精神保健福祉士試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.05.21

精神保健福祉士国家試験は、公益財団法人社会福祉振興・試験センターが主催しています。精神障害を持つ人やその家族が、地域や行政等と協力し自立心・自尊心を持ってより快適に暮らしていけるよう、やりたいことができるよう支援していく重要な国家資格です。


精神保健福祉士試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、重要性や需要性も高まっていく資格です。
精神保健福祉士試験資格取得者は他にも精神科ソーシャルワーカーと呼ばれております。
精神保健福祉士試験の資格は「国家資格」です。

資格広場は、精神保健福祉士試験になるには?精神保健福祉士試験なるためには?精神保健福祉士試験になりたいを応援しております。

精神保健福祉士試験になるために必要な知識・受験資格

受験資格にはいくつかのルートがあります。まず保険福祉系の4年制大学で指定科目を履修するもの、次に短期大学で指定科目を履修後相談援助実務を1~2年行うものとがあります。他には、福祉系の大学で基礎科目を履修するか短期大学で基礎科目を履修・相談援助実務をした後(元々社会福祉士資格を持っている人を含みます)、養成施設で6ヶ月以上の研修をするというものがあります。一般の大学を出たり短期大学を出て相談援助実務を行った人、また初めから相談実務を4年行った人も、養成施設での研修を1年以上行えば、精神保健福祉士国家試験を受けることができます。医療機関等における専門治療の特徴を踏まえた上で他の専門家と協力して対応したり、本人・家族と地域社会との橋渡し、利用できる医療・福祉サービス選定、求職活動、行政との調整、障害による生活への不安の解除等、対象者やその家族が行政や地域と協力して安心して生活を送れるよう、自立できるよう、様々な知識・技術が必要となります。

精神保健福祉士試験の資格は「公益財団法人社会福祉振興・試験センター」が運営管理を行っております。

公益財団法人社会福祉振興・試験センターとは:
公益財団法人社会福祉振興・試験センターは、精神保健福祉士試験を実施する団体です。 1946年3月に財団法人社会事業振興会として設立され、2012年4月に公益財団法人社会福祉振興・試験センターと改称されました。

精神保健福祉士試験

精神保健福祉士試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

精神的な障害のある人は幼い頃から過酷な環境に置かれ不安をかかえ、大人になってもなかなか就職ができなかったり、普通の生活を穏やかに送ることができない状況にあります。精神保健福祉士は精神的な障害のある人やその家族、お世話をする人が快適な生活を送れるように支える仕事です。病院では入院から退院までの相談に応じ、日常生活を送るための援助を行います。また、家族や関係機関との連絡・調整を行って、社会参加ができるよう目指します。病院以外では、地域生活を支援する目的で相談支援や生活訓練、就労支援などを行ったり、精神保健福祉センターや保健所などで市民のメンタルヘルス啓発活動に携わったりします。

精神保健福祉士試験資格取得の為の勉強法

授業での幅広い知識習得はもちろんのこと、現場実習でしか得られない技術も多いのでしっかりと学び、何度も復習することが必要です。参考書や過去問題集、福祉六法等も頭に入れておくと有効でしょう。

精神保健福祉士試験の専門学校や通信講座について

準備中です。


精神保健福祉士試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

精神保健福祉士試験の資格試験料

受験料は、精神保健福祉士のみ受験する場合は16,400円、精神保健福祉士と社会福祉士を同時に受験する場合は20,020円、精神保健福祉士の共通科目免除により受験する場合は13,120円となっています。

精神保健福祉士試験試験・検定の年間試験回数

年に1回行われています。1月か2月に行われています。

精神保健福祉士試験試験科目等の内容

精神保健福祉士国家試験は17科目にわたる筆記試験で行われます。17科目のうち1~11科目までは社会福祉士試験との共通科目になっています。人体の構造・機能や疾病、心理学、 社会理論や社会システム、 現代社会と福祉、地域福祉理論、社会保障、生活保護支援制度、 福祉行財政計画、保健医療サービス、成年後見制度、障害者自立支援制度、精神疾患、 精神保健、精神保健福祉・相談援助の基盤、精神保健福祉理論、精神保健福祉制度、精神障害者の生活支援システム等、多岐に渡る幅広い問題が出されます。

