看護師 資格 病院

医療・福祉・リハビリ系資格一覧

看護師

看護師は10代~20代前半の男女に根強い人気のある資格です。

看護師資格取得者は他には看護婦、看護士、ナースという名称で呼ばれております。

資格名:看護師

看護師の資格は「国家資格」です。

sponsored link

資格広場では看護師になるには?看護師なるためには?看護師になりたいを応援しております。

看護師になるために必要な知識

看護師なるために必要とされている知識は、幅広くとても量が多いものです。もちろん、実践的な医療行為に関する知識は大前提ですが、生物学的な知識はもちろん、物理学や心理学も必要になってきます。社会福祉に関する法律を知っておかなくては、患者や患者の家族、病院に迷惑をかけてしまうこともあります。また、医療技術は日夜進歩しているので資格を取った後も引き続き勉強しなくてはいけません。

看護師の資格は「厚生労働省医政局」が運営管理を行っております。

厚生労働省医政局とは:

厚生労働省医政局は、看護師や医師の国家試験を所管する団体です。薬剤師を除く多くの医療系試験を所管しています。

看護師 ナース 資格

▼ 仕事内容▼ 試験詳細▼ 資格取得者の傾向

看護師ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

看護師は医師の診療を補助したり、患者の体調などを管理するのが主な仕事です。手術を補佐する看護師もおり、看護師の仕事は多岐にわたります。診察や入院の際に我々がよくお世話になる外来看護師、病棟看護師や、我々が大きなけがや病気になったときに医療行為を行うオペ室看護師やICU看護師、と様々な看護師がいます。また、看護師は正看護師と准看護師と二つ資格があり、正看護師は国家免許ですが、准看護師はそうではありません。実務面において正看護師と准看護師に差はありませんが、待遇においては顕著に差が表れます。看護の仕事につきたい人は、正看護師を目指した方がいいでしょう。

看護師資格取得の為の勉強法

看護師の資格を取得するための勉強法で、特に変わっている勉強法などはありません。医療に関する専門的な知識は必要ですが、教科書や過去問をしっかり勉強することが看護師の資格試験合格への一番の近道と言えるでしょう。多くの人は看護師を養成するための専門学校などに通っているので、分からないことは遠慮せずに周囲に質問するといいでしょう。

看護師の試験料・試験の内容・合格発表について

看護師資格試験料

看護師の試験の試験料は5,400円です。もちろん、受験願書を取り寄せたり送ったりする時にかかる費用は自己負担です。

看護師試験・検定の年間試験回数

看護師の資格試験は年に1回です。例年2月に行われています。1年に1回しかないので、新卒で内定先の病院がある学生は気が抜けないスケジュールになります。

看護師の試験科目等の内容

看護師の資格試験は午前問題120問と午後問題120問になります。問題数はとても多く、計算問題などもあります。日ごろからたくさんの問題を解くことに慣れておきましょう。試験内容としては、人体の構造や疾病についてや、様々な年齢やシチュエーションの看護、そして社会保障などの法律についてです。レントゲン写真を見て答えたり、薬剤を作るときの分量を計算したりととても専門性の高い試験です。

看護師資格の難易度

合格率は毎年おおむね9割の看護師の資格試験ですが、試験そのものの難易度はかなり高いものになっています。ほとんどの受験生は看護師を養成する専門学校などに通っているので、しっかり勉強が出来るでしょう。

看護師資格の合格率について

看護師の資格試験は専門知識も多く必要で、机の上での勉強だけでなく実技も学ばなくてはいけません。看護師の資格試験のための勉強はとても大変ではありますが、合格率は毎年9割前後と、高い合格率です。

看護師試験の合格発表

合格が発表されるのは試験日から1か月後くらいになります。試験に合格していれば、合格発表から1週間前後で合格証書と合わせて点数などが郵送されます。当日に知りたい場合は、厚生労働省のHPにアクセスするのが1番です。合格していれば、HPに受験番号が掲載されています。その他にも、厚生労働省と地方の厚生局などに張り出されています。

sponsored link

看護師資格取得後の傾向

看護師の職業例

看護師、助産師

看護師に向いている人

看護師は親切で優しい人が多いイメージとは裏腹に、ストレスの多い大変な職業です。毎日の業務を乗り切るには、たくさんのストレスや縦社会に耐えうる忍耐力と、何事にも動じず対応できる平常心、いろんな人に分かりやすく医療行為を説明したり、「チーム医療」をつつがなく維持できるようなコミュニケーション能力、何より患者の命を預かっているという責任感が必要とされています。

看護師と同じ分野の他の資格

医師、薬剤師、保健師、助産師、救急救命士、歯科医師、獣医師、歯科衛生士

看護師の給料相場

よく知られているように、看護師は同年代の平均給与よりも高い傾向があります。平均月収が30万円前後だったり、年収が低くても400万円、高くて600万円ほどと、給与面ではとても恵まれています。基本給よりも、夜勤などの手当てが看護師の給与を高くしています。

看護師の現状

看護師は求人は沢山ありますが、看護師の数が追い付いていないのが現状です。就職や転職はしやすいものの、人手不足のために休みが取れない、残業や夜勤が多いといったオーバーワークになりがちな職業です。看護師不足の根本的な問題は複雑な医療制度と言われていますが、抜本的な改革が難しい分野なので、看護師不足が解消されるのは遠い未来かもしれません。

看護師の将来性

医療業界は今までも、そしてこれからも安定して需要がある業界です。需要はあるものの、医師や看護師の供給が間に合っておらず、10数年などの長年のブランクがあるなど問題はなく、ある程度のスキルをもつ看護師であれば、就職先には困らないでしょう。ただ、患者の命を預かっているのでそれに伴い責任感と、日々発展にしていく医療技術を積極的に学び、自らスキルアップしていく気概が必要ではあります。

看護師の独立について

看護師の資格を持っている人が、その資格だけを元に独立するということはほとんどないでしょう。看護師は給与や需要的にも安定している職業なうえ、仕事内容はほとんどが医師の補佐だからです。また、診療所やクリニックを開業する際にも多くの資格などが必要になるため、独立するよりももっと条件のいい病院に転職する方がリスクが低くもあります。

こんな著名人の方も看護師資格を持ってます。

林原めぐみ、古川えり、古川まり、蛯原英里

関連記事

  1. 医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    医療秘書技能検定

    医療秘書技能検定は幅広い年齢層の男女が目指せる、近年、採用に積極的にな…

  2. 助産師 妊婦 資格

    医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    助産師

    助産師は20代30代の女性に近年人気が上がっている資格です。助産師…

  3. 睡眠改善インストラクター とるには

    医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    睡眠改善インストラクター

    睡眠改善インストラクターは幅広い年代の男女が目指せる、これから先需要が…

  4. 医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    医師・医者

    医師は10代20代の男女にやりがいのある資格です。 医師資格…

  5. 臨床工学技士 資格

    医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    臨床工学技士

    臨床工学技士は幅広い年齢層の男女が患者さまの命を守る資格です。臨床…

  6. ケアマネージャー 資格

    医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    ケアマネージャー(介護支援専門員)

    ケアマネージャー(介護支援専門員)は幅広い年齢層の男女が対象の、どの職…

評価平均:評価なし/5
コメントはまだありません

No comments yet.

口コミ・体験談・勉強法等ご自由にコメントしてください。

メールアドレスは公開されません。いたずら防止のため承認制を取らせて頂いております。

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。



*

最近の記事

Sponsored Link
PAGE TOP