ガイドヘルパーになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.05.31

介護福祉士 資格

ガイドへルパーとは、身体に障害を持った方の外出を支援する従事者のことをいいます。介護職員初任者や実務者は介護保険法における資格ですが、ガイドへルパーは障害者総合支援法上の資格です。


ガイドヘルパーは幅広い年齢層の男女が目指せる、需要が高い職業です。
ガイドヘルパーの職業は他にもガイドヘルパーと呼ばれております。
ガイドヘルパーに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、ガイドヘルパーになるには?ガイドヘルパーになるためには?ガイドヘルパーになりたいを応援しております。

ガイドヘルパー

ガイドヘルパーってどんな仕事?(仕事内容など)

ガイドヘルパーとは、障害のある方の外出介助をする職種です。移動介護従業者や外出介護員と呼ばれることもあります。ガイドヘルパーの主な仕事内容は、障害があり一人で移動するのが困難な方の買い物や、通勤・通学、散歩などに付き添い、外出をサポートすること。日常生活に密接な「移動」を手助けする重要な役割を担っています。

ガイドヘルパーになる為の勉強法

移動を安心かつ安全にサポートできるよう、ガイドヘルパーは一定の知識やサポート技術を身につける必要があります。これらは、研修を通して学んでいき、研修修了時に都道府県よりガイドヘルパーの資格が与えられます。また、視覚障害や知的障害、全身性障害など、障害の種類によって学ぶべき内容は異なるので、研修課程は複数あります。期間は、いずれの研修も約3日間(16~20時間程度)です。すでにホームヘルパーや介護福祉士などの資格を持っている方は、研修が免除となる場合もあります

ガイドヘルパーになるための専門学校や通信講座について

準備中です。


ガイドヘルパーの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

ガイドヘルパーの学歴

現在調査中

ガイドヘルパーの勤務時間

現在調査中

ガイドヘルパーに必要なスキルや機材

現在調査中

ガイドヘルパーのやりがい

現在調査中

ガイドヘルパー苦労、大変なこと

現在調査中

国家資格バナー

PR


ガイドヘルパー

ガイドヘルパーの年収・将来性・独立について

ガイドヘルパーに向いている人

障害を持つ人も、行きたい場所に出かけ、健常者と同じように人生を楽しむ自由は、憲法でも保障されています。利用者の外出先での安全を守り、無事に生活拠点に送り届けることがガイドヘルパーの任務ですから、素質としては、障害を持つ人への思いやりが根底にある人が最適でしょう。なおかつ、危険を察知し、間違いのない方法でいち早く回避する行動をとれるなどの判断力、そして介助するための体力と機敏さも必要です。また、利用者の希望を聞き、どこまでの介助をしたらよいのかを利用者や家族、事業所ときちんと擦り合わすことのできるコミュニケーション能力も大切な要素と言えるでしょう。

ガイドヘルパーと同じ分野の他の職業

ホームヘルパー、介護福祉士など。

ガイドヘルパーの年収・給料相場

ガイドヘルパーの年収は介護職員同様300万円程度ですが、これはガイドヘルパーを単独でしている場合です。ガイドヘルパーの資格は、三種類に分類されています。一番高収入に繋がるのは全身性障害者の外出支援のためのガイドヘルパーです。この資格は、すでに介護の資格を保有している方しか取得できませんが、その分専門性を持つプロとして扱われ、収入面も良くなります。たとえ国家資格である介護福祉士であっても、この「全身性障害過程」を修了しなければ、外出支援はできません。よって、介護福祉士がこの資格を取得すれば仕事の幅が広がり、収入も増えることになります。

ガイドヘルパーの現状

視覚障害者でもメガネなどで矯正できる範囲であれば、メガネを購入して視界を鮮明します。それと同じように、もっと視力が低下し、さらに盲目になった場合には、ガイドヘルパーという手助けが必要になります。今、世の中には障害や高齢のため、外出を諦めている人が大勢います。これから先もっとノーマライゼーションの思想が広まり、外出する障害者や高齢者が増える事でしょう。

ガイドヘルパーの将来性

人は一人で家に篭って生きていくことは出来ません。人と関わりを持ちながら生活することは、生きていくうえで欠かせない事となります。そのお手伝いをすることが出来るガイドヘルパーという仕事には、とても将来性があると言えます。介護職員初任者研修などの資格を同時に取得しておくことによって、介護士としても活躍することが出来ます。

ガイドヘルパーの独立について

現在調査中

ガイドヘルパーの主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*