言語聴覚士 資格

医療・福祉・リハビリ系資格一覧

言語聴覚士

言語聴覚士は20代30代の男女にやりがいのある資格です。

言語聴覚士資格取得者は他には言語療法士・リハビリテーション職という名称で呼ばれております。

資格名:言語聴覚士

言語聴覚士の資格は「国家資格」です。

sponsored link

資格広場では言語聴覚士になるには?言語聴覚士なるためには?言語聴覚士になりたいを応援しております。

言語聴覚士になるために必要な知識

一人ひとりの性格や個性を理解した上で、患者さんが言いたいこと、伝えたいこと、何を思っているのかを素早く察し、気づいてあげることがとても大切です。そのためには、専門分野の知識はもちろん、観察力や想像力、そして相手の気持ちを察し、理解する力が求められます。

言語聴覚士の資格は「公益財団法人医療研修推進財団」が運営管理を行っております。

公益財団法人医療研修推進財団とは:

公益財団法人医療研修推進財団は、言語聴覚士の指定試験機関ならびに指定登録機関として、国家試験の実施と登録業務を行っています。

言語聴覚士 資格

▼ 仕事内容▼ 試験詳細▼ 資格取得者の傾向

言語聴覚士ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

ことばによるコミュニケーションには言語、聴覚、発声・発音、認知などの各機能が関係していますが、病気や交通事故、発達上の問題などでこのような機能が損なわれることがあります。言語聴覚士はことばによるコミュニケーションに問題がある方に専門的サービスを提供し、自分らしい生活を構築できるよう支援する専門職です。また、摂食・嚥下の問題にも専門的に対応します。ことばによるコミュニケーションの問題は脳卒中後の失語症、聴覚障害、ことばの発達の遅れ、声や発音の障害など多岐に渡り、小児から高齢者まで幅広く現れます。言語聴覚士はこのような問題の本質や発現メカニズムを明らかにし、対処法を見出すために検査・評価を実施し、必要に応じて訓練、指導、助言、その他の援助を行います。

言語聴覚士資格取得の為の勉強法

国試の過去問や学校の模擬試験を何度も解く。国試過去問題集の解説で出てきた専門用語を拾いあげその用語を少し広げて勉強する。

言語聴覚士の試験料・試験の内容・合格発表について

言語聴覚士資格試験料

受験手数料は34,000円になります。

言語聴覚士試験・検定の年間試験回数

試験は毎年卒業する年の2月下旬頃に実施されるため1回で、在学中に国家試験を受験することになります。

言語聴覚士の試験科目等の内容

基礎医学、臨床医学、臨床歯科医学、音声・言語・聴覚医学、心理学、音声・言語学、社会福祉・教育、言語聴覚障害学総論、失語・高次脳機能障害学、言語発達障害学、発声発語・嚥えん下障害学及び聴覚障害学です。

言語聴覚士資格の難易度

この国家試験は簡単なものではありません。学校によっては国家試験対策に力を入れていることもありますが、学校にすべて任せるのではなく、自分自身でも勉強をしていく姿勢を持っていないと合格は難しいでしょう。

言語聴覚士資格の合格率について

言語聴覚士の合格率は、だいたい65%前後を推移しています。同じリハビリテーションの資格である「理学療法士」や「作業療法士」と比較すると、やや低い合格率となっています。一見、合格率は低いと感じないかもしれませんが、あくまでも国家試験に向けてしっかりと勉強をしてきた人たちが出している数字です。それを考えると、やはりそれなりの努力が必要なことがわかると思います。

言語聴覚士試験の合格発表

言語聴覚士合格発表は、厚生労働省のサイトの国家試験合格発表欄に「言語聴覚士合格発表速報」と表示されます。

sponsored link

言語聴覚士資格取得後の傾向

言語聴覚士の職業例

病院や診療所、リハビリテーションセンターなど医療関係へ就職するケースが最も多く、医師・歯科医師・看護師・理学療法士・作業療法士などと連携し、チームの一員として仕事にあたっています。

言語聴覚士に向いている人

言語聴覚士は、訓練を通じて非常に細かな発音や、口の動き、動作などを分析していくことになります。一般の人が見過ごしてしまうこと、あるいは聞き逃してしまうことにまでしっかりと気付き、問題を把握することが言語聴覚士の仕事では必要です。逆にいえば、この気付きがなければ、適切な治療やリハビリに発展させていくことができません。日ごろから細かいことに気を配ることができたり、分析力や洞察力がある人は、言語聴覚士に向いているといえるでしょう。

言語聴覚士と同じ分野の他の資格

理学療法士、作業療法士、音楽療法士

言語聴覚士の給料相場

年収にして300万円〜400万円くらいが目安となるでしょう。同じリハビリテーション関連の職業である理学療法士や作業療法士と比較すると、わずかながら給与は低めの傾向になるようです。年収500万円以上を望むのであれば、管理職を目指す必要があるといわれています。しかしながら、言語聴覚士はまだ人数が足りていないとされる職業であるため、地域や勤務先によってはかなり良い待遇で受け入れられることもあります。言語聴覚士の給料は勤務先によって異なりますし、病院や施設の規模でも差が出ることが多いため、収入を一番に考えたいのであれば、給与制度や待遇をしっかりと見ておく必要があるでしょう

言語聴覚士の現状

言語聴覚士は、医療職のなかでも最近になって注目されるケースが増えてきた職業です。高齢化社会が進み続ける現代の日本。リハビリに関わる専門職として、言語聴覚士の重要性がさまざまな場面でうたわれるようになり、これから職業としての需要はさらに増えていくことになると考えられます。言語聴覚士の専門領域である「言語」は、人と人とのコミュニケーションと深い関わりがありますし、言語を発するにあたって切っても切り離せない「口腔」に関することは、命をつなぐ食事と深く関わりがあります。こうしたものに関する高い専門性は医療現場だけでなく、福祉施設や学校など、さまざまな現場で生きてくることになります。

言語聴覚士の将来性

言語聴覚士のニーズは高まっており、職業としての未来は明るいものがあるといえますが、新しい価値観に対してしっかりと対応できる技術と考えを持っていなければ、自分自身で可能性を狭めてしまうかもしれません。

言語聴覚士の独立について

該当なし

こんな著名人の方も言語聴覚士資格を持ってます。

該当なし

関連記事

  1. 臨床検査技師 資格 とるには

    医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    臨床検査技師

    臨床検査技師は幅広い年齢層の男女が目指せる、医療現場における縁の下の力…

  2. あん摩マッサージ 指圧師 資格

    医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    あんまマッサージ・指圧師

    あんまマッサージ・指圧師は幅広い年齢層の男女が目指せる、人に感謝される…

  3. 診療放射線技師 資格

    医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    診療放射線技師

    診療放射線技師は幅広い年齢層の男女が対象で、医療機器の専門家の資格です…

  4. 医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    カイロプラクティック関係資格

    カイロプラクティック関係資格は幅広い年齢層の男女が目指せる、最近需要が…

  5. 医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    社会福祉士

    社会福祉士は幅広い年齢層の男女に「達成感を得られる」と人気の資格です。…

  6. 医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    救急法救急員になるには

    救急法救急員は幅広い年齢層の男女が目指せる、人の役に立ちたい人にオスス…

評価平均:評価なし/5
コメントはまだありません

No comments yet.

口コミ・体験談・勉強法等ご自由にコメントしてください。

メールアドレスは公開されません。いたずら防止のため承認制を取らせて頂いております。

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。



*

最近の記事

Sponsored Link
PAGE TOP