移動介護従事者資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.05.21

移動介護従事者は各都道府県が行う養成研修を修了すれば取得できます。一人での外出が困難な高齢者や障害者が、好きな所に行って好きなことができ、不自由のない生活ができるよう手助けするやりがいのある仕事です。


移動介護従事者は幅広い年齢層の男女が目指せる、重要性や需要性も高まっていく資格です。
移動介護従事者資格取得者は他にもガイドヘルパー、移動支援従事者と呼ばれております。
移動介護従事者の資格は「公的資格」です。

資格広場は、移動介護従事者になるには?移動介護従事者なるためには?移動介護従事者になりたいを応援しております。

移動介護従事者になるために必要な知識・受験資格

移動支援従事者養成研修(全身性障害)と行動援護従事者養成研修(知的、精神障害)の受講資格は、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)修了者もしくは修了予定者、介護福祉士資格保有者、介護職員初任者研修修了者です。また、同行援護従事者養成研修(視覚障害)一般課程の受講資格は無く、誰でも受けることができますが、同研修応用課程には一般課程の修了者、視覚障害移動従業者養成研修修了者、居宅介護の従業者資格を持っていて視覚障害者の福祉に関する実務経験1年以上という条件があります。それぞれの疾病や障害に関する専門知識、支援や擁護をする際の技術、そして実際に外出を支援する演習などが行われます。

移動介護従事者の資格は「各都道府県又は市区町村」が運営管理を行っております。

各都道府県又は市区町村とは:
移動介護従事者資格は、各都道府県又は市区町村指定の講座を受講すれば取得できます。

移動介護従事者

移動介護従事者ってどんな仕事?(仕事内容など)

全身性障害や視覚障害、知的障害等を持っており、外に出たくてもなかなか一人では困難で、サポートや介助を必要としている人は多いと思われます。移動介護従事者、通称ガイドヘルパーは、障害者総合支援法にもとづいた資格で、対象者の為に、車椅子の介助や交通機関の利用にあたっての介助、着替え、お店でのメニューや値段・商品特徴の代読、食事や排せつに必要な介助等、障害を持つ人が普通に快適に暮らすことができるよう、支援・介助する仕事です。視覚障害者の外出の補助を行う視覚障害者移動介護従業者、全身性障害者の外出の補助を行う全身性障害者移動介護従業者、知的障害者の外出の補助を行う知的障害者移動介護従業者とがあります。

移動介護従事者資格取得の為の勉強法

移動介護従事者には3つの種類がありますので、各研修をしっかり受けることは必須ですが、専門知識が異なってくることがありますので、それぞれに特化した勉強をする必要もあります。全身性障害に関しては重度肢体不自由者への介助方法や車椅子や装具などの使い方を集中して学びます。また、視覚障害では移動する際に危険がないように先に予測して安全に介助しなければなりません。さらに、知的・精神障害では安全な外出の為のコミュニケーション方法を学びます。研修期間が短く、最短でも1日で取得できるので容易に思われがちですが、様々なアンテナを張り巡らせ対象者に寄り添った介助ができるよう、徹底的に学ばなければなりません。

移動介護従事者の専門学校や通信講座について

準備中です。


移動介護従事者の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

移動介護従事者の資格試験料

受講料は受講するコースによって異なりますが、概ね20,000~40,000円となっています。

移動介護従事者試験・検定の年間試験回数

各都道府県にて都度研修が行われています。試験はありませんので、研修の全課程を修了すれば資格を取得することができます。

移動介護従事者試験科目等の内容

各都道府県が行う養成研修を受講する必要があります。受講資格を設けていないところが多いようですが、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)以上の資格者を対象としているところもあります。講習時間は、移動支援従事者養成研修(全身性障害)は8~16時間)1~3日間)、行動援護従事者養成研修(知的、精神障害)は20時間(3日間)、同行援護従事者養成研修(視覚障害)一般課程は20時間(3日間)、同行援護従事者養成研修(視覚障害)応用課程は12時間(2日間)となっています。最短1日の研修で取得できるものもあります。介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)以上の資格を有していれば、行動援護従事者養成研修(知的、精神障害)は免除されます。基本的に修了時の試験等はありませんので、研修修了で資格取得となります。

移動介護従事者資格の難易度

最短1日で受けられる研修の全課程を修了すれば資格が取得できますが、授業の他に外での演習等もありますので、真面目にしっかりと受けないと資格証はもらえません。人の命に関わる仕事ですのでいい加減な気持ちでは決していけません。

移動介護従事者資格の合格率

介護福祉士等の国家資格とは異なり、各都道府県が認定する民間資格なので、合格率は非常に高めです。

移動介護従事者試験の合格発表

各都道府県が行う養成研修を受け全課程を修了した時点で、研修後の試験はありませんので、資格取得となります。

国家資格バナー

PR



移動介護従事者

移動介護従事者資格取得後の就職先・年収・報酬相場

移動介護従事者所持者の職業例

障害者支援施設、福祉施設、病院、訪問介護事業所、行動擁護事務所

移動介護従事者に向いている人

外出はおろか着替えもままならない状態にいると、社会とのつながりが無くなり取り残されたような気持に陥ってしまいがちです。どうしても家にこもってしまい家族の負担だけが増えていってしまいます。専門知識と技術を持って無理なく自然に手助けし、対象者や家族に寄り添い、相手が望んでいること、家族が悩んでいることを無理なく聞き出して適切に対処していけることが大切です。

移動介護従事者と同じ分野の他の資格

介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、社会福祉主事、福祉住環境コーディネーター、健康生きがいづくりアドバイザー、福祉用具専門相談員、精神障害者ホームヘルパー、居宅介護従業者、重度訪問介護従業者、行動援護従業者、同行援護従業者、難病患者等ホームヘルパー、介護予防運動指導員

移動介護従事者の年収・給料相場

移動介護従事者が正職員として常勤で働いた場合、平均して月収20万円程度になります。介護職員の初任給とあまり変わりありません。非常勤職員としては時給1,500円~2,000円程度と高めのようです。

移動介護従事者の現状

欧米諸国に比べて日本は高齢者や障害者に対する偏見や差別がまだまだ多く、法規制やインフラ対策も非常に遅れていると言わざるを得ません。施設や病院に完全に入所・入院させてしまうか、自宅で看ていても家族の負担だけが増えていき危機的状況に陥ってしまうケースも珍しくありません。高齢者や障害者の施設でも慢性的な人手不足に悩まされています。

移動介護従事者の将来性

急速な高齢化社会の到来を前に、たとえ障害を抱えることになっても自分らしい生活がしたい、仕事をしてやりがいを得たい、外に出て趣味を楽しみたいというような要求は当然のことと思われます。家の中での解除はもちろんのこと、様々な危険にさらされる外部でのスムーズかつ安全な移動ができるようになる為にも、移動介護従事者の需要は年々高まるばかりです。信頼できる専門知識を有することの証明として、今後、介助に携わる人に必要不可欠なものとなることは間違いありません。

移動介護従事者の独立について

訪問介護事業所や障害者福祉施設等では常に人材が不足している傾向にあります。このような組織に登録して様々な介助活動をしている資格保有者が多いようです。

移動介護従事者資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*