社会福祉士の難易度は?仕事内容・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-11-30

公開日:2016-10-26

社会福祉士とは主に病院や福祉施設で、身体的・精神的なハンディキャップのある人から相談を受けるいわば相談役のお仕事です。試験はマーク方式ですが、出題範囲は多岐にわたるため、過去問題の取り組みはとても重要です。年々増加している介護職員に比べ、社会福祉士は減少傾向にありますが、仕事を選ばなければ就職に困ることはないでしょう。


社会福祉士は幅広い年齢層の男女が目指せる、達成感を得られる仕事です。
社会福祉士は他にもソーシャルワーカー、生活相談員、児童福祉士と呼ばれています。

社会福祉士

社会福祉士ってどんな仕事?

社会福祉士とは主に病院や福祉施設で、身体的・精神的・経済的なハンディキャップのある人から相談を受けるいわば相談役のお仕事です。

また利用者さんの生活と権利を守り、自立を支援するために他の専門職の人と連携をとって利用者さんにとってどうしたら一番よくなるのかを考え指導します。

社会福祉士は「ソーシャルワーカー」と呼ばれることもあり、利用者さんに直接的な相談や指導を行うだけでなく、その人を取り囲むご家族や関係する地域住民、医療機関などにも働きかけを行います。

社会福祉士になるためには?

試験はマーク方式での出題となります。出題範囲は多岐にわたることから、過去問題の取り組みはもちろん本屋やインターネットで販売されている問題集・用語集を利用することも必要になります。

ですが最近の試験では過去問題で見たことがないような新しい問題が出題される傾向があります。
特に法律や制度は都度変更や改正をされることがありますので、福祉関係の情報はしっかり押さえておく必要があります。

社会福祉士の専門学校(養成所)や通信講座について

準備中です。

社会福祉士

社会福祉士の仕事例・報酬相場

社会福祉士の他の職業例

社会福祉士、相談員、介護士

社会福祉士に向いている人

社会福祉士は身体・精神・経済的な理由で生活に困っている人の相談を受けるため、まず相手の立場になって話を聞ける「聞き上手」な人は社会福祉士に向いています。

また、小さなことから重大なことまで相談される為に信頼関係を築くことができることも社会福祉士には必要なスキルです。

自分の意見を押し付けるのではなく、何をしてほしいのか、何を望んでいるのかをしっかり考えてくみ取ってあげられることも大切になります。

社会福祉士と同じ分野の他の職業

介護福祉士、介護職員初任者研修修了者、精神保健福祉士

社会福祉士の年収・給料相場

社会福祉士の平均月収は26万円~35万円ほど、年収は380万円~550万円と大きな幅はありますが、比較的安定しているのが魅力のお仕事です。

ですが初任給は約17万円ほどで決して条件がいいとは言えません。
社会福祉士の魅力は、経験を積んでいくことと比例してお給料もアップしていくことです。

社会福祉士の現状

少子高齢化が進み介護職員の割合は日々増加していますが、それに比べて社会福祉士の人数は減少しています。

一つの施設で求められている人員の数も決まっているので、全体的にみれば需要と供給のバランスが程よくとれた状態だと言えます。

社会福祉士の将来性

社会福祉士が活躍する場は、病院や介護施設の他に自治体や病院などたくさんあります。
そのため、仕事を選ばなければ働き口はあるため、就職に困ることはないと言えるでしょう。

また、経験や年齢で年収も大きく変わってきますので将来的にも安定して続けやすい仕事だと言えます。

社会福祉士の独立について

社会福祉士は独立することによって業務の幅が広がります。
高齢者から障がい者、子育てをするママさんなど様々な年齢層の方の相談業務を行なえます。

多くはケアマネージャーの業務と兼用し、学校や専門学校の講師として学生指導をする場合もあります。
少額な資金での独立が可能ですのですが、やはり実務経験はどの仕事で独立をする場合でも必要であると言えるでしょう。

コメント・口コミ・体験談

  1. 1274 より:

    社会福祉士を養成する専門学校に通学して、資格をとりました。社会福祉士の勉強の分野は医学や生活保護など様々でなかなか馴染みがなく勉強するのが大変でした。専門学校は1年だったため、幅広い分野の知識が短時間で詰めこまれるので資格を必ずとりたいという精神力が必要だと感じました。勉強法は過去問や問題集に出てきたことを調べて知識の紐づけをしていくように心がけました。試験自体は選択問題できちんと対策していれば、合格は可能だと思います。社会福祉士を取得してから福祉施設などに就職しなかったため、職業場面で資格はあまりいかせていないと思います。ただ、幅広い福祉の知識が身についているので、祖母が介護状態になったときなど制度面への理解ができました。社会福祉士は、職業だけでなく実生活でも役にたつ資格だと思います。
    (1274/宮城県在住/30代/男性)

  2. kyaitokosan より:

    社会福祉士は高齢者や児童、障害者などの分野で活躍する福祉の専門家です。福祉系の大学や専門学校で学び、国家試験に合格することでなることができます。大学等では福祉の歴史や関連する法律、介護、医学、そもそも福祉って何?福祉的な支援ってどうあるべきなの?など多様な視点から学びます。また福祉の現場での実習も行うことで、実践力も身に付けます。国家試験は合格率が3割程度です。過去に行われた国家試験を何度も解いたり、関連する法律や最新のデータ、制度政策の動向についての知識は必要不可欠です。福祉の仕事をするときの必須な資格ではありませんが、社会福祉士の資格を持っていることで、求人の幅が広がります。病院や福祉施設などで働いている社会福祉士が多いですが、開業する方もいます。
    (きゃんと/福岡県在住/30代/女性))

コメントを残す

*

*