社会福祉主事資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.03.12

社会福祉に関しての知識欲や、何よりも困難な立場にいる人を自分の力でなんとかしたいという気持ちを持ち、一生涯コツコツと地道に社会福祉主事として誇りとやりがいを持っていける人であれば、職場環境がたとえきつくて頑張って人の役に立てるでしょう。


社会福祉主事は幅広い年齢層の男女が目指せる、人の役に立ちたい人にオススメな資格です。
社会福祉主事資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
社会福祉主事の資格は「任用資格」です。

資格広場は、社会福祉主事になるには?社会福祉主事なるためには?社会福祉主事になりたいを応援しております。

社会福祉主事になるために必要な知識・受験資格

相談に乗ることも大事な職務の一つなので人の心理に対する知識が必要とされます。また相談に乗ったあとに、その問題の解決のためにどうしたらいいのかというような問題解決力も必要とされます。

社会福祉主事の資格は「厚生労働省」が運営管理を行っております。

厚生労働省とは:
国家行政組織法が規定する「国の行政機関」である省の一つであり、健康づくりに関する分野、子育てに関する分野、社会福祉に関する分野、雇用に関する分野、年金に関する分野を主に担当しています。

社会福祉主事

社会福祉主事ってどんな仕事?(仕事内容など)

社会福祉主事は、地方公共団体が運営する福祉関連の施設の中で、主として相談に乗ったり援助をしたりする仕事を行う人のことを指し、ケースワーカーと呼ばれる場合もあります。具体的な仕事の内容としては、さまざまな個々の事情によって普通に生活をすることが難しい人と話し合いを実施し、どこに問題の原因があるのかを探ります。そのあとに、病院やその他多種類の関連機関と密に連絡を取り合いながら、生活保護の受給ができるようにしたり、施設への入る事務的な業務をこなします。

社会福祉主事資格取得の為の勉強法

社会福祉士主事の試験はないので、特にはありません。

社会福祉主事の専門学校や通信講座について

準備中です。


社会福祉主事の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

社会福祉主事の資格試験料

社会福祉士主事の試験はないので、特にはありません。

社会福祉主事試験・検定の年間試験回数

社会福祉士主事の試験はないので、特にはありません。

社会福祉主事試験科目等の内容

社会福祉主事の資格をとるための試験などは設けられておらず、指定された大学において、指定科目を3科目以上取っていれば資格の条件は整っているので、あとは届け出を行えば資格を取得すつことが可能となります。指定された大学での指定科目の履修以外の方法としては、社会福祉主事の養成所、通信により学習、講習へ参加するどの方法があります。

社会福祉主事資格の難易度

社会福祉士主事になるための試験というのは設けられていないので、難易度というのも特にはありません。

社会福祉主事資格の合格率

社会福祉士主事になるための試験は特に設けられていないので、合格率というのもありません。

社会福祉主事試験の合格発表

社会福祉士主事になるための試験は特には設けられていないので、合格発表というのもありません。

国家資格バナー

PR



社会福祉主事

社会福祉主事資格取得後の就職先・年収・報酬相場

社会福祉主事所持者の職業例

社会福祉主事を絶対に配置しておかないといけない福祉事務所の他にも、社会福祉主事として活動できるところは実のところたくさんあります。この資格を取得した人がその後資格を活かして仕事をするとなると、各種の老人ホーム、各種の日帰り老人施設などなどの老人にかかわる福祉関係の相談員となることや、身体に障害がある人の治療のための施設、または更生施設などという障害者のかたへの生活指導員となることがあります。ざっくりと挙げてみましたが、社会福祉主事というのは福祉に関わる様々なシーンでお役に立つことが可能なのです。

社会福祉主事に向いている人

社会福祉主事向きの人というのは、社会福祉に対して関心を持っていて、なおかつ困難な立場にいる人をどうにかして救ってあげたいと心の底から思えるような、使命感を持ったタイプの人です。困っている人の問題を解決することで何かに貢献したいという意思がある人であれば、全くもって社会福祉主事の仕事は天職であるといえるに違いありません。また、相談に来る人が持っている悩みは多種多様バラバラであるがゆえに、その問題を解決してその対象者が普通に暮らせるようにするには、社会福祉に関しての深く幅広く知っていることが求められるため、自発的に好んで学ぶことができる人もこの仕事にぴったりといえるでしょう。

社会福祉主事と同じ分野の他の資格

社会福祉士、カウンセラー

社会福祉主事の年収・給料相場

社会福祉主事はいわゆる地方公務員となりますので、その年収は各地方自治体のいわゆる公務員の給料として定められている規定に準じたものとなります。この仕事自体は公務員給与規定の中でも行政職あるいは福祉職ということになっており、福祉職に比べると行政職が少しではありますが、年収は高いです。だいたい平均でみますと、年収300~500万円が一般的であるとされています。ずば抜けて待遇が良いことは想定しがたい職業でがありますが、民間企業の社員とは違って、公務員というよほどのことがなければクビにならない状態や給料を受け取りながら勤務することができます。民間で勤務するときの年収も、ほとんどが地方公共団体の定める給与に沿った金額となっています。

社会福祉主事の現状

福祉関連の業務に関してきつい上に給料が安いといったマイナスの印象を持っている人が多くなかなか魅力的な仕事と思われていないので、人手不足の施設が多いのが現実問題としてあります。

社会福祉主事の将来性

生活保護を受け取っている人がどんどん増え続けている現状では、一般的に暮らすことが難しい人の手助けをする社会福祉主事の存在というのは、非常に大事なものとなってきています。そして将来的には、高齢化の影響を受け老人福祉に関連する業務がこれ以上に増加するであろうと言われている以外に、福祉の質がじわりじわりと高まっている中では、社会福祉主事は相談に訪れる人が何を求めているのかを早い段階で察知し、福祉関連の持っている知識を使いながら、その相談に正しく対応していく必要性があります。そして、この仕事をする上で密な関係にあるのが介護保険制度です。昨今では、この制度の改正がしばしば行われており、いつも新しい知識を取得して、相談に来た人に向き合う姿勢が求められています。

社会福祉主事の独立について

特にこの資格を保有しているからといって独立できるようなものではありません。

社会福祉主事資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*