手話通訳士資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.03.12

障害のある方々が社会参加しようという意欲の高まっている中、手話通訳士のニーズは間違いなく増えてきていますが、現状ではこの仕事だけで生活を成りたたすことのできる人は珍しいです。なので休日にボランティアとして働いたりしながら活躍の場を広げることが必要といえそうです。


手話通訳士は幅広い年齢層の男女が目指せる、人の役に立ちたい人にオススメな資格です。
手話通訳士資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
手話通訳士の資格は「公的資格」です。

資格広場は、手話通訳士になるには?手話通訳士なるためには?手話通訳士になりたいを応援しております。

手話通訳士になるために必要な知識・受験資格

手話通訳士は障害を抱える人と深く接することになるため、介護や福祉に関する幅広い知識が必要とされます。ただ機械的に通訳を行うのではなく、常に相手の立場や気持ちを考えて仕事に臨むことが大切です。

手話通訳士の資格は「聴力障害者情報文化センター」が運営管理を行っております。

聴力障害者情報文化センターとは:
聴覚に障害を持つ人々に対し、コミュニケーション、情報、文化等に関する各種の事業活動(字幕映像作品の制作・貸出、手話通訳士を認定するための試験を行うことで、聴覚障害者の人として生きる権利を保護し、生活や文化の向上と福祉の増進に関する啓発、普及に寄与することを目的としています。

手話通訳士

手話通訳士ってどんな仕事?(仕事内容など)

手話通訳士とは、聴覚障害の方々が聴覚障害ではない人とコミュニケーションをとるために、手話の技術を使用して双方が理解できるように間に入って通訳をする人のことです。外国人の通訳をする人と全く同様に、聴覚に問題がない人が喋る言葉を手話に置き換えたり、障害のある方が使った手話を言語に置き換えたりして、会話を成り立たせるのが主な業務です。ただそのような置き換えの技術を身につけるのみではなく、障害者の方々の世界観や物事の見方を深く知り、いつも相手の立場になって手話のやりとりをすることが重要です。そして、厚生労働省が認めている「手話通訳士」の資格を取得し登録を行えば、警察などの機関での公的な業務活動ができるようになり、活動はますます広まっていくことでしょう。

手話通訳士資格取得の為の勉強法

手話通訳士になるためには、手話通訳クラスのある専門的な教育機関や、地方自治体で開かれている講習を受講するなどして、知識だけではなく技術も学びます。だいたい平均的に考えると、手話通訳の経験は3年よりももっと必要となります。話の内容を間違いなくわかってその場にぴったりのわかりやすい通訳をするためには、手話の技術はもっともですが、それと同時に聴覚に障害のあるかたに対する理解ですとか、日本語そのものへの理解も大事です。独学で学ぶのはかなり難しいことですので、効率よく学ぶなら通信通学のスクールの利用が良いでしょう。

手話通訳士の専門学校や通信講座について

準備中です。


手話通訳士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

手話通訳士の資格試験料

18,000円

手話通訳士試験・検定の年間試験回数

毎年10月、年に1回行われます。

手話通訳士試験科目等の内容

試験の中身は、学科と実技の2つから構成されており、前者は、障害者福祉の基礎知識、聴覚障害者に関する基礎知識、手話通訳のあり方、国語の試験範囲で4問の中から正解を選ぶ方式になっていて、後者は、問題が音声が流れてくるで手話で答えるものと、問題が手話で出されるので音声で答えるものという方式になっています。手話の技術がある程度の領域にまで到達していることは前提としては必須なものですが、学科の試験では日本語に対する基礎的な部分も出題されるのは、内容を間違いなく捉え、かつ必要な部分を要約して橋渡しをすることが手話通訳士に必要とされる業務だからです。また、要約して伝えるだけではなく、会話でうまく表現したり手話でうまく表現したりという部分も、手話通訳士に必要とされることです。 手話通訳士の業務は、聴覚に障害がある人とそうでない人との間をうまくつなぐことです。それは手話の技法などということだけではありません。障害を持つ人の身になって感情や気分をわかることも非常に大事で、そのために障害がある方に対する理解もとても必要とされます。

手話通訳士資格の難易度

合格率が1桁ということを考えるとかなり難易度の高い資格といえます。

手話通訳士資格の合格率

平成27年度(第27回)手話通訳技能検定試験結果は受験者数?1,076名に対し、合格者数?23名、合格率は2.1%です。

手話通訳士試験の合格発表

受験から4ヶ月後に受験者へ郵送及びセンターウェブページへの掲示で合格発表を行います。

国家資格バナー

PR



手話通訳士

手話通訳士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

手話通訳士所持者の職業例

手話通訳士の多数の人は、地方自治体が運営する施設やそうではない一般の福祉関係施設に勤務しています。しかしながら、手話通訳士専門だけで業務を行うことはほとんどなく、その他の福祉に関わる仕事なども一緒に行うことが一般的なのが現状です。資格を保有していると司法や行政関連といった公の場で業務をこなすことが可能となり、活動できるフィールドは多くなります。そのほかの例としては、地方公共団体の手話ができる人として手話を使い活躍している人もいます。

手話通訳士に向いている人

手話通訳士は、多数の人と関係を築きながら、聴覚障害の方々が健常者とコミュニケーションを行うためサポートを行っています。業務の性質上、的確な手話の技法をマスターして使用できることはもちろん大事なのですが、それと合わせて大事なことはいつも障害者のかたの立場になりそのうえで動くことです。障害者の方々はおのおのそれぞれ障害の程度も異なっていますし、もちろん別の人間ですので持っている人間性も異なります。なので、自分が向き合っている人はどんなことを希望しているのかを常時わかるように努力し、その人々に感謝してもらうように考慮して実行できる人向きの仕事と言えます。

手話通訳士と同じ分野の他の資格

社会福祉士、介護福祉士

手話通訳士の年収・給料相場

代表的な職場となる福祉関連施設の嘱託職員の場合、時給は1,000円~1,500円程度が相場、また契約社員として採用されると月給15万円~18万円程度が相場となっているようです。

手話通訳士の現状

手話通訳士は人手が足りない業務です。なので現場に就職してからそこで研修を行い、技術を取得するといったことは無いです。手話通訳士も然りですが、福祉関連の業務は社会に対する責任も大きなものであり、課せられている分担もとても重いものであり、その担い手への期待というのはいつまでも続いていきます。そのような現状があるにもかかわらず、給与には決して反映されていないのが特徴的でもあります。

手話通訳士の将来性

今後、公共施設を始めとするあらゆる場所に専業の手話通訳士が置かれることで、手話通訳士の職業的地位が向上する可能性もあります。

手話通訳士の独立について

手話通訳の技術を活躍させるシーンはたくさんありますが、これそのものだけを仕事として独立して生きていくのはかなり難しいというのも事実として存在しています。しかしながら、ウィークデーはほかの仕事をしながら、ウィークエンドはボランティアで活動することも可能ですし、手話での通訳ができることを活かせる特技として、本来の仕事で活躍の場を広げていくこともできます。

手話通訳士資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*