは:
今現在では、財団法人安全衛生技術試験協会が唯一厚生労働省より認定されている指定試験機関です。

衛生管理者

衛生管理者ってどんな仕事?(仕事内容など)

労働安全衛生法において定められている、労働条件、労働環境の衛生的改善と疾病の予防処置等を担当し、事業場の衛生全般の管理をする者です。一定規模以上の事業場については、衛生管理者免許、医師、労働衛生コンサルタント等の免許、資格を有する者からの選任が義務付けられております。

衛生管理者資格取得の為の勉強法

受験勉強の開始に当たっては、過去問を最初からやっても構いません。衛生管理者試験の場合、年に何十回も試験が実施されていますので、同じような問題が出題される可能性は極めて高いと言われています。過去問を完璧に仕上げることで、合格に大きく近づくことができるようになります。問題集の解説では理解できない時に参考書を広げてつまみ食いしていけば、効率よい学習を進めていくことができます。法改正などで現在にはそぐわない問題もあるのであまりさかのぼらないように。

衛生管理者の専門学校や通信講座について

準備中です。

sponsored link

衛生管理者の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

衛生管理者の資格試験料

6,800円で労働安全衛生法関係手数料令による。
試験手数料は消費税法により全て非課税です。

衛生管理者試験・検定の年間試験回数

試験は年に何十回も行われます。試験の実施は、全国7箇所にある安全技術センターで行われますが、少なくとも毎月1回は実施され、多い月には4回も実施されるセンターもあります。

衛生管理者試験科目等の内容

衛生管理者の試験科目は5科目あり、それぞれの試験で試験科目が異なります。下記の表は、各試験に対応した試験科目を表したものです。このように、第一種衛生管理者試験が「5科目」、第二種衛生管理者試験が有害業務に関係しない「3科目」、特例第一種衛生管理者試験が有害業務に関係する「2科目」となっています。もちろん、第一種衛生管理者試験の方が試験範囲は広くなるため、第二種衛生管理者試験より難易度が高くなります。

衛生管理者資格の難易度

衛生管理者試験の合格率は軒並み50%以上と合格率が高いのが特徴です。弁護士や公認会計士、社会保険労務士など合格率が数%しかない国家資格があるのと比べると極めて高い合格率です。データ上は二人に一人は合格します。簡単な試験にも思えますが油断は禁物です。あくまでも衛生管理者は、国家資格の試験です。

衛生管理者資格の合格率

平成27年度の合格率は第一種衛生管理者は55.5%第二種衛生管理者は66.0%です。過去さかのぼってみても第一種衛生管理者は50%超え、第二種衛生管理者は62%は超えているようです。

衛生管理者試験の合格発表

各安全衛生技術センターのホームページ上で合格者の受験番号が発表されます。また合格者には、正式な合格通知証が郵送されてきます。

sponsored link

衛生管理者

衛生管理者資格取得後の就職先・報酬相場

衛生管理者所持者の職業例

衛生管理者の国家資格は第1種と第2種の二つに分類されており、第1種においては様々な業種において有効な資格とされていますが、第2種は、農林畜産水産業、鉱業、建築業、製造業といった、衛生管理がやや困難な業種以外の事業場のみに有効とされています。

衛生管理者に向いている人

衛生管理者は、常に労働環境や衛生面について敏感でなければなりません。 また、人が管理対象であることを忘れてはなりません。「労働者の安全」のために労働環境を整えること、「労働者の健康」のために衛生面を改善維持することを常に考える必要があります。衛生管理者の役割は、機械的で事務的な仕事への取り組みでは対応できません。人間的な心持ちを忘れずに人と接することが重要です。衛生管理者は、労働者の気持ちになって物事を考えることのできる感性や、人としての思いやり、気配り、優しさなどが強く望まれます。また、必要な改善個所に対し、その改善の必要性を強く訴える強さや、それらについて真剣に取り組む真面目さも必要です。もちろん、事務的な仕事を多くこなさなければならない場合もありますが、衛生管理者としての役割の根本的なところからすると、事務的仕事をこなせる手際の良さだけでは難しい、非常に難しい立場であると言えます。真に人の気持ちを分かろうとする姿勢がある人が向いているでしょう。

衛生管理者と同じ分野の他の資格

第一種衛生管理者、第二種衛生管理者、食品衛生管理者、安全衛生管理者、衛生工学術生管理者

衛生管理者の給料相場

「衛生管理者」としての独立した給与体系や年収の設定は、ほとんど無いのが現状です。第一種及び第二種衛生管理者の資格は、専門職としての資格という側面よりも、企業の従業員として日々業務を行う上での職務知識という側面が強くなりますので、企業の業種や勤続年数などのベースによって千差万別です。

衛生管理者の現状

衛生管理者を取り巻く環境は日々高いものが求められつつあります。その根底には企業のコンプライアンス問題があります。衛生管理者のニーズでも取り上げたように、労働災害は企業にとって致命的な問題となります。インターネットが普及したこともあり、これまでは企業の労働災害を知るすべが少なかったのですが、今では簡単に調べることができます。 労働災害が起きたときの企業ブランドの低下は計り知れないものがあり、製品の売れ行き、取引停止など大きなリスクを秘めているのです。

衛生管理者の将来性

「労災」と呼ばれる労働災害がたびたびニュースになっていることから分かるように、企業においての衛生管理の必要性はますます見直されてきてます。とはいえ、衛生管理者の資格取得者は今の時代の需要に対してまだ少ない状態なのです。そのため、社会的ニーズの高い国家資格の一つだと言われています。

衛生管理者の独立について

該当なし

衛生管理者資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*