診療放射線技師の難易度は?仕事内容・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-07-25

公開日:2016-10-26

診療放射線技師 資格

診療放射線技師は他に「X線技師」などと呼ばれ、診断・治療を目的として人体に放射線をあてる医療技術者のことです。レントゲンやMRI、CTなどを使用します。試験は14科目と膨大な範囲から出題されますが、合格率は8割程度と高めです。


診療放射線技師は幅広い年齢層の男女が目指せる、医療機器の専門家仕事です。
診療放射線技師は他にもレントゲン技師、X線技師と呼ばれています。


診療放射線技師

先ずは無料で資料請求

診療放射線技師ってどんな仕事?

診療放射線技師とは主に病院や診療所、歯科に勤務し医師や歯科医師の指示のもと、診断や治療を目的として人体に放射線をあてる医療技術者のことを診療放射線技師といいます。
一般的なものとして、レントゲンやMRI、CTといった機械を使って病気を診断するための画像を撮影します。

また、ガン治療には欠かせない放射線治療も診療放射線技師の仕事の一つです。

診療放射線技師になるためには?

診療放射線技師の試験は、5択から1択を選ぶマーク方式です。

過去問題の類似問題の出題率が高いことから、過去問題の取り組みが重要になります。
何年もの過去問題を解くことで、試験の傾向や対策を練ることができます。

また、わからないところを徹底的に調べることも大切です。

診療放射線技師の専門学校(養成所)や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

診療放射線技師

診療放射線技師の仕事例・報酬相場

先ずは無料で資料請求

診療放射線技師の他の職業例

診療放射線技師

診療放射線技師に向いている人

医療業界は常に進歩しており、医療機器もこの進歩に伴い新しいものにかわっていきます。
性能もよくまた操作も簡単にはなってきていますが、その都度機械の操作方法や、どういう患者に使用するのかなど把握する必要があります。
就職してからも常に勉強をしていくのだという向上心がある人は診療放射線技師に向いているでしょう。

また、レントゲンやMRなどももちろんですが、放射線治療に使用される最新の機器はコンピューターで操作するものが多いので、機会に強い人である人も向いていると言えるでしょう。

診療放射線技師と同じ分野の他の職業

臨床検査技師、医師、歯科医師、放射線取扱主任者

診療放射線技師の年収・給料相場

診療放射線技師の平均月収は約37万円、平均年収は約530万円です。
過去7年の平均年収を比較しても、大きな変動もないことから安定した職業であることが言えます。

ですが男女の年収から見ると約100万円ほど女性が低いことがい見てとれます。
この理由として、女性は結婚し子どもが生まれると夜勤勤務ができなくなることからだと考えられます。

診療放射線技師の現状

以前は整形外科分野でのレントゲン撮影が中心業務だった診療放射線技師ですが、今では予防医学の重要性が謳われるようになり健康診断に伴う業務も増えてきています。

特に健診施設での放射線技師の需要は急増しています。
健診は誰もが1度は受けたことがあると思いますがそのほとんどの業務は診療放射線技師の資格がいるものになります。

年に1度の健診とはいえ、学校や企業など様々な場所で行われているので診療放射線技師の職業は安定していると言えます。

診療放射線技師の将来性

近年、大学や専門学校で診療放射線技師の養成学校が増加しています。
このことにより診療放射線技師の資格取得者も比例して増加することが考えられます。

ですが放射線関係は今もなお研究が進められており技術改革も続いていますので、知識とスキルを日々身につけることで、他の診療放射線技師との差別化が必要になります。

診療放射線技師の独立について

診療放射線技師は簡単に言えばレントゲンやCTなどを扱うことしかできず、医師のようにその画像から何がわかるわけではありません。
このことから、「ヘッドハンティング」という名目で医師とともに独立することは可能ですが、一人で独立することは難しいことが分かります。

また、医療機械を自分でそろえなければならずその資金は膨大なものになることから独立開業することは難しいと考えられます。

先ずは無料で資料請求

コメント・口コミ・体験談

  1. Mr.虚弱体質 より:

    診療放射線技師の専門学校を卒業しましたが、3年間は国家試験に合格するには十分すぎる時間の余裕があります。国家試験はあくまでも知識と考察力が問われるものなので、医療技術職としては最低限の知識です。国家試験に向けての具体的な勉強法としては過去問集を問題毎に切り取って、ランダムに解いていました。間違えた問題には印をつけ、二度目また同じように間違えると徹底的に解き方を押さえます。確実に理解している問題、なんとなく解けてしまった問題、何度やっても解けない問題に分類して効率的に対策していました。そのおかげで、苦手意識のある問題を理解することに十分な時間を費やすことができました。取得後は就職もスムーズにすることができましたし、すごくやりがいのある仕事だと実感しています。
    (Mr.虚弱体質/福岡県在住/30代/男性)

コメントを残す

*

*