医療事務になるには?独学でも試験を受けて資格取得できる?

masman

by kitasan

更新日:2019-10-17

公開日:2019-04-26

医療事務になるには

年齢問わず女性を中心に圧倒的人気を誇っている医療事務の資格ですが、医療事務になるには資格が必ず必要なのでしょうか?未経験でも医療事務になる方法や、独学で試験を受験し資格を取得できるのかなど、医療事務に関する疑問に回答していきます。

       

ここ数年、女性を中心に人気のある医療事務のお仕事は、求人数も多く安定して長く働くことができると子育て中の主婦にも話題になっている職業です。

自分のライフスタイルに合わせた働き方ができる医療事務になるには、必ず資格が必要になってくるのでしょうか?

この記事では、独学で試験に合格することができるのか、未経験でも医療事務になれるのかなど、医療事務についての疑問を解決していきます。

医療事務になるには

医療事務になるには

医療事務になるには資格が必要なのか、未経験からでも目指せるのかなど、気になることがたくさんありますよね?

ここでは、医療事務に必要な資格や、未経験で医療事務になる方法などを紹介していきます。

医療事務に資格は必要?

医療事務の資格は国家資格ではなく民間資格なので、医療事務で働く際に資格を取得していないと働けないといったことはありません。ですので、医療事務になるには特別な学歴や資格は必要ないといわれています。

また、年齢も問わず募集していることが多いので、若い方から年配の方まで様々な世代の方が活躍できる職業です。

ですが、資格を取得していることで就職に有利になる場合が多く、医療事務を目指しているのであれば資格を取っておいたほうが良いかもしれません。

未経験で医療事務になれる?

医療事務になるには、資格の有無や学歴に左右されることがないので、未経験でも医療事務を募集しているクリニックや病院が数多く存在します。

医療事務の未経験者を募集している求人であれば、全く医療事務のスキルや知識がなくても採用されるケースは大いに考えられます。

ただし、資格がない未経験の場合、雇用形態がアルバイトやパートからのスタートになることも多く、正社員雇用を考えている方は実績を積むところから始めることになる可能性もあります。

医療事務でアルバイトを募集している?

医療事務になるには、アルバイトを募集している病院やクリニックなどの医療機関を探すのも1つの手段です。

アルバイトとして医療事務の仕事を覚えながら、独学で資格を取得する方も多くいらっしゃいます。

また、独学でも資格を取得できれば、アルバイトから正社員を目指すことも可能であるといえるでしょう。

医療事務資格には複数の種類がある?それぞれの難易度とおすすめ資格
医療事務資格には複数の種類がある?それぞれの難易度や合格率はどのくらい?おすすめの医療事務資格はどれ?就職に資格の取得は必須?それとも任意?専門学校はある?独学しかない?
医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)資格取得の難易度は...
医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)は、受付業務・会計業務・オペレーター業務等全般、診療報酬請求事務を正しく行うのに必要な能力を認定する資格です。

コスパ良く資格をGET!

メディパートナーバナー

比べて選ばなきゃ損!!
有名なスクールから実は穴場の超おすすめ通信講座まで、67,000以上もの情報から客観的に比較してあなたにピッタリな講座を選べる!!

資料はすべて無料で、たった1分の簡単な基本情報の入力で一括資料請求可能!!

簡単!無料資料請求はこちら

医療事務の資格取得について

医療事務の職業の人気が高まっていることもあり、医療事務の民間資格は数多く存在しています。

そこで、おすすめの医療事務の資格試験や独学で医療事務の資格を取得する方法を紹介していきます。

おすすめの医療事務の資格

医療事務の資格の試験には3つの種類があり「医科」「調剤」「歯科」に分けられます。資格試験の難易度も、どの種類を選ぶかで変わってきます。

ここでは、知名度が高く人気のある医療事務の資格試験を紹介していきます。

  • 日本医療保険事務協会「診療報酬請求事務能力認定試験」
  • 技能認定振興協会「医療事務管理士技能認定試験」
  • 全国医療福祉教育協会「医療事務認定実務者試験」
  • 日本医療教育財団「医療事務技能審査試験」

