言語聴覚士

言語聴覚士 資格

言語聴覚士は、ことばによるコミュニケーションに問題のある方を、自分らしい生活を構築できるよう支援する専門職です。それに加え摂食・嚥下の問題にも対応します。試験の合格率は65%前後と、同類資格である理学療法士や作業療法士と比較するとやや低くなっています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言語聴覚士は20代30代の男女が目指せる、やりがいのある仕事です。
言語聴覚士は他にも言語療法士・リハビリテーション職と呼ばれています。

sponsored link

専門学校・短大・大学10箇所を一度に資料請求や願書取り寄せを行うだけで全員にもれなく
1000円分の図書カードを全員にプレゼント!!

資料請求キャンペーン
キャンペーン詳細を見る

言語聴覚士

言語聴覚士ってどんな仕事?

ことばによるコミュニケーションには言語、聴覚、発声・発音、認知などの各機能が関係していますが、病気や交通事故、発達上の問題などでこのような機能が損なわれることがあります。言語聴覚士はことばによるコミュニケーションに問題がある方に専門的サービスを提供し、自分らしい生活を構築できるよう支援する専門職です。また、摂食・嚥下の問題にも専門的に対応します。ことばによるコミュニケーションの問題は脳卒中後の失語症、聴覚障害、ことばの発達の遅れ、声や発音の障害など多岐に渡り、小児から高齢者まで幅広く現れます。言語聴覚士はこのような問題の本質や発現メカニズムを明らかにし、対処法を見出すために検査・評価を実施し、必要に応じて訓練、指導、助言、その他の援助を行います。

言語聴覚士になるためには?

国試の過去問や学校の模擬試験を何度も解く。国試過去問題集の解説で出てきた専門用語を拾いあげその用語を少し広げて勉強する。

言語聴覚士の専門学校(養成所)や通信講座について

準備中です。

sponsored link

言語聴覚士

言語聴覚士の仕事例・報酬相場

言語聴覚士の他の職業例

病院や診療所、リハビリテーションセンターなど医療関係へ就職するケースが最も多く、医師・歯科医師・看護師・理学療法士・作業療法士などと連携し、チームの一員として仕事にあたっています。

言語聴覚士に向いている人

言語聴覚士は、訓練を通じて非常に細かな発音や、口の動き、動作などを分析していくことになります。一般の人が見過ごしてしまうこと、あるいは聞き逃してしまうことにまでしっかりと気付き、問題を把握することが言語聴覚士の仕事では必要です。逆にいえば、この気付きがなければ、適切な治療やリハビリに発展させていくことができません。日ごろから細かいことに気を配ることができたり、分析力や洞察力がある人は、言語聴覚士に向いているといえるでしょう。

言語聴覚士と同じ分野の他の職業

理学療法士、作業療法士、音楽療法士

言語聴覚士の給料相場

年収にして300万円〜400万円くらいが目安となるでしょう。同じリハビリテーション関連の職業である理学療法士や作業療法士と比較すると、わずかながら給与は低めの傾向になるようです。年収500万円以上を望むのであれば、管理職を目指す必要があるといわれています。しかしながら、言語聴覚士はまだ人数が足りていないとされる職業であるため、地域や勤務先によってはかなり良い待遇で受け入れられることもあります。言語聴覚士の給料は勤務先によって異なりますし、病院や施設の規模でも差が出ることが多いため、収入を一番に考えたいのであれば、給与制度や待遇をしっかりと見ておく必要があるでしょう

言語聴覚士の現状

言語聴覚士は、医療職のなかでも最近になって注目されるケースが増えてきた職業です。高齢化社会が進み続ける現代の日本。リハビリに関わる専門職として、言語聴覚士の重要性がさまざまな場面でうたわれるようになり、これから職業としての需要はさらに増えていくことになると考えられます。言語聴覚士の専門領域である「言語」は、人と人とのコミュニケーションと深い関わりがありますし、言語を発するにあたって切っても切り離せない「口腔」に関することは、命をつなぐ食事と深く関わりがあります。こうしたものに関する高い専門性は医療現場だけでなく、福祉施設や学校など、さまざまな現場で生きてくることになります。

言語聴覚士の将来性

言語聴覚士のニーズは高まっており、職業としての未来は明るいものがあるといえますが、新しい価値観に対してしっかりと対応できる技術と考えを持っていなければ、自分自身で可能性を狭めてしまうかもしれません。

言語聴覚士の独立について

該当なし

コメントを残す

*

*