歌が上手くなるには?ボイトレやカラオケ練習だけで歌唱力は上がる?

masman

by kitasan

更新日:2019-05-07

公開日:2019-05-07

歌が上手くなるには

歌手のように歌を上手く歌いたい!と思ってはいても、歌が上手くなるにはどうしたらいいか分からず悩んでいる方も多いのでは?この記事では、ボイトレやカラオケを利用して歌が上手くなる練習方法を紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね。

       

社会人になると、人前で歌を歌うことも多くなりますよね?ですが、自分の歌に自信がないという人も多いのではないでしょうか?

この記事では、歌が苦手な方や初心者でもボイトレやカラオケで練習することで歌が上手くなる方法を紹介します。

歌手のように歌が上手くなるには地道な努力が必要ですが、コツコツと積み重ねることで必ず上達できる方法を伝授していきます。

歌が上手な人の特徴とは?

歌が上手くなるには

歌が上手くなるにはどうすればいいかを考える前に、歌手や歌が上手い人にはどんな特徴があるのかを知る必要があります。

まずは有名な歌手や歌が上手いと言われている人に共通する点を踏まえて、歌が上手くなるには何が必要なのかを考えていきましょう。

歌が上手な人は音程が取れる

歌が上手い人の特徴として、正確にメロディの音程が取れることが挙げられます。音程を取るということは、簡単に言うと「出したい音を正確に出せる」ということになります。

なので、音程が取れなかったり音程を外してしまうことで歌が上手に聞こえない大きな原因となるのですね。

歌が上手な人はリズム感がある

歌が上手くなるには、リズム感も重要になってきます。自分の歌に自信がない人の中には、過去にリズム感がないと言われてしまった経験がありませんか?

曲にはテンポと呼ばれるリズムが存在し、そのリズムに合わせて曲が進行していきます。

曲のリズムと自分の歌っているリズムがずれてしまうと、どうしても歌が上手く聞こえない原因になってしまいます。

歌が上手な人は音量調節ができる

歌が上手い人とそうでない人の違いは、歌う際に音量調節ができるかできないかにあります。歌うことが苦手な方に多く見受けられることが、自分の声を張り上げて歌ってしまっていること。

もちろん声量があることに越したことはありませんが、大声で張り上げて歌ってしまうと逆効果になる場合もあるのです。

歌が上手くなるにはただ単に大きな声で歌うのではなく、強弱をつけて歌うことに意識を向けることも大切です。

歌手・ミュージシャンになるには?仕事内容・給料(収入)・必要な...
歌手・ミュージシャンになるために必要なことをまとめています。歌手・ミュージシャンにも様々なジャンルや、様々ななり方があるのでここに掲載しているのは一例ですが、歌手・ミュージシャンを目指している皆さんのお役に立てればと思います。
作曲家になるには求人募集はどこから応募する?年収や仕事内容まとめ
この記事では作曲家になるにはどうすればいいのか?仕事内容はや求人情報、年収、有名な日本人の作曲家などの作曲家について疑問に思う事を紹介していきます。作曲家と言う言葉は良く効く言葉ですが、具体的な内容はご存知ないのでは?

ボイトレで歌唱力は上がる?

歌が上手くなるには、ただ単に歌い続けていたら上達するわけではありません。有名な歌手はもちろん、歌が上手いといわれている方はボイトレを欠かさず行っているんです。

日ごろから地道な努力を積み重ねてこそ、歌が上手くなる秘訣であるといえます。ここから先では、初心者でも始められる簡単なボイトレを紹介していきます。

歌が上手くなるには姿勢が大事

まず、ボイトレを始めるにあたって1番重要になってくるのが「歌う姿勢」です。

何よりも大事なのはリラックスすることですが、腰を丸めたり猫背の状態では歌う姿勢としては良くないです。

しっかりと背筋を伸ばし、あごを引き、真っすぐ正面を向くことを意識しましょう。さらに、歌う時は遠くにいる人に向けて歌うように意識すると声が通りやすくなります。

歌が上手くなるにはリップロールが有効

ボイトレの中で最も有名な練習方法が「リップロール」という発声法。

リップロールのやり方は、口を軽く閉じた状態で息を吐きだし、唇をプルプルと振動させるだけです。リップロールを行うことで、高音が出しやすくなり、正しく音程を取ることができるという効果があります。

歌が上手くなるには腹式呼吸を意識

おそらく多くの人が耳にしたことがあるであろう「腹式呼吸」という呼吸法。普段私たちの生活においては、無意識に「胸式呼吸」という呼吸法を使っています。

歌を歌うときに「腹式呼吸」が良いとされている理由は、お腹から声を出すことで喉を傷めず、安定した声量で歌い続けることができるからです。

腹式呼吸の練習方法は動画サイトでもたくさん紹介されているので、参考にしてみるのも良いかもしれません。

音楽教室でボイトレに通うのもおすすめ

自分自身でどうやって練習すればいいか分からない方は、音楽教室や専門のボイトレ教室、カラオケ教室に通うことも1つの手段です。

間違った練習法で喉を傷めてしまうよりは、しっかりと指導してもらうことが歌が上手くなるには1番の近道かもしれません。

ボイトレ教室やカラオケ教室によっては無料の体験レッスンを行っている場合も多いので、1度試してみるのもおすすめですよ。

カラオケで練習して上達を目指そう!

歌が上手くなるには

自宅でもボイトレをすることは可能ですが、やはりカラオケで練習することでコツが掴める可能性が高いです。

歌が上手くなるには、定期的にカラオケを活用してみるのもおすすめです。ここでは、カラオケでできる歌が上手くなるには必要な練習方法を紹介します。

カラオケでは歌いやすい曲を選曲しよう

カラオケで練習する場合は、すぐに難しい歌や好きな歌手の歌を歌う前に、自分が歌いやすいと感じる曲を選曲することが大事です。

選曲基準は、音域や音程が無理ない程度に出せて、なおかつ自分の声質が似ている歌手の曲を選びましょう。

カラオケでは1曲マスターしよう

歌が上手くなるには、しっかりと選曲した練習曲を1曲マスターすること。そのために、選曲した歌手の曲の歌い方を聴き込むことが大事になってきます。

初めは歌手の真似をしてカラオケで歌ってみるとイメージが掴みやすいかもしれません。

最初から上手く歌おうとする必要はありませんので、まずは1曲聴き込むことで歌をマスターしていきましょう。

カラオケでは自分の歌を録音しよう

歌が上手くなるには、自分の声を知ることが1番大事といわれています。

ですので、カラオケへ練習に行った際は是非自分の歌っている歌を録音して聞いてみることをおすすめします。

自分の声や歌を客観的に聞くことによって、何が良くて何がダメなのか新しい発見があるはずです。

まずは自分の歌や声を受け入れて、歌手の歌い方とどう違うのかを研究してみましょう。

歌手のように歌が上手くなるには?ボイトレやカラオケでの練習方法まとめ

いかがでしたか?

歌が上手くなるにはどんな練習方法がおすすめなのかを紹介してみました。

有名な歌手も普段から地道な努力を続けているように、歌が上手くなるには日々のボイトレが欠かせません!また、定期的にカラオケなどに出向いて練習してみることをおすすめします。

最初は難しく感じてしまうボイトレですが、コツさえ掴んでしまえば意外と簡単です。是非チャレンジしてみてくださいね。

コメントを残す

*

*