作業療法士

作業療法士 資格

作業療法士は、身体に障害や不自由を抱える人に対し、医師の指示のもとでリハビリを行い、日常生活に必要な能力を高める訓練・指導を行う仕事です。特に作業療法士が専門をするのは身体的・精神的なものになります。年度により難易度に変化があり、過去問があまり意味を成さなくなってきています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作業療法士は20代30代の男女が目指せる、需要の高い仕事です。
作業療法士は他にもリハビリテーション職と呼ばれています。

作業療法士

作業療法士ってどんな仕事?

作業療法士は、病気やケガなどが原因で身体に障害や不自由さを抱える人に対して、医師の指示の下でリハビリテーションを行い、日常生活に必要な能力を高める訓練や指導をする仕事です。作業療法士が専門とするのは、「リハビリ」のなかでも身体的・精神的なものになります。身体的なリハビリというのは、関節を動かしたり、筋肉を発達させる訓練を行ったりすることで、身体機能に問題を抱える人をよりよい方向へと導くことです。また、精神的なリハビリは、精神に障害のある人などに対して、考え方を変えたり、あるいは気分を発散させたりするアプローチを行い、社会復帰を図ります。どちらの場合も、ただ機械的に訓練を行えばいいというわけではなく、患者さん一人ひとりと向き合って、その人に合った方法でのリハビリを行います。

作業療法士になるためには?

過去問題集も多く出ているため、それらをできるだけ多く解き、どの分野が出題されるのかを自分で理解すること。専門問題については、共通問題で出される基礎的な内容が理解できていないと考えることも難しいといわれています。専門的な内容の問題は共通問題で出される基礎的な内容が理解できていないと、考えることも難しいといわれています。とにかく、すべてのベースになるのは基礎の部分です。まずは共通問題で高得点を取れるようにすること、苦手分野を徹底的につぶしていくことが大切です。

作業療法士の専門学校(養成所)や通信講座について

準備中です。

作業療法士

作業療法士の仕事例・報酬相場

作業療法士の他の職業例

総合病院、リハビリテーションセンター、精神神経科病院、介護老人保健施設、デイケアセンター、訪問看護事業所、肢体不自由児施設、身体障害者更生援護施設

作業療法士に向いている人

相手の困りごと、悩みに寄り添う気持ちがありそして、「自分がその人を助けるんだ」という熱意がある人。

作業療法士と同じ分野の他の職業

理学療法士、言語聴覚士、音楽療法士

作業療法士の給料相場

年収は350万円〜50万円くらいが相場となるでしょう。また、あまり多くはありませんがパート・アルバイトや派遣社員といった働き方もあり、その場合の時給は2,000円ほどとなっています。児童デイサービスや母子通園施設、発達障害児(者)センターなど、発達分野に関わる職場で働くことになると、人手が足りないということや施設自体の規模が小さいなどの理由から、より給料が低くなってしまうこともあります。

作業療法士の現状

作業療法士の数はだいぶ増えており、若い人も医療や福祉の場でおおいに活躍しています。一方、作業療法士という職業のあり方や存在価値に疑問を抱く人もいるようで、とくに「作業療法」と「理学療法」の差別化をしっかりと考えなければいけないという声はよく聞かれます。現状としては、同じリハビリに携わる仕事として作業療法士と理学療法士の役割が重なっている部分もあることが事実です。

作業療法士の将来性

作業療法士の活躍の場や可能性は、時代とともに広がりを見せています。
そうしたなか、この先も作業療法士自身が新しい領域を切り開いていくことが期待されています。
高齢者の認知症の悪化防止を目的に、作業療法士のリハビリが取り入れられるケースも増えているようです。今後も国家資格に裏付けられる専門性を生かしながら、心から患者さん一人ひとりと寄り添える作業療法士の活躍が期待されます。

作業療法士の独立について

該当なし

コメントを残す

*

*