サウンドプログラマーになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-08-16

公開日:2018-09-26

おもにデジタルコンテンツのサウンド担当のクリエイターです。効果音から作曲、ゲームのサウンドやWEBでのクリック音などを手がけます。DAW(デジタルオーディオワークステーション)など、パソコン専用ソフトを使った音作りがメインでデジタルサウンドを作る専門職です。

       

サウンドプログラマーは年齢制限はありませんの男女が目指せる、マルチメディアに関わるさまざまなデジタルサウンドをつくり出す職業です。
サウンドプログラマーの職業は他にもサウンドプログラマー・サウンドクリエイターと呼ばれております。
サウンドプログラマーに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、サウンドプログラマーになるには?サウンドプログラマーになるためには?サウンドプログラマーになりたいを応援しております。

サウンドプログラマーならヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー

音楽センスは入学後でも身につけられる!

総合学園ヒューマンアカデミーミュージックカレッジでは、絶対に音楽に関わりたい!という人の徹底サポートを行っています。

自分に才能があるのか分からない、挑戦してみて無理だったらどうしよう…といった不安を解決し、学生全員を音楽業界でデビューさせる!をモットーに、各専攻に必要な技術や知識を提供し、現場で必要とされる人材になるような環境を提供しています。

カリキュラムにはレコーディングをはじめとした機材の操作法などの知識も扱っており、サウンドプログラマーのコンピュータを駆使して扱うサウンドシステムなど自らの思い描く音を世に送り出す為の知識を身に付けられるのです。

才能やセンスを身につけるのは入学後でも遅くはありません!一度無料資料請求して、ミュージックカレッジの詳細を確認してみませんか?

サウンドプログラマーの仕事内容

サウンドプログラマー

サウンドプログラマーとは、編曲をして音楽として完成させるサウンドコンポーザーにより作曲された音楽を、コンピューターを使用して実際にデジタル化にするプログラマーのことをいいます。ゲームなどの効果音やBGMでサウンドプログラマーはサウンドデザインについて、曲の始まりから停止、音量やフィルター、残響や発音位置、音の優先順位などのさまざまなロジックを駆使してサウンドシステムを構築し、ゲームと連動するように音楽を作り上げることが仕事です。ゲーム以外では映画や歌手への楽曲提供も行います。

サウンドプログラマーになる為の勉強法

独学で学びながら作った音楽(音源)を制作会社に売り込んだり、動画サイトに投稿して話題となるなども一つの方法としてあり、大学や音響の専門学校、短期スクールなどで、基礎的知識を身に付けるという方法もあります。音の基礎、音響の基礎、コンピューターの基礎、DAWの扱い方などが必要となります。

サウンドプログラマーになるための専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

ヒューマンアカデミーでサウンドプログラマーになる

ヒューマンアカデミー

夢を現実にする場所はこちら

ヒューマンアカデミーミュージックカレッジでは、音響エンジニア専攻でもサウンドプログラマーを目指す人が学びたい勉強ができます。

学園が音楽業界と強いつながりを持っていることもあり長期インターンシップ制度が充実しています。希望している学生は全員がインターンシップに参加することが出来るのです。

在学中からプロの現場で働きつつ学ぶことにより、人脈やコネクションを広げられ、確実な音楽業界でのデビューを約束しています。

ヒューマンアカデミーミュージックカレッジで、サウンドプログラマーに必要なコンピューターや音響・MIDIの知識と技術を学んで、インターンシップに参加し、夢を現実のものにしましょう!

総合学園ヒューマンアカデミーの詳しい資料は無料で請求して、楽しみながら学べる環境へ飛び込んでみませんか?

サウンドプログラマーの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

サウンドプログラマーの学歴

現在調査中

サウンドプログラマーの勤務時間

現在調査中

サウンドプログラマーに必要なスキルや機材

現在調査中

サウンドプログラマーのやりがい

現在調査中

サウンドプログラマー苦労、大変なこと

現在調査中

サウンドプログラマー

サウンドプログラマーの年収・将来性・独立について

サウンドプログラマーに向いている人

表現することが好き、耳が良いと思うことが多い、機械の操作が好き、文科系というより理工系、音に興味がある、ゲームや映像が好きなような人が向いています。大勢の人とスムーズに連携することが重要な仕事ですから、コミュニケーション能力や協調性、社交性、理解力、折衝力がある人も向いているといえます。パソコンや音楽全般に対する造詣が深いことは必須条件で、そのうえで音楽以外のエンターテイメントやあらゆる分野について好奇心が強い人、多趣味な人は発想力が豊かになるのでそのような人も向いているといえます。

サウンドプログラマーと同じ分野の他の職業

CGデザイナー、CGアニメーター、キャラクターデザイナー、ゲームプランナー(ディレクター)、ゲームプログラマー、ゲームCGデザイナー、ゲームクリエイター

サウンドプログラマーの年収・給料相場

業界全体が若い世代層となっているので、20代では350万~400万、30代では450万~500万が平均となっているようです。平均初任給で18万円から20万円前後のようです。

サウンドプログラマーの現状

デジタル音楽を利用している企業ではつねにサウンドプログラマーの求人を行っています。小規模メーカーなどでは作曲もこなせて機械にも強いマルチな才能が求められています。大手メーカーではサウンドの仕事も作曲担当や効果音制作などに分業が進んでいるので、プログラミングを得意とする才能のある人が求められています。サウンドプログラマーに対するニーズはコマーシャルやカラオケ、ゲームサウンドなど幅広い分野にまで広がっています。

サウンドプログラマーの将来性

将来性は、ゲーム産業の今後にかかっているといえます。単発の仕事なら、動画サイトの専用のフリーサウンドに広告をつける作成を請け負うところもありますが、基本的には大手企業に就職して自分の実績を重ねないと将来が厳しいかもしれません。また、スマホゲームの普及もあり、ゲーム業界全体は成長しているので、サウンドクリエイターの需要はとても高いです。しかし、大手ゲームメーカーの就職希望人気は高いため、サウンド制作会社に勤め、ゲーム音楽に携わるのも一つの方法です。

サウンドプログラマーの独立について

コンテンツ産業のさらなる発展が見込まれているなか、サウンド制作会社に所属する独立系のサウンドクリエイターがさらに活躍するものと考えられています。

サウンドプログラマーになるには?まとめ

ヒューマンアカデミー

デジタル音楽の世界で活躍する為に

コンピュータを駆使して音楽を最後の完成まで持っていくのがサウンドプログラマーの仕事です。

CD等のデータとなった音楽は生演奏とは音量や残響などがどうしても違ってきますが、いかに美しいままの音楽をデジタル化できるかはサウンドプログラマーの技術にかかっていると言っていいでしょう。

素晴らしい効果音やBGMはゲームや映画でもより素晴らしい体験を創り出すことに貢献してくれるもので、たくさんの人々に夢を届けられる仕事です。

サウンドプログラマーの需要は、これから右肩上がりに増えていくとも言われているので、DTMやMIDIが使えるという事は就職にもかなり有利になります。興味がある方はぜひ、ヒューマンアカデミーの詳しい資料を無料で請求して、必要な学びを習得できる環境を確認しましょう!

コメントを残す

*

*