ICDコーディングスペシャリスト(TM)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.07.10

コーディングとは、カルテに記載されている病名などを世界保健機構(WHO)の定める国際疾病分類(ICD)に従い、コード化することです。ICDコーディングスペシャリスト(TM)とは、ICDコーディング技能検定の1級または2級を所持している人のことで、医療機関でコーディングの作業を行います。


ICDコーディングスペシャリスト(TM)は幅広い年齢層の男女が目指せる、医療現場での需要が高い資格の1つ資格です。
ICDコーディングスペシャリスト(TM)資格取得者は他にもICDコーディング技能検定、診療情報管理士、医療事務と呼ばれております。
ICDコーディングスペシャリスト(TM)の資格は「民間資格」です。

資格広場は、ICDコーディングスペシャリスト(TM)になるには?ICDコーディングスペシャリスト(TM)なるためには?ICDコーディングスペシャリスト(TM)になりたいを応援しております。

ICDコーディングスペシャリスト(TM)になるために必要な知識・受験資格

ICDコーディングスペシャリスト取得者は、診療情報管理士や医療事務として働くことが多くなります。診療情報管理士になるためには、コーディングの知識の他、医師のカルテを読解するために医学専門用語や病名等の知識が必要です。またパソコンを使用したデータの入力・管理・メンテナンス・調査が重要業務になるため、実践的なコーディングソフトの使い方の知識が必要です。医療事務として働く場合には、カルテの管理やレセプト作成業務という診察の内容に応じた点数を計算し医療費を算定することが主な業務になりますので、医師が記述したカルテの読み方や医療保険制度の仕組みやルールなどに関する知識が必要です。また、パソコンを使ってレセプト業務を行うことが多いため、パソコンのスキルも必要です。

ICDコーディングスペシャリスト(TM)の資格は「NPO法人日本クリニカルコーディング協会(JHICA)」が運営管理を行っております。

NPO法人日本クリニカルコーディング協会(JHICA)とは:
国内及び海外のコーディング(医療機関の診療記録に記載されている病名や診療行為を世界保健機関の定める国際疾病分類に従い符号化する手法)を学ぶ人々を支援する事業を行う団体です。

ICDコーディングスペシャリスト(TM)

ICDコーディングスペシャリスト(TM)ってどんな仕事?(仕事内容など)

コーディングとは、カルテに記載されている病名などを世界保健機構(WHO)の定める国際疾病分類(ICD)に従い、符号化(コード化)することです。ICDコーディング技能検定はコーディングの知識やスキルを認定する技能検定で、1~3級の3つのレベルに分かれており、1級、2級の合格者にはICDコーディングスペシャリストの称号が付与されます。ICDコーディングスペシャリスト(TM)は、カルテに記載されている病名や診療行為を確認し、国際基準によって符号化(コード化)する作業を行います。1級を取得すれば、コーディングインストラクターとして、指導的立場で活躍することもできます。診療情報管理業務をする際に資格の取得は必須ではありませんが、ICDコーディングスペシャリストの資格を持っていることで、能力を証明することができます。

ICDコーディングスペシャリスト(TM)資格取得の為の勉強法

ICDコーディングスペシャリスト(TM)の資格を取得するためには、医療系の専門学校、短期大学、大学等に通うのがよいようです。医療事務として実務を経験したことがあるなどの場合は独学も取得可能ですが、医学専門用語など一般的にはなじみのない内容が多いため、これまで医療系の分野に携わった経験がない場合には専門機関で学んだほうがよいでしょう。日本クリニカルコーディング協会の会員校や講習会などで所定のカリキュラムを終了してから受験するのが一般的なようです。

ICDコーディングスペシャリスト(TM)の専門学校や通信講座について

準備中です。


ICDコーディングスペシャリスト(TM)の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ICDコーディングスペシャリスト(TM)の資格試験料

ICDコーディング技能検定の受験料は6,000円ほどのようです。受験資格に日本クリニカルコーディング協会の会員であることとあり、別途会員費が必要なようです。

ICDコーディングスペシャリスト(TM)試験・検定の年間試験回数

年2回実施されます。

ICDコーディングスペシャリスト(TM)試験科目等の内容

ICDコーディング技能検定の試験内容は、国際疾病分類第10版(ICD-10)に基づくコーディングの基礎知識です。

ICDコーディングスペシャリスト(TM)資格の難易度

ICDコーディング技能検定の難易度は不明です。診療情報管理には専門的な知識を必要とするため、資格取得の難易度は高めだと思われます。

ICDコーディングスペシャリスト(TM)資格の合格率

ICDコーディングスペシャリスト(TM)の称号が得られるICDコーディング技能検定1級、2級の合格率は4割前後のようです。ICDコーディング技能検定3級の合格率は7割程度です。

ICDコーディングスペシャリスト(TM)試験の合格発表

詳細は不明です。

国家資格バナー

PR



ICDコーディングスペシャリスト(TM)

ICDコーディングスペシャリスト(TM)資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ICDコーディングスペシャリスト(TM)所持者の職業例

診療情報管理士や医療事務として勤務します。一般医療事務業務のかたわら診療情報管理業務も行うといったことも多いようです。

ICDコーディングスペシャリスト(TM)に向いている人

ケアレスミスなくデータを管理できる注意力のある人に向いています。また、患者の病名や病歴、薬の種類などの個人データを日常的に扱いますので、個人情報リテラシーが高いことも重要です。診療情報管理士はパソコンに向かって作業する時間が多いため、長時間1人で作業をするのが苦にならない人に向いている一方、医療事務では患者さんなどに対応することも多くなりますので、コミュニケーション能力が高い人に向いています。

ICDコーディングスペシャリスト(TM)と同じ分野の他の資格

診療情報管理士認定試験、診療情報管理技能認定試験(メディカル・レコード・コーディネーター(R))、病歴記録管理士(R)資格認定試験

ICDコーディングスペシャリスト(TM)の年収・給料相場

診療情報管理士として就職する場合の給与は月15~30万円で、別途福利厚生などを受けられることが多いようです。医療事務の場合、契約社員やパート、アルバイト等の雇用形態のことも多く、平均年収は300~400万円のようです。

ICDコーディングスペシャリスト(TM)の現状

2003年にDPC/PDPS(包括評価)方式と呼ばれる、DPC(診断群分類)に基づいて1日あたりの入院費が定額支払いとなる制度が開始され、全一般病床の半数以上がDPC対象病院となっています。DPCの使用には疾病ごとに定められた国際疾病分類第10版(ICD-10)が必要であるため、DPCの運用にはコーディング技能が不可欠であり、ICDコーディングスペシャリストの需要も高まりつつあるといえます。

ICDコーディングスペシャリスト(TM)の将来性

今後も医療機関内でのIT化や制度改変が進むことが予想されますので、診療情報管理業務の重要性は増していく可能性が高いでしょう。

ICDコーディングスペシャリスト(TM)の独立について

医療機関に就職したり派遣されたりして活動します。

ICDコーディングスペシャリスト(TM)資格を所有している主な著名人

不明

コメントを残す

*

*