どれも有名な資格試験なので、医療事務になるには有効な資格であるといえます。

ただし、医療事務の資格には様々な種類があるので、自分自身の目的に合わせた資格を取得することも重要です。

医療事務になるには独学で通信講座を利用する

医療事務の資格を取得するには様々な方法がありますが、独学で通信講座を利用する方法が効率よく資格を取得する方法だといえます。

独学で通信講座を利用するのは、学校やスクールに通うよりも学費がかからないのもメリットといえます。

また、取得したい医療事務の資格が決まっているのであれば、試験対策を行ってくれる講座もあるので、自分の目標に合わせて勉強できるのも通信講座の特徴の1つです。

医療事務になるには独学でテキストを使用する

自分で計画を立てたり、地道にコツコツと勉強することに苦を感じない方であれば、市販のテキストで独学で勉強する方法もおすすめです。

書店でも数多くの医療事務関係のテキストを取り扱っているので、自分に合った教材を手に取って確認できるのも独学のメリットといえるでしょう。

また、市販のテキストで独学することで、通信講座よりも費用を大幅に抑えることができるのも嬉しいポイントです。

医療事務管理士技能認定試験の合格率や医療事務との違いについて解説
今回は医療事務と医療事務管理士の違いについて紹介します。医療事務といえば病院の窓口とも言える職業でもありますが、医療事務管理士とは何が違うのでしょうか?さらに医療事務管理士技能認定試験の詳細、合格率、難易度も併せて紹介します。
医療事務検定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析
医療事務検定試験は日本医療事務協会が主催する資格で、受験資格は特にありません。取得するには、独学でも問題はありませんが、医療への専門性が高いことから、医療事務系の専門学校へ通うことがオススメされています。

コスパ良く資格をGET!

メディパートナーバナー

比べて選ばなきゃ損!!
有名なスクールから実は穴場の超おすすめ通信講座まで、67,000以上もの情報から客観的に比較してあなたにピッタリな講座を選べる!!

資料はすべて無料で、たった1分の簡単な基本情報の入力で一括資料請求可能!!

簡単!無料資料請求はこちら

医療事務の資格を取得したほうが良い理由

医療事務になるには

医療事務になるには未経験でも無資格でも問題ありませんが、やはり資格取得者の方が優遇される場合が多いです。

この先では、医療事務の資格保有者のメリットを紹介したいと思います。

資格取得で就職が有利になる

医療事務になるには、医療事務の資格を持っていない方よりも資格保有者の方が採用されやすいのは事実です。

また、資格を持っていれば正社員雇用で採用される場合や、未経験の方よりも初任給が高い金額からスタートできる可能性もあります。

さらに、医療事務の仕事に就職後も、ある程度の知識やスキルがあった方が昇給や昇格のチャンスがあるといえます。

資格取得で待遇が良くなる

医療事務の資格を取得していると正社員になりやすく、パートやアルバイト、派遣社員よりも待遇面で優遇されやすくなります。

そして、医療事務として勤務する病院やクリニックなどの医療機関によって異なりますが、資格手当が発生する場合もあります。

医療機関によって産休や育休制度を設けていたり、社会保険や賞与・退職金が用意されているケースも。

資格取得で給与が増える

資格保有者と未経験者では、給与の面で大きく差があるのは確かなようです。

医療事務の正社員の平均給料がおおよそ月給26~30万程度、年収300万~400万前後であるのに対し、医療事務の派遣社員やアルバイトでは月給15万~18万円程度、年収180~220万円前後となっています。

見ての通り、100万円近く差がでてきてしまうのが現状です。医療事務になるには、資格を取得し正社員を目指すのが給与面でも安心できそうですね。

医療事務になるには資格が必要?独学で試験に合格する方法

医療事務になるには必ずしも資格や学歴が重視されるわけではないので、未経験からでも医療事務を目指すことは可能です。

ただし、やはり資格を持っていた方が就職にはもちろん、医療事務として働き始めてからも有利になることが多いので、資格を取得しておくことに越したことはありません。

資格試験に合格するには通信講座を利用したり、市販のテキストを使用して独学で勉強する方法などがありますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

コスパ良く資格をGET!

メディパートナーバナー

比べて選ばなきゃ損!!
有名なスクールから実は穴場の超おすすめ通信講座まで、67,000以上もの情報から客観的に比較してあなたにピッタリな講座を選べる!!

資料はすべて無料で、たった1分の簡単な基本情報の入力で一括資料請求可能!!

簡単!無料資料請求はこちら

コメントを残す

*

*