歯科医師

歯科医師は、医師資格に次いで難関といわれる資格です。年々合格率が下がってきており、歯学部に入学できても国家試験で落ちてしまうことも多々あります。近年は供給過多となっており、コンビニの店舗数の1.6倍歯科医院があるといわれています。そのため、歯学部の定員削減や国家試験の難易度を上げる施策が行われています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医師は10代20代の男女が目指せる、需要の高まっている資格です。
歯科医師資格取得者は他にも歯医者と呼ばれております。

歯科医師の資格は「国家資格」です。

sponsored link

専門学校・短大・大学10箇所を一度に資料請求や願書取り寄せを行うだけで全員にもれなく
1000円分の図書カードを全員にプレゼント!!

資料請求キャンペーン
キャンペーン詳細を見る

資格広場は、歯科医師になるには?歯科医師なるためには?歯科医師になりたいを応援しております。

歯科医師になるために必要な知識・受験資格

歯科医師は医師に比べ対象とする部位は限られますが、解剖学や生理学などの基礎科目では全身について学びますし、臨床科目では、歯学の専門科目だけでなく、内科、外科などの関連医学も学ぶことになります。また、法律分野では歯科医師法を学ぶことになりますが、歯科治療を伴う全身麻酔なども行うことや死亡診断書も書くこともできますので医療分野ではとても重要な資格となります。

歯科医師の資格は「厚生労働省医政局」が運営管理を行っております。

厚生労働省医政局とは:
厚生労働省医政局は、歯科医師の国家試験だけでなく、様々な医療系の国家試験を運営している団体です。

歯科医師

歯科医師ってどんな仕事?(仕事内容など)

歯科医師とはみなさんも一度は掛かったこともある歯医者さんの資格となります。歯学に基づいて診断や治療、傷病の予防、保健指導や健康管理などを行います。治療では虫歯の処置や入れ歯、詰め物、差し歯などの製作や装着、歯の矯正、インプラントなどの外的治療だけでなく、口腔領域の腫瘍なども対象となります。このように、歯科技工士の業務である入れ歯などの補綴物(ほてつぶつ)を作成することができ、口腔内の内科的な治療もすることができる資格となります。

歯科医師資格取得の為の勉強法

一般的には、歯科医師養成機関(大学)で6年間の大学教育を受けなければなりません。歯科医師養成機関は国立大学で11機関、公立大学で1機関、私立大学で17機関の計29機関となります。

歯科医師の専門学校や通信講座について

準備中です。

sponsored link

歯科医師の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

歯科医師の資格試験料

18,900円が受験手数料となります。受験願書に受験手数料相当額の収入印紙を貼ることで納付となります。収入印紙に消印はしないこと。

歯科医師試験・検定の年間試験回数

試験は年1回2月に2日間に分けて行います。大学によって異なりますが、その試験前後に卒業試験をおこないます。試験前に卒業試験を行う大学の場合、結果次第では国家試験を受けさせてもらえず留年となる場合もあります。

歯科医師試験科目等の内容

平成27年度では、出題総数365題のうち、必修の基本的事項が約20%、歯科学総論が約30%、歯科医学各論が約50%の出題割合となっている。出題形式はA タイプ(5つの選択肢から1つの正解を選ぶ形式)、X2 タイプ5つの選択肢から2つの正解を選ぶ形式)、XX タイプ(5つの選択肢から正解数を指定せずに正解を選ぶ形式)、LA タイプ(6つ以上の選択肢から1つの正解を選ぶ形式)及び計算問題(数値を解答させる非選択形式)が採用されています。

歯科医師資格の難易度

医療系では医師国家資格に次いで難易度は高くなっております。大学で6年間学ぶことが必要とされるだけでなく、学部偏差値も高くまた、合格率からもわかるように、大学に通ったら必ずしも合格できることではないことでもわかります。近年では歯学専門の予備校などもあり、現役時代から通われている生徒さんも多いみたいです。

歯科医師資格の合格率

受験者数は毎年3,100~3,500人となっています。合格率は年々下がってきており、平成22・23・24年での合格率はそれぞれ71.0%・71.1%・71.2%に対し、翌年からの平成25・26・27年では63.3%・63.8%・63・6%に下がっております。新卒と既卒での合格率では、平成27年度でそれぞれ72.9%・47.4%と新卒のほうが高い割合になっております。

歯科医師試験の合格発表

毎年3月中頃に厚生労働省及び地方厚生局にその受験地及び受験番号を尾掲示して発表しています。

sponsored link

歯科医師

歯科医師資格取得後の就職先・報酬相場

歯科医師所持者の職業例

歯科医師、歯科技工士

歯科医師に向いている人

国民の健康を確保する職業のため、清潔感がなくてはなりません。また、生死に携わることもあるため、責任感も必要です。保健指導をつかさどることにより、公衆衛生の向上、増進に寄与することを担うことも必要です。

歯科医師と同じ分野の他の資格

医師、薬剤師、看護師、

歯科医師の給料相場

経験や医院の大きさなどにより変わりますが、常勤の歯科医師の場合、年収が450~800万円ほどになります。開業医の場合、1000万円を超える年収の人もいますが、歯科矯正や保険外診療などの専門性の高い技術がないとなかなか難しいと思います。平均年収は約650万円となっております。

歯科医師の現状

毎年2,000人ほどの人が歯科医師国家資格に合格し免許を交付されます。現状は供給過多になっており、平成22年の調査では歯科医師数が10万人を超え、平成23年ではコンビニの店舗数より1.6倍も歯科医院数が多くなっております。そのため国も歯学部の定員削減を行ったり、歯科医師国家試験の難易度を上げることをおこなっている。合格率が低い大学では国からの補助金が減らされてしまうため、卒業時に留年させることで合格率を調整する大学もあります。

歯科医師の将来性

人口減少に伴い、今後も歯科受療率は下がる傾向がある。そのため、今後も歯科医師国家試験の難化や大学募集人員の削減などがみられるはずです。現場では、痛くならないと医院へ行かない患者が多いため、保健衛生上の予防という観点からも、医院に行くハードルを下げるように推進していくことも必要でしょう。また、近年はインターネットの普及により、医院の評判が患者にすぐに分かるシステムになっています。そのため、独立する場合には歯科医師の腕だけでなく経営の目線も重要視されるようになっていきます。

歯科医師の独立について

独立開業する場合、コンビニの店舗数の1.6倍ある歯科医院の現状を踏まえると、歯科医師としての腕だけでなく、経営者としての振る舞いも必要となるはずです。いざ開業してから税金やサービスの点などを学んでては遅いので、常勤で勤めているときや、学生時代などにプラスになる経営的な勉強をしておこくとも必要です。

歯科医師資格を所有している主な著名人

Greeen全メンバー(navi・HIDE・92・SOH)

関連する医療・福祉・リハビリ系資格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する医療・福祉・リハビリ系の資格をご紹介します。

 

このほかにも、資格広場ではたくさんの資格を紹介しています。
興味のある資格を見てみましょう!

コメントを残す

*

*