ピアノ調律技能士

ピアノ 調律師 資格

子供の習い事としても根強い人気のあるピアノ。調律技能士は、ピアノの調律や修理作業だけでなく、ピアノの構造や音楽理論、物理学なども必要とされます。メーカー勤務となった場合は、調律以外にもピアノ販売のノルマを課せられることもあるようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピアノ調律技能士は10代~20代前半の男女が目指せる、趣味を仕事にできる資格です。
ピアノ調律技能士資格取得者は他にもピアノ調律師・ピアノ技術者という名称で呼ばれております。

ピアノ調律技能士の資格は「国家資格」です。

sponsored link

専門学校・短大・大学10箇所を一度に資料請求や願書取り寄せを行うだけで全員にもれなく
1000円分の図書カードを全員にプレゼント!!

資料請求キャンペーン
キャンペーン詳細を見る

資格広場ではピアノ調律技能士になるには?ピアノ調律技能士なるためには?ピアノ調律技能士になりたいを応援しております。

ピアノ調律技能士になるために必要な知識・受験資格

ピアノ調律技能士はピアノの調律、修理作業方法だけでなく、ピアノの構造や音楽理論、物理学や音響についても知っておくべきでしょう。
知識や技術の質と量で、仕事の多さも変わります。
音楽大学を出なくても、専門学校で学べばある程度の知識は習得できるようです。

ピアノ調律技能士の資格は「一般社団法人日本ピアノ調律師協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人日本ピアノ調律師協会とは:
一般社団法人日本ピアノ調律師協会は日ピ(ニッピ)と呼ばれる、ピアノの調律師を登録、管理する団体で、試験も実施しています。

ピアノ 調律師 音楽

ピアノ調律技能士ってどんな仕事?(仕事内容など)

ピアノ調律技能士は、一般的にはピアノ調律師と呼ばれます。
その名の通り、ピアノを調律したり修復したりと、ピアノを保管管理することが仕事になります。
日本では1896年ごろにピアノ調律師という言葉が生まれたという説があります。
大抵は楽器、ピアノメーカーに所属して仕事をもらいますが、自営業で仕事を見つけるピアノ調律師もいます。
家庭や学校、市民ホールなどの小規模な仕事から、大きなコンサートなどで、音響効果の知識を使い、演奏者の要望に沿った調律をするピアノ調律師もいます。

ピアノ調律技能士資格取得の為の勉強法

ピアノ調律技能士の技能検定試験に合格するための1番の近道は、専門学校や養成機関で学ぶことと言われています。
特に3級と2級はまじめに勉強していれば、専門学校で学んでいるうちに合格できる仕組みになっていいます。
1級は簡単には合格できませんが、専門学校にいるうちにできるだけ早くピアノ調律技能士の技能検定試験2級と3級に合格し、1級に向けての勉強を始めて、講師に質問できるうちにたくさん質問するのが賢い勉強法でしょう。

ピアノ調律技能士の専門学校や通信講座について

準備中

sponsored link

ピアノ調律技能士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ピアノ調律技能士の資格試験料

ピアノ調律技能士の学科試験料は1級、2級、3級全て8,500円ですが、実技試験は追加で試験料が発生し、1級は29,500円、2級は26,500円、3級は23,500円になります。

ピアノ調律技能士試験・検定の年間試験回数

ピアノ調律技能士の試験は1年に1回です。
1級の学科試験は7月上旬、実技試験は10月から2月のいずれかの日とされています。
2級の学科試験は7月上旬、実技試験は9月から2月のいずれかの日とされています。
そして、3級の学科試験は11月上旬、実技試験は翌年1月から2月のいずれかの日とされています。
ただし、1級の学科試験免除者は7月から10月となっています。