精神保健福祉士試験資格の難易度

専門大学や短期大学等で指定科目を履修したり、他の資格を取ったうえで実践の場で経験と知識を積んで初めて受験資格が得られるので、特に幅広い専門知識と技術を必要とされます。全体としての合格率は6割前後ですが、専門大学などではほぼ全員合格というところもあるので、授業や実習をしっかりと身につけ繰り返すことで、合格への道が開かれることでしょう。

精神保健福祉士試験資格の合格率

平成27年度の試験では、受験者数7,173名に対し合格者数は4,417名、合格率は61.6%となり、比較的難しい試験といえるでしょう。

精神保健福祉士試験試験の合格発表

試験を受けた約1ヶ月半後に、合格者には合格証書が、不合格者には不合格通知が交付されます。同日の午後には、公益財団法人社会福祉振興・試験センターのホームページに、合格者の受験番号と正答が掲載されます。

国家資格バナー

PR



精神保健福祉士試験

精神保健福祉士試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

精神保健福祉士試験所持者の職業例

精神科病院・診療所、総合病院精神科、相談支援事業、地域活動支援センター、グループホーム・ケアホーム、就労移行支援事業、就労継続支援事業、自立訓練事業、救護施設、児童養護施設等、自治体・保健所、福祉事務所、精神保健福祉センター、保護観察所等、矯正施設、社会福祉協議会、ハローワーク、介護保険関連施設、教育機関、企業

精神保健福祉士試験に向いている人

精神に障害を持つからといって変に気を使ってしまったり、やらなくていいことまでやってしまったり、というのはその人の尊厳に関わることでもあるので避けるべきでしょう。対象者を独立した一人の人間として向き合い、その個性を大切にし、時には冷静に引きながら暖かく見守って行ける人が向いているでしょう。

精神保健福祉士試験と同じ分野の他の資格

社会福祉士、介護福祉士、介護支援専門員、福祉環境コーディネーター、福祉用具専門相談員、精神障碍者ホームヘルパー、ガイドヘルパー

精神保健福祉士試験の年収・給料相場

精神保健福祉士をメインとした相談員および指導員では、正規職員(大卒者)であれば初任給で月給17万円程度となっています。また非常勤職員での募集も多く、その場合、時給は900円に満たないところが多くなっています。一般的な平均年収は300~400万円未満が多いようです。役職につけばもう少し上がるかとは思いますが、国家資格であるにもかかわらず、正規職員・非常勤職員ともに他の職業とあまり変わらず、待遇が良いとはいえないでしょう。

精神保健福祉士試験の現状

精神保健福祉士は、もともと精神に障害を持つ人やその家族とのやりとりを中心に行う仕事として認知されていましたが、近年は、社会全体の問題として様々な場所における心のケアが重要になってきています。グループホームやケアホーム、生活保護施設や、児童養護施設などでも、精神的なケアの為に専門知識を持った人の必要性が高まっています。一般企業で働く人のストレス対策やメンタルケアにあたることもあります。

精神保健福祉士試験の将来性

精神に障害を持つ人やその家族は、かつては社会と隔絶され、行政サービスを受けようにもなかなか困難な状況にありました。偏見や行政の対応の遅れを見直し、入院・通院のみの隔離されたケアからより社会に開かれた状況へと変えていかなければなりません。その為にも、対象者と社会との壁を取り払い、誰もが望む生活をしていける環境を作っていく必要があるでしょう。精神保健福祉士はそのワンクッションとなり橋渡し役となっていき、様々な場所での重要性が高まっていくと思われます。

精神保健福祉士試験の独立について

精神保健福祉士として独立した場合、どのような支援・対処をすれば報酬を受け取れるのか、具体的な概算が難しいところがありますので、支援を必要とする多くの精神障害者やその家族との信頼関係構築も含め、なかなか困難な道といえるでしょう。

精神保健福祉士試験資格を所有している主な著名人

高部知子

コメントを残す

*

*