視覚障害生活訓練専門職資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.03.12

見えるまたは見えにくいといった視覚に障害を持つ方々が、自立して暮らしていくことができるように必要となる知識や技術を獲得するためのサポートを行うスペシャリストであり、絶対にいなくては困るのが視覚障害生活訓練専門職です。視覚に障害を持った方々の社会進出も年々拡大の一途を辿っており、需要ももちろんかなり見込まれます。


視覚障害生活訓練専門職は幅広い年齢層の男女が目指せる、人の役に立ちたい人にオススメな資格です。
視覚障害生活訓練専門職資格取得者は他にもなしという名称で呼ばれております。

視覚障害生活訓練専門職の資格は「民間資格」です。

資格広場では視覚障害生活訓練専門職になるには?視覚障害生活訓練専門職なるためには?視覚障害生活訓練専門職になりたいを応援しております。

視覚障害生活訓練専門職になるために必要な知識・受験資格

視覚に障害を持つ方々が日常生活を普通に送るだけでどんな苦労をしているかの深い理解が必要となります。

視覚障害生活訓練専門職の資格は「社会福祉法人日本ライトハウス」が運営管理を行っております。

社会福祉法人日本ライトハウスとは:
視覚が完全に機能していない人や、または一部機能していない人が一般的なかたと同じような生活を送ることができるように、必要とされる情報を提供したり、その視覚障害によって生じているありとあらゆる不可能なことを解決したり、負担を減らしたりすることで、快適に生活が営めるよう支援することを目的とする総合的な社会福祉施設です。

視覚障害生活訓練専門職

視覚障害生活訓練専門職ってどんな仕事?(仕事内容など)

視覚障害生活訓練専門職とは、見えないまたは見えにくいといった人々が、自分自身で暮らしていくために必須となる知識または技術を取得するためのサポート全般を行うスペシャリストです。具体的に例を挙げますと、普通の道でも点字ブロックを頼りに歩くことができるようになる技術、点字などの人と話すための技術、家事などの日常生活をするための技術などと技術といってもさまざまなものがあります。見えないまたは見えにくいといった人々に、リハビリや生活のサポート全般を行います。

視覚障害生活訓練専門職資格取得の為の勉強法

視覚障害生活訓練専門職の試験というのは設けられていないので、勉強法も特にはありません。

視覚障害生活訓練専門職の専門学校や通信講座について

準備中です。


視覚障害生活訓練専門職の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

視覚障害生活訓練専門職の資格試験料

視覚障害生活訓練専門職の試験は設けられていないので、試験料も特にはありません。

視覚障害生活訓練専門職試験・検定の年間試験回数

視覚障害生活訓練専門職の試験は設けられていないので、年間の試験回数というのは特にはありません。

視覚障害生活訓練専門職試験科目等の内容

この資格の取得には試験に合格するといったような制度はありません。国立身体障害者リハビリテーションセンターまたは、社会福祉法人日本ライトハウスにおいて、定められたプログラムを受講し終えた時に取ることが可能です。内容としては、学科や実習があります。

視覚障害生活訓練専門職資格の難易度

視覚障害生活訓練専門職は、2年間の過程を終了することができれば取ることが可能なものですので、しっかりと2年間最後まで諦めずに学んでおけば、資格を取得することが可能です。しかしながら課程の受講の前には、国立身体障害者リハビリテーションセンターまたは社会福祉法人日本ライトハウスへ入学するための受験があります。そこへ入るためには大学院に入ることが可能な学力が求められますので、なかなか一般的に見て厳しい試験と言えるかもしれません。

視覚障害生活訓練専門職資格の合格率

合格率は概ね100パーセントとなります。国立身体障害者リハビリテーションセンターまたは社会福祉法人日本ライトハウスによる課程は2年間ありますので、最後まで諦めずに地道にコツコツと講習を受けることができれば、合格できることは間違いありません。

視覚障害生活訓練専門職試験の合格発表

視覚障害生活訓練専門職に関しては資格取得のための試験が設けられていないので、合格発表も特にはありません。

国家資格バナー

PR


視覚障害生活訓練専門職

視覚障害生活訓練専門職資格取得後の就職先・年収・報酬相場

視覚障害生活訓練専門職所持者の職業例

リハビリテーションセンターや病院やもう学校などの形態は色々とありますが、見えるまたは見えにくいといった方々が健常者と同じように普通に生活ができるようにサポートを行う施設で働く人が多いです。

視覚障害生活訓練専門職に向いている人

この職業というのは、目が見えにくいまたは見えないといった方々と日常的に向き合う仕事となります。障害のない人ではないので、どういったことを望んでいるのか、どういった箇所に痛みを抱えているのかなどを、向き合って接するときに自分の中で神経を集中させて、視覚障害者の方ならどうだろうと常に考える相手を気遣う思いが非常に重要です。実際勤務してみると、それは思っている以上に生易しいものではなく、生半可ないい加減な気持ちでは続けていくことは簡単な職業ではありません。また大事なのが視覚障害者の方を気遣う気持ちだけではいけません。それに加えて辛抱できる強さがあることも必須とされます。見えるまたは見えにくいといった方々との意思疎通は非常に難しいものです。相手を気遣う気持ちや、辛抱強さを持っていなければ続けていくことは困難となります。またそういった障害を持つ方々に可哀想だと情けをかけるのではなく、全体を見据えて物事を判断してアドバイスを行ったり、後に残しておくために記録を取っておかなければいけません。現場で仕事をしていくことで職業に関しての能力はどんどん養われていきますが、職場を離れた通常の暮らしでも、社会にはどのような種類の社会問題があるのかに思いをはせることも大事です。道ですれ違った車いすに乗った人や障害者の人々、お年寄りはいったいどういった風に暮らしをしているのか、どういったことが普通に暮らす上で問題となるのかというようなことに興味がある人は、この職業が天職だといえるでしょう。

視覚障害生活訓練専門職と同じ分野の他の資格

視覚障害者生活訓練等指導員(歩行訓練士)

視覚障害生活訓練専門職の年収・給料相場

この資格を取得すると社会福祉施設、社会福祉法人、リハビリテーション施設、医療施設、特別支援学校、官公庁などで働くことができるようになります。スペシャリストな職業となりますので有資格者であることで安定した収入を得ることが考えられます。

視覚障害生活訓練専門職の現状

現状、視覚障害者を含む障害者のかたの社会進出がどんどん進んでいますので、需要も非常に多い仕事となっています。

視覚障害生活訓練専門職の将来性

視覚障害者の社会進出も現在の日本では進んでおり、将来的にもかなりの需要が見込まれています。

視覚障害生活訓練専門職の独立について

特にこの資格を保有しているからといって独立できるようなものではありません。しかしながら、家族や身近な誰かが不意に視覚障害者となった場合に、非常にこの資格を持っているとサポートをする際に便利となります。

視覚障害生活訓練専門職資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*