医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.05.30

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)は、受付業務・会計業務・オペレーター業務等全般、診療報酬請求事務を正しく行うのに必要な能力を認定する資格です。


医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)は幅広い年齢層の男女が目指せる、医療機関での評価が高い資格です。
医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)資格取得者は他にも医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)と呼ばれております。
医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)の資格は「民間資格」です。

資格広場は、医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)になるには?医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)なるためには?医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)になりたいを応援しております。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)になるために必要な知識・受験資格

最近ではレセプト業務がIT化されており、パソコンを使った作業となるケースが増えています。職場によってルールが異なるため、詳しい業務の進め方は職場に入ってから教わることが多いですが、簡単なパソコン操作のスキルがあるとスムーズに仕事を覚えやすいでしょう。また、「事務職」の一種として、書類整理や郵便物の確認、業者とのやりとり、ファイリングなどの作業もあるため、事務処理能力は身につけておいて損はないでしょう。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)の資格は「一般財団法人 日本医療教育財団」が運営管理を行っております。

一般財団法人 日本医療教育財団とは:
社会的なニーズの増大と多様化が進む医療・介護・福祉分野においては、サービスの質の向上や人材の専門能力の養成、技能の均質化・平準化が重要な課題となっています。また、国際化社会を迎えた今日、外国人を受け入れる医療機関の体制整備も求められています。当財団ではこうした状況に対応し、有能な人材の輩出や、技能向上とその振興普及、そして、外国人患者が安心・安全に日本の医療サービスを享受できる体制の構築に積極的に取り組むことを、活動の指針としています。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)ってどんな仕事?(仕事内容など)

メディカルクラークとは、医療機関の事務職に与えられる資格です。医療事務技能審査試験に合格すると取得できます。医療事務技能審査試験は、医療事務従事者の知識・技能の程度を審査し、証明するための試験です。受付業務、院内コミュニケーション、診療報酬請求事務に関する職業能力を判定します。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)資格取得の為の勉強法

医療事務はさまざまな仕事をしていますが、そのメインになるのが「レセプト作成」といわれる業務です。レセプト作成業務では、診察の内容に応じた「点数」を計算し、医療費を正しく算定することになります。そこでは医師が記述したカルテの読み方はもちろんのこと、医療保険制度の仕組みやルールなどに関する専門知識が求められるため、素人がいきなり難なくこなすというのはほぼ不可能です。医療事務を目指すのであれば、レセプト作成のための勉強に最も時間をかけていくことになるでしょう。実際、医療事務には複数の民間資格がありますが、資格試験でもレセプト作成の能力を問うものが多くなっています。また、医療制度は毎年のように改定されるため、最新の情報を入手する必要もあります。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)の専門学校や通信講座について

準備中です。


医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)の資格試験料

試験料は7,500円となっています。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)試験・検定の年間試験回数

試験の回数は毎月行われています。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)試験科目等の内容

<実技Ⅰ>患者接遇、筆記(記述式)。<学科>医療事務知識、筆記(択一式)。<実技Ⅱ>診療報酬請求事務、診療報酬明細書点検。という内容になっています。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)資格の難易度

医療事務の資格試験には大きく分けて「医科」「歯科」「調剤」の3つのジャンルがあり、試験の難易度は、各ジャンルで専門的な内容に特化したものほど高くなります。とくに「診療報酬請求事務能力認定試験」「医療事務管理士」「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)」などの試験は知名度が高く、難易度も高めです。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)資格の合格率

この試験は医療事務全般の知識が問われます。医療事務技能審査試験には1級と2級があり、合格率は両方とも60%程度で比較的取得しやすくなっています。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)試験の合格発表

当該試験日から約1ヵ月後に郵送により通知されます。

国家資格バナー

PR



医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)資格取得後の就職先・年収・報酬相場

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)所持者の職業例

病院、クリニック、調剤薬局、歯科医院など。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)に向いている人

医療事務は、受付や処方箋の窓口業務など、患者さんと接することが多い仕事です。人は元気であれば、病院や診療所にあまり訪れることがありません。体に何かしらの不調を抱えていたり、具合が悪いから病院や診療所に訪れるのです。そんな患者さんが病院や診療所を訪れて一番最初に接するのが医療事務の人です。そうした中、受付の対応に不備があれば、患者さんの心理状態はますます悪くなってしまいます。医療事務はそうした患者さんの気持ちを察して、対応できる人が向いているといえるでしょう。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)と同じ分野の他の資格

医療秘書、診療情報管理士、保険師など。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)の年収・給料相場

医療事務の年収は、勤務年数や実力、勤務先の病院・クリニックによってだいぶ変わります。ボーナスや諸手当の支給があるかどうかも職場によって事情が異なり、個人経営のクリニックではボーナスが出たとしてもほんのわずかということもあるようです。そのため年収には開きがあるのですが、だいたい初年度は250万円くらいになる人が多いようです。全体の平均年収は300万円から400万円くらいになるといわれています。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)の現状

日本は少子高齢化社会に突入し、保健医療分野は注目を集めています。日本の少子高齢化社会は今後も進んでいくことが予測されています。それに合わせて、保健医療の重要性はますます大きくなっていきます。保健医療が大きくなれば、それだけ医療事務のニーズは高まっていきます。一方で、業務の効率化を目指し、医療のIT化が進んでいます。IT化によって、医療事務の重要業務である「レセプト作成」も電子化されてきているため、事務処理スキルの一環として、よりコンピュータの扱いに長けた人が求められるようになっているのです。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)の将来性

保健医療分野が拡大するなか、病院やクリニック、そして介護施設は年々増加しています。とくに介護施設は勢いよく増加しており、それに合わせて医療事務のニーズが増えることが予想されます。医療事務は、資格を持ち、専門的なスキルを強みにして活躍することができる仕事ではあるものの、IT化が進むにつれて医療事務の仕事自体は減っていく可能性もあり、必ずしも将来安泰とはいえない状況にあります。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)の独立について

正社員として働くメリットは、一般的に給与や賞与、福利厚生などの面が他の雇用形態より恵まれている点にあるといえますが、それ以外に、キャリアアップが期待できるところも挙げられます。たとえば、ある病院では正社員の医療事務は、医療事務課の「責任者」になれるチャンスがあるようです。そうなると、医療事務の実務はもちろん、スタッフの労務管理や教育などにも携わることができたり、よりいっそう経営に近い部分の仕事も任されるようになるでしょう。医療事務のスキルを生かしながら、さらに仕事の幅を広げていくことが可能です。

医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)資格を所有している主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*