歯医者の気になる年収は?勤務医と開業医の違いについてもご紹介

masman

by MATSUZAWA

更新日:2019-05-11

公開日:2019-05-11

歯医者

今回は歯医者に関して、一般的に高額と言われている歯医者の平均年収について詳しくまとめました。また、勤務医と開業医の違いや仕事内容についても紹介するのでぜひ参考にしてください。

       

虫歯の治療や口周トラブルの予防や治療を行う歯医者

だれでも一度は歯医者を利用したことがあるため業務内容についてはご存知かと思いますが、歯医者には勤務医と開業医の主に2つの働き方があります。

今回は業務における双方の違いや一般的に高額と言われている平均年収について詳しく紹介します。

将来歯医者を目指している方はぜひ参考にしてください。

歯医者(歯科医師)とは?

歯医者

皆さんもすでにご存知の通り、歯医者とは虫歯や歯周病など歯の治療や口内や舌など口腔内全般の診察や治療を行う専門家です。

その他にも、歯のかみ合わせや抜歯等に関する治療や手術も行うときがあります。

歯医者といってもいくつか異なる分野があり、虫歯などの治療を行う一般的な歯医者に加えて、歯科矯正や歯のホワイトニングなどを専門に行う審美歯科があります。

勤務医と開業医

また歯医者は雇用形態によって働き方が異なり、大きな大学病院内にある一般歯科、小児歯科、歯科口腔外科などの部門で勤務医として働く場合と、自らクリニックや歯科医院を起ち上げ開業医として働く2パターンあります。

とは言っても、日本では勤務医として働く歯科医師よりも開業医としてはたらく歯科医師の数のほうが圧倒的に多いです。

勤務医、開業医いずれにしても歯医者は業務を行う上で複数の歯科衛生士や歯科助手、その他スタッフと一緒に連携して働くことになるため、お互いの信頼関係の構築やコミュニケーションも重要になります。

歯医者の仕事内容は?

歯医者には勤務医、そして開業医としての働き方がありますが、同じ歯科医師免許を持った歯医者であることから主な仕事内容はさほど変わりません。

強いて挙げるとすれば、開業医の場合は歯医者としての専門業務に加えてクリニックや経営業務を行うことになります。

それでは、歯医者の主な仕事内容についていくつか見ていきましょう。

その1:虫歯や歯周病など、口腔内の治療や診察

虫歯や知覚過敏などの歯周病など、口腔内の治療や診察が歯医者のメイン業務となります。

診察においては、特殊な器具や鏡を使いながら虫歯や歯周病になりやすい箇所を見つけて食べかすやクリーニング等を行い、虫歯がある際には実際に治療を行っていきます。

治療の際に必要がある場合は抜歯のための麻酔も歯科医師自ら打つことになります。

歯医者というと歯に関する治療のみと思われがちですが、舌や顎、歯肉、かみ合わせなど口腔内全般の診察及び治療を行います。

歯科医師はその他にも口臭に予防に関するアドバイスや、小学校や中学校に出向き歯科検診を行う場合もあります。

その2:歯のホワイトニングや矯正

虫歯等の診察や治療以外にも、審美歯科という分野で働く歯科医は歯のホワイトニングや矯正治療に携わります。

審美歯科というのはそもそも歯周病の治療ではなく美容や整形を目的とした分野で、タバコや食事などで黄ばんだ歯を白くするホワイトニング治療や歯並びを治すための矯正治療を行います。

一般的な虫歯等の治療は医療行為であるため保険適用になりますが、一方でホワイトニングや一部の矯正治療は保険適用外となることが大きな違いとなります。

歯医者の気になる平均年収は?

歯医者

以上の2点が歯医者の主な仕事内容となります。

それでは将来実際に歯医者になることを目指している方もいると思うので、歯医者になる方法や気になる平均年収、また、歯医者として働く上での苦労ややりがいについて一緒に見ていきましょう。

歯医者になるには?

歯医者になるには、歯科大学や一般大学の歯学部において6年間みっちり専門知識とスキルを身に着け、卒業後に歯科医師の国家試験に合格する必要があります。

合格後は実際の現場において1年間の研修を行い、研修修了後に歯科医師として業務に就くことができます。

歯科医師になるためには大学において6年間学ぶ必要があるため他の学部に比べて学費が高額になり、また公立と私立では卒業までにかかる学費が8倍近くことなります。

歯医者の平均年収

一般的に高額と言われている歯医者の年収ですが、歯医者は国家資格であり非常に高度な専門スキルと知識を必要とする職業であるため他の職業にくらべて年収は高額になっています。

勤務地や経験によっても変動しますが、勤務医として常勤で働く場合、月給は30〜50万円と言われており、それに加えて手当が支給されるため、平均年収は500〜800万円程度が相場といわれております。

一方開業医の場合は経営状況によって異なりますが、上手く経営を回すことができれば1000万円以上稼ぐことも不可能ではありません。

歯医者の収入はもともと高めですが、インプラントや矯正治療など特別な専門技術を持っていることで更に高収入を見込むことができるのです。

歯医者の苦労ややりがい

歯医者は働き方や専門分野によって業務の内容や業務時間も異なりますが、特に開業医は常に多忙を強いられるケースがほとんどです。

というのも歯科医師としての専門業務に加えて委員やクリニックの経営、また研究や学会への出席もする必要があるからです。

そのため、多忙になり身体的負担を抱えやすいというのが歯医者として働き最大の苦労となります。

しかし、虫歯や歯周病というのは口腔内だけでなく身体全体の健康にも影響を及ぼすことがあるため、それらの治療や診察を行うことによって患者の健康的な暮らしに貢献できることがやりがいとして感じることができます。

歯医者の平均年収はまとめ?

今回は歯科医の仕事内容や開業医、勤務医の違い、また平均年収について詳しく紹介しました。

一言に歯医者と言っても専門分野によって虫歯の治療などを行う一般的な歯科医師とホワイトニングや矯正治療を専門医行う審美歯科に努める歯科医師がいます。

また、大学病院等で働く勤務医、そして自分のクリニックや歯科医院で働く開業医がいます。

歯科医師になるためには専門知識やスキルについて大学において6年間しっかり学ぶ必要があり、国家試験も難易度が高いため歯医者になるための道のりは大変険しいものとなっています。

しかし、私達の健康に重要な役割を担っているため平均年収は他の職業に比べて高額になっています。

コメントを残す

*

*