ピアノ調律技能士試験科目等の内容

学科試験と実技試験両方に合格することが必須となります。
学科試験は制限時間は同じですが、級で問われる内容やレベルが変わってきます。
実技試験の内容の差は、学科試験で顕著に表れます。3級はアップライトピアノと呼ばれる種類のピアノの調律や修繕が主です。
2級はアップライトピアノの調律、整調、修繕とグランドピアノの整調で、1級の学科試験になると、グランドピアノとアップライトピアノの両方を調律、整調、修繕しなければいけません。
制限時間も級が上がるほどに短くなるので難しいでしょう。

ピアノ調律技能士資格の難易度

2級と3級は、専門学校にいるうちから合格できるので、あまり難しくはありません。
1級は実務経験が必要なので、2級と3級に比べて難易度が上がります。
また、1級は2級と3級に比べて調律、修繕できるピアノの種類が変わったり増えたりするのでそれに対応する必要があります。

ピアノ調律技能士資格の合格率

ピアノ調律技能士3級の合格率はおおよそ3割、2級は2割前後、1級は1割から2割と言われています。
学科試験には合格したけど、実技試験がダメだったという場合でも、学科試験免除制度があるので、うまく利用して合格していきたいですね。

ピアノ調律技能士試験の合格発表

合格発表は一般社団法人日本ピアノ調律師協会のホームページで行われます。
ホームページに合格者の受験番号を掲載する方法です。学科試験の場合は試験終了からのおよそ1か月後に、実技試験は年度末頃から順次発表されるようです。
また、合格発表と同じタイミングで合否通知が送られます。

sponsored link

ピアノ調律技能士

ピアノ調律技能士資格取得後の就職先・報酬相場

ピアノ調律技能士所持者の職業例

ピアノ調律技能士(メーカー勤務、自営業など)

ピアノ調律技能士に向いている人

大前提として、ピアノ調律技能士になるならピアノが弾けなくてはいけません。
そして、調律に関する知識や技術が必要です。また、ピアノ調律技能士は待遇がいいとは必ずしも言えません。
工夫して顧客獲得できる人や、薄給でも好きなことを仕事にしたいと心から思える人が向いているでしょう。

ピアノ調律技能士と同じ分野の他の資格

音響技術者、舞台機構調整技能士、MIDI検定

ピアノ調律技能士の給料相場

ピアノ調律技能士の年収は40歳前後で400万程度と言われています。
楽器メーカーの正社員でもピアノ販売のノルマがあったり、同年代の平均年収に満たなかったり、独立していても住宅ローンの審査が通らないくらいに収入が不安定な場合があるようです。

ピアノ調律技能士の現状

ピアノ調律技能士資格を取得して、楽器メーカーの正社員になった場合は、ピアノの調律以外にもピアノの販売のノルマなどが課せられます。
独立の場合はピアノの調律だけでなく、ピアノや楽器のクリーニングなども兼業しなければ顧客が就かない場合もあるようです。
日本のピアノの台数自体が減っている中、工夫しなければ厳しいようです。

ピアノ調律技能士の将来性

ピアノを弾く人が以前より減り、ピアノの台数が減っている近年では、ピアノ調律技能士という資格に将来性があるとは簡単には言えない状況です。
電子ピアノがあるとはいえ、ピアノ自体が斜陽産業という意見もあります。
それでもピアノ調律技能士を目指すのであれば、他と差別できる何かを身につけましょう。

ピアノ調律技能士の独立について

近年は騒音や少子化で、ピアノを所持しているという一般家庭が減少しています。
なのでピアノ調律技能士の資格だけで独立して生計を立てるというのは難しいでしょう。
個人のピアノ講師になって、生徒の家のピアノも調律するというパターンや、コンサートのサポートメンバーなどになって時間のある時に調律の仕事を行うなど、
何本か収入の柱を立てておかないと、厳しい生活になるでしょう。

ピアノ調律技能士資格を所有している主な著名人

不明

関連するアート・音楽系資格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するアート・音楽系の資格をご紹介します。

 

このほかにも、資格広場ではたくさんの資格を紹介しています。
興味のある資格を見てみましょう!

コメントを残す

*

*