ケアマネージャー(介護支援専門員)

ケアマネージャー 資格

Tweet Tweetケアマネージャー(介護支援専門員)は幅広い年齢層の男女が対象の、どの職場でも重宝される資格です。 資格名:ケアマネージャー(介護支援専門員) 目次1 ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格は「公的 […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアマネージャー(介護支援専門員)は幅広い年齢層の男女が対象の、どの職場でも重宝される資格です。

資格名:ケアマネージャー(介護支援専門員)

ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格は「公的資格」です。

sponsored link

専門学校・短大・大学10箇所を一度に資料請求や願書取り寄せを行うだけで全員にもれなく
1000円分の図書カードを全員にプレゼント!!

資料請求キャンペーン
キャンペーン詳細を見る

資格広場ではケアマネージャーになるには?ケアマネージャーなるためには?ケアマネージャーになりたいを応援しております。

ケアマネージャー(介護支援専門員)になるために必要な知識

ケアマネージャーになる前の専門分野における豊富な実務経験のほかに、幅広く保健、医療、福祉の総合的な知識が要求されます。また、介護保険制度の知識はもちろんの事、その利用手続きや介護サービス、介護保険以外のさまざまな知識も必要不可欠です。ケアプランの作成や介護給付費の計算のためにパソコンのスキルも必要になります。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格は「公益財団法人社会福祉振興・試験センター」が運営管理を行っております。

公益財団法人社会福祉振興・試験センターとは:

公益財団法人社会福祉振興・試験センターは、各都道府県より受託して試験問題の作成を行っています。

ケアマネージャー 資格

▼ 仕事内容▼ 試験詳細▼ 資格取得者の傾向

ケアマネージャー(介護支援専門員)ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

ケアマネジャーは介護に関する専門職であり、保健・医療・福祉の分野で実務経験がある人が取得できる公的資格です。2000(平成12)年4月に介護保険制度が始まるにあたって新しく誕生した資格で、正式には「介護支援専門員」といいます。支援が必要な人、その家族などからの相談に応じて、その人が心身の状況に応じて最適なサービスが受けられるように、総合的なコーディネートやマネジメントを行います。介護保険制度を推進していくうえで、支援が必要な人やその家族と、介護サービス等を提供する施設や業者とをつなぐ橋渡し的な役割を担っています。

ケアマネージャー(介護支援専門員)資格取得の為の勉強法

まずは問題集をひとつ用意し、最初は分からなくても、何度も繰り返して問題を解いてみましょう。多くの問題集に手をつけるのではなく、メインの問題集をしっかりと解いてみることから始めるとよいでしょう。過去問題を入手して、どういう設問パターンがあるかを把握し、問題傾向や設問パターンに慣れることも大事なことです。何度も問題を問いていくうちに、自分はどの分野やどんな問題に弱点があるのか気付くと思います。試験ではまんべんなく得点がとれるように、日ごろからこつこつと勉強して、弱点克服をして試験に臨むとよいでしょう。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の試験料・試験の内容・合格発表について

ケアマネージャー(介護支援専門員)資格試験料

該当なし

ケアマネージャー(介護支援専門員)試験・検定の年間試験回数

試験の日程や内容は全国共通だが、年に一回都道府県単位で行われる。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の試験科目等の内容

試験は毎年1回・10月に、全国の都道府県で行われます。全問が5肢複択のマークシート方式による筆記試験です。問題数/60問試験時間/120分

ケアマネージャー(介護支援専門員)資格の難易度

2014年度の試験までは、ケアマネジャー試験の合格には、職業別に異なる試験内容の受験と正答数が必要でした。医療知識が豊富な医師や看護師は、医療に関する問題、介護福祉士には福祉の問題が免除されていましたが、2015年度の試験からは解答免除制が廃止され、職業別に区別されることなく、すべての人がすべての問題を解く試験に見直された為難易度があがったように思われます。

ケアマネージャー(介護支援専門員)資格の合格率について

ここ数年間の合格率は20%以下と、第1回の44%からずいぶん下降してしまいました。合格率が年々下がっている理由は、さまざまな憶測が飛び交っているものの、はっきりとしていません。ただ、介護保険制度が始まった当初は、「とにかくケアマネジャーの人数が必要だった」ために、合格基準がそれほど厳しくなかったのではないかと考えられています。とはいえ、近年はケアマネジャーの質の低下が問題視され、2015年度から試験免除の廃止や問題数の増加など、試験内容が厳しくなりました。合格率が下がった理由が、「良い人材を育てるための厳正な審査の結果」との意見も、間違いではないのかもしれません。

ケアマネージャー(介護支援専門員)試験の合格発表

当センターホームページに、合格者の受験番号のみ公表します。また、厚生労働省及び当センターに、合格者の受験番号を掲示します。郵送は東京から発送します。なお、結果通知は、普通郵便の封書またははがきです。

sponsored link

ケアマネージャー(介護支援専門員)資格取得後の傾向

ケアマネージャー(介護支援専門員)の職業例

居宅介護事業所、介護支援センターや介護保険施設

ケアマネージャー(介護支援専門員)に向いている人

ケアマネジャー(介護支援専門員)の仕事は人を相手にして成り立っている仕事です。いろいろな人に関わり、さまざまな問題に関わっていかなくてはいけないので、人づきあいを苦手に思わない人や人間関係に気配りができる人、明朗活発な人、明るく物事を考えられる人が、この仕事に向いています。

ケアマネージャー(介護支援専門員)と同じ分野の他の資格

介護福祉士

ケアマネージャー(介護支援専門員)の給料相場

10人〜99人の事業所に勤めるケアマネジャーの平均年収は370万円、100〜999人規模は370万円、1,000人以上規模は379万円、10人以上規模平均は371万円となっています。 ケアマネジャーの年収は、年齢が上がってもあまり変わらない傾向にあります。男性と女性を比較すると、男性のほうがやや高い給与をもらっている傾向にあります。男性の平均年収は396万円、女性の平均年収は361万円となっています。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の現状

介護保険制度は5年に一度見直しが行われ、そのたびにケアマネジャーは新しい制度に対応できるよう敏感に働かなくてはいけません。ケアマネジャーの仕事に直接関係する制度の変更があるので、対応が大変です。また、ケアマネジャーが受け持つことができる利用者の数は以前よりも少なくなってはいますが、事務的な量は減っていません。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の将来性

今後20年に及ぶ超高齢化社会に向けて、ケアマネージャーの重要性は高まるばかり。ケアマネジャーの職務域は拡大されており、なんといっても、現在ではケアマネジャーの知名度は上がり、地域の身近な存在として重要となっています。ケアマネージャーの仕事はこれからが正念場です。介護ビジネスの発展は目覚ましいものがあり、ケアマネージャーの職業としての将来性は期待できます。とくに高い専門性をもつケアマネージャーには、主任ケアマネージャーや居宅介護支援事業所の管理者などキャリアアップの道も拡がります。今後さらに社会的な認知度が上がり、社会的な地位も高くなることが期待される職種です。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の独立について

ケアマネージャーは介護事業で独立開業する場合に非常に有利な資格です。ケアマネージャーは利用者のケアプランを作成し、ケアプランに基づき介護サービスが提供されるため、自身で他の介護サービスを営業し、そこに紹介できれば、利用者の獲得ができます。業種を問わず、利用者を集める営業がうまくいくことが重要ですが、ケアマネージャーは営業の才覚があれば営業を行うことができます。

こんな著名人の方もケアマネージャー(介護支援専門員)資格を持ってます。

該当なし

コメントを残す

*

*