医療・福祉・リハビリ系資格一覧

医師・医者

医師は10代20代の男女にやりがいのある資格です。

医師資格取得者は他にはお医者さん・先生・医者という名称で呼ばれております。

資格名:医師

医師の資格は「国家資格」です。

sponsored link

資格広場では医師になるには?医師なるためには?医師になりたいを応援しております。

医師になるために必要な知識

人体を理解する上で膨大な知識を必要とします。専門分野があったとしても受験には総合的な知識が必要となっていきます。大学で6年間学ぶことでもわかるように、学科的な知識もとても膨大となりますが、研修での実技が伴っていないと医者にはなれませんので、経験が重要です。

医師の資格は「厚生労働省医政局」が運営管理を行っております。

厚生労働省医政局とは:

医師国家試験は、厚生労働省医政局が管理運営しています。医師だけでなく、看護師や助産師の国家試験も運営しています。

医師 医者 資格

▼ 仕事内容▼ 試験詳細▼ 資格取得者の傾向

医師ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

皆さんが思われている医師の仕事とは、病院で患者さんと向き合い、診察や治療を行うことを目的としていると思います。そのような皆さんと触れ合うことを行う医師のことを「臨床医」と言います。臨床医の仕事は来院した患者さんの容態を伺い、目で見る視診や実際に患者さんに触れて触診するなどを行い、容態の原因を探ります。病名が分かった場合、症状に合わせて注射や点滴などを行ったり、薬を処方したりします。また、入院が必要な場合には精密検査を行い手術なども行います。大学病院や日赤などの大きな病院などは「内科」「外科」「小児科」など専門的な分野に分かれていてそれぞれ専門の医師が担当を行います。町の診療所では総合的に診る必要があるため幅広い知識を必要とします。そしてもうひとつの医師の仕事が、研究者としての「研究医」の仕事です。患者さんの全ての容態を改善できるとは限りません。まだまだ治療が不可能な病気や原因が分からない病気など沢山あります。研究医はこのようなまだ治療が不可能な病気を解明するために大学や病院で実験をしデータを集め、治療不可能な病気の根絶を目指し研究を行っております。

医師資格取得の為の勉強法

一般的には日本の大学の医学部医学科で6年間の学業を終え卒業することで受験資格を得ることができます。しかし、医学部医学科は他の大学の学部よりも受験難易度が高いため、入学するための受験戦争を勝ち抜くことがとても大変です。外国の医学校を卒業した人、または外国で医師免許を取得した人は、厚生労働省の「医師国家試験受験資格認定」の審査結果として受験資格を得るか、「医師国家試験予備試験受験資格」を認定を受けることで受験資格を得ることができます。過去問での問題が半数を占めているため、重要な過去問をしっかりと復習することが重要です。また、臨床現場を意識した最新の医療や現場の声の意識も必要です。

医師の試験料・試験の内容・合格発表について

医師資格試験料

15,300円が受験手数料となります。受験願書に受験手数料相当額の収入印紙を貼ることで納付となります。収入印紙に消印はしないこと。

医師試験・検定の年間試験回数

試験は年1回2月に3日間に分けて行われます。

医師の試験科目等の内容

9ブロックに分かれ、1日3試験、計3日間の試験期間に総問題数が500問出題される。問題は必修問題、医学総論、医学各論に分かれており、それぞれ一般問題、臨床実地問題があり、必修問題は8割以上の正答が求められる。科目配分はバラバラであるため、幅広い知識が必要となってきます。

医師資格の難易度

合格率90%以上の医師国家試験ですが、受験するまでがとても長く険しい道のりです。入学する医学部医学科の偏差値は全国平均で70くらいが必要です。高校の進学校で上位だからといって入学できるほど甘くはなく、2浪も3浪もするのは当たり前です。入学後も合格率8割の学科試験、その後の実技試験などがあり、最後の卒業試験を合格できないと試験を受験どころか卒業できないことになります。また、私立大学では卒業までの授業料が2,000万円以上必要な大学もあるので金銭面でも大変です。

医師資格の合格率について

平成28年に行われた試験では受験者数9,434人のうち合格者数が8,630人で合格率が91.5%となっています。その内新卒者は受験者数8,660人のうち合格者数が8,165人で合格率が94.3%となっております。他の国家試験に比べ合格率はとても高くなっており、毎年90%前後の合格率となっております。

医師試験の合格発表

毎年3月の中頃に厚生労働省、地方厚生局及び地方厚生支局に受験地、受験番号を掲示して発表します。

sponsored link

医師資格取得後の傾向

医師の職業例

病院での専門医、研究医、町の診療所

医師に向いている人

人の死と向き合うことが必要な仕事ですので、社会的責任感が必要です。また、患者さんとの理解を深めなければいけないので人に対する理解も必要です。医療への関心がないと上記のことを行うことができませんので、医療への関心や問題意識を持つ自覚も必要です。

医師と同じ分野の他の資格

看護師、薬剤師、歯科医師、

医師の給料相場

医師の平均年収はおよそ1,000万円です。資格別年収ランキングでは全資格中1位を記録しております。国家資格合格後の研修医での平均年収は300~400万円ほどとなっておりますが、昔の研修医は無給に近かったようです。大学病院での医局の場合、教授クラスで1,000万円前後ですが、市中の病院の場合、院長クラスで2,000万円となります。

医師の現状

高齢化社会の現在では、高齢者が病院に掛かることが多く、少子化ではあるが小児科の医療機関が少ないため、現状医師不足になっております。医師になるためには大学で6年間の勉強と合格後の研修医での経験が必要です。そのため、一人前の医師になるためには10年近くかかるため、なかなか医師が増えていかないことが現状です。

医師の将来性

今後も高齢化社会が進むことになりますので、医師の数はもっと必要になってくるでしょう。また、医療分野の発展が今後の人の生活にも必要ですのでますます重要なポストになる資格です。

医師の独立について

各専門分野にてクリニックなど独立することも可能です。しかし、医療に必要な設備はとても高く、何千万もかかる設備も多いです。軌道に乗るまでは借金を返済しながら営業をしていくことになると思います。

こんな著名人の方も医師資格を持ってます。

手塚治虫、渡辺淳一、向井千秋、西川史子、海道尊、香山リカ、有利新

関連記事

  1. 医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    カウンセラーになるには

    カウンセラーは幅広い年齢層の男女が目指せる、人の役に立ちたい人にオスス…

  2. ケアマネージャー 資格

    医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    ケアマネージャー(介護支援専門員)

    ケアマネージャー(介護支援専門員)は幅広い年齢層の男女が対象の、どの職…

  3. 救急救命士 レスキュー 資格

    医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    救急救命士

    救急救命士は主に20代30代がメインで、女性の活躍も期待されている資格…

  4. 助産師 妊婦 資格

    医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    助産師

    助産師は20代30代の女性に近年人気が上がっている資格です。助産師…

  5. 医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    社会福祉士

    社会福祉士は幅広い年齢層の男女に「達成感を得られる」と人気の資格です。…

  6. 医療・福祉・リハビリ系資格一覧

    柔道整復師

    柔道整復師は20代30代の男女に需要の高まっている資格です。柔道整…

評価平均:評価なし/5
コメントはまだありません

No comments yet.

口コミ・体験談・勉強法等ご自由にコメントしてください。

メールアドレスは公開されません。いたずら防止のため承認制を取らせて頂いております。

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。



*

最近の記事

Sponsored Link
PAGE TOP