こども音楽療育士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.05.31

資格 MIDI 検定

音楽療法とは音楽を通じて心の病をやわらげ心身的に回復することを目的としています。そのため人と関わる場所すべてにおいて音楽療法士の資格は役に立ちます。


こども音楽療育士は幅広い年齢層の男女が目指せる、患者の心身の機能維持、向上、行動変容をはかるプロフェッショナル資格です。
こども音楽療育士資格取得者は他にも音楽療育士と呼ばれております。
こども音楽療育士の資格は「民間資格」です。

資格広場は、こども音楽療育士になるには?こども音楽療育士なるためには?こども音楽療育士になりたいを応援しております。

こども音楽療育士になるために必要な知識・受験資格

音楽に関する知識は必要です。音楽療法に関する専門知識は、音楽関連の大学・短大・専門学校や、音楽療法士の民間資格を認定する学会の講座などで学ぶことができます。また、現場では自らピアノやギターなどを演奏することもあるため、それなりの演奏技術も身に付けておく必要があります。

こども音楽療育士の資格は「一般社団法人 日本音楽療法学会」が運営管理を行っております。

一般社団法人 日本音楽療法学会とは:
日本音楽療法学会は、同会認定の音楽療法士の資格を付与する団体です。音楽療法士の育成、音楽療法の普及・啓発などの活動を行っています。

こども音楽療育士

こども音楽療育士ってどんな仕事?(仕事内容など)

音楽療法士の資格は、現在民間資格となっています。音楽療法士養成協議会によって定義された、音楽療法士1種、2種については、指定された音楽療法士養成講座を持つ短大や大学でのカリキュラムを修了し、認定試験の受験資格を得ることができます。一方で、認定音楽療法士という資格も存在し、こちらに関しては、独自の認定基準が設けられており、書類審査と面接試験に合格したものに資格が与えられ、5年ごとに更新があるなど厳しいものとなっています。

こども音楽療育士資格取得の為の勉強法

音楽療法に関する専門知識は、音楽関連の大学・短大・専門学校や、音楽療法士の民間資格を認定する学会の講座などで学ぶことができます。音楽療法士という職業にいくら興味を持っていたとしても、まったくの未経験者が、いきなり音楽療法士として仕事をするのはほぼ不可能だといえるでしょう。

こども音楽療育士の専門学校や通信講座について

準備中です。


こども音楽療育士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

こども音楽療育士の資格試験料

音楽試験受験料は(実技・理論)各5,000円、(筆記試験受験料)10,000円、(面接試験受験申請料)10,000円、(音楽療法士資格認定料)30,000円となっています。

こども音楽療育士試験・検定の年間試験回数

年間の試験の回数は1回で、10月頃開催されます。

こども音楽療育士試験科目等の内容

音楽療法概論、発達障害・高齢者・リハビリテーション・精神科・ホスピス緩和ケアなどの各論、音楽療法研究、音楽療法技法(音楽系)、(非音楽系)、といった内容をクリアする必要があり、ピアノや音楽の基礎の実技テストがかされます。

こども音楽療育士資格の難易度

音楽療法士の難易度は、試験そのものよりそれを得るまでの過程がかなりの道のりであるため、総合的に考えると、難易度はそこそこといえそうです。養成期間を考えると、最低2年は必要である上、実技テストなどもその中でクリアしていかねばならないため、一般の資格よりもハードルが高いといえそうです。

こども音楽療育士資格の合格率

合格発表は約60%ほどと言われています。

こども音楽療育士試験の合格発表

合否は筆記試験、面接試験ともに本人へ直接通知されます。

国家資格バナー

PR



こども音楽療育士

こども音楽療育士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

こども音楽療育士所持者の職業例

病院や高齢者施設、学校、NPO団体など、医療や福祉・介護あるいは教育の現場など。

こども音楽療育士に向いている人

音楽療法士は音楽を活用することで、身体や心に病を抱えている人や日常生活を送ることが困難な人に対し、相手を元気にしたり、コミュニケーションの機会を提供していきます。日々、音楽と接する仕事なだけに、まずは自分自身が音楽を愛していること、音楽で楽しめるかどうかということが、この仕事をするうえではとても大切になってきます。自分自身、音楽を聞いて元気になったり勇気をもらったりしたことがある、音楽の無限の力を感じている、こうした思いに共感できる人であれば、音楽療法士にはとても向いているといえるでしょう。

こども音楽療育士と同じ分野の他の資格

介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、ケアマネジャー、ホームヘルパー、スクールカウンセラー、産業カウンセラー、心理カウンセラー、メンタルトレーナーなど。

こども音楽療育士の年収・給料相場

音楽療法士の給料は勤務先によってだいぶ異なるのが実情です。精神病院や高齢者施設で生活支援員として働く人も多く、それらの平均でいくと年収で300万円程度となります。大規模な病院で働く場合は、年収500万円以上を稼ぐ人もいますが、常勤としての仕事が見つからず、非常勤やアルバイトとして安い給料で働いている人もいます。

こども音楽療育士の現状

近年、職業としての音楽療法士の認知度が徐々に高まっています。精神科をはじめとする病院や個人経営のクリニック、高齢者施設、学校、あるいはNPO法人など、その活躍の場も多岐にわたっています。しかしながら、音楽療法士としての求人が行われているケースは、ほとんどないといっても過言ではありません。これは、音楽療法士の需要がないというわけではなく、日本ではまだ音楽療法に対して専門分野としての地位が確立されていないためです。そのため、実際には他の職業に就きながらの兼業であったり、看護師や介護士をはじめとする医療関係や福祉関係の仕事のなかで音楽療法を行うことが一般的となっています。

こども音楽療育士の将来性

この先もしばらくは、音楽療法士という職業一本で生計を立てていくことは厳しいかもしれません。現状は、福祉の現場で介護職として採用され、その中で音楽療法を行ったり、音楽療法士の派遣会社に登録して非常勤で働く人も多いようです。しかしながら、音楽療法は、おもに不安や悩みを抱える人の心をケアしたり、障害を持つ人の生活の質を向上させることを目的としています。うつ病、いじめ、自殺といった社会的な問題への関心が高まっている現代社会では、これから音楽療法士の必要性がさらに高まることが予想されます。今後、音楽療法士の専門職としての社会的認知度が高まっていくにつれ、より良い環境で活躍できる場が、さらに広がっていくのではないでしょうか。

こども音楽療育士の独立について

現状、音楽療法士として独立することはかなり困難といえるでしょう。認知度が低く、音楽療法士でなくても勉強さえすればある程度の音楽療法を行うことができるため、独立して仕事を見つけていくのは大変です。ただし、医療関係、福祉関係の資格を取って、仕事をするなかで音楽療法士の資格を活かすことは可能です。たとえば、看護師、社会福祉士、介護福祉士、看護師、精神保健福祉士、臨床心理士などの資格を取得している人が音楽療法の資格を併せて取れば、他の人にはない強みとなるでしょう。

こども音楽療育士資格を所有している主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*