色彩検定(A・F・T)の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-03-12

色彩検定は認知度・信用度が高いため、デザイナーと呼ばれる人たちだけではなく、様々な業種でセンスを問われるので販売、企画、事務といった職種の人達をはじめ一般社会人でも持っていると優遇されることが多くあります。センスを磨くために趣味で取得する人も多いそうです。


色彩検定(A・F・T)は幅広い年齢層の男女が目指せる、近年では、ファッション、インテリア、グラフィック等のいわゆるデザイナーと呼ばれる人達から、販売、企画、事務といった職種の人達をはじめ一般社会人にも幅広く受け入れられており、優遇される求人も多い。資格です。
色彩検定(A・F・T)は他にもカラーデザイナーと呼ばれております。

色彩検定(A・F・T)は「民間資格」です。

色彩検定(A・F・T)取得のために必要な知識・受験資格

何も知らない人が一から勉強して合格することもできるので、テキストなどを見ながら知識を深めていくことが必要です。

色彩検定(A・F・T)は「公益社団法人色彩検定協会」が運営管理を行っております。

公益社団法人色彩検定協会とは:
A・F・Tは1976年に「日本の服飾文化の向上発展に寄与すること」を目的として発足しました。1986年にはその活動が認められ、社団法人 全国服飾教育者連合会として文部省(現:文部科学省)より公益法人の認可を得ました。さらに2012年4月、内閣府から公益法人の認定を受け、色彩検定協会へと名称を改めました。

色彩検定(A・F・T)

色彩検定(A・F・T)ってどんな資格?

『色彩検定』にはその程度や難易度から3級(色彩学の基礎的な知識を学ぶ入門編)・2級(3級範囲を深化させ詳細に学ぶ発展編)・1級(2.3級範囲に加えて 色彩の専門的な知識&技能が必要とされる専門編)があります。英検などと同じ公的資格に属する色彩検定は、社会的認知度や信頼度が高いため就職や転職などの際に大きな意味を持つといわれています。

色彩検定(A・F・T)取得の為の勉強法

勉強法としてはテキストを何度も読み返すこと、コツコツ暗記することが大切になってきます。問題集も一度目はざっと眺める程度にし、二度目に内容を理解しながら読むことをお勧めします。テキストの次は問題集です。こちらは問題文を暗記するくらいの勢いで繰り返し何度も取り組みましょう。こちらはじっくり一回やるよりもさらっと五回やる方が効果的という声もあります。

色彩検定(A・F・T)の専門学校や通信講座について

準備中です。


色彩検定(A・F・T)の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

色彩検定(A・F・T)の試験料

3級7,000円、2級10,000円1級15,000円(一次免除者も同じ)

色彩検定(A・F・T)の年間試験回数

3級、2級は6月と11月にあり、1級は冬季試験のみです。1級は2次試験まであるため1次試験は11月、2次試験は12月にあります。

色彩検定(A・F・T)試験科目等の内容

3級はマークシートのみになります。2級もマークシート方式ですが一部記述もあります。

色彩検定(A・F・T)の難易度

3級の難易度は高くなく、日本の資格試験の中でも合格しやすいものです。出題傾向にも一定のパターンがあります。3級であれば独学でも1ヵ月程度の独学での合格が可能です(1日1時間勉強した場合)。

色彩検定(A・F・T)の合格率

2016年度のデータでは3級合格者は約75%、2級は約63%、1級は約30%となっています。

色彩検定(A・F・T)の合格発表

1ヵ月程度で郵送で合否の通知が模範解答と共に送られてきます。

国家資格バナー

PR


色彩検定(A・F・T)

色彩検定(A・F・T)取得後の就職先・年収・報酬相場

色彩検定(A・F・T)所持者の職業例

ファッション業界、美容、webデザイナーなど様々

色彩検定(A・F・T)の取得に向いている人

色が好きな人。色を扱いながら人の心に働きかけることができるので、人と接するのが好き、という人にも向いています。おしゃれのセンスを磨くために学ぶ人も多いようです。

色彩検定(A・F・T)と同じ分野の他の資格

カラーコーディネーター検定試験

色彩検定(A・F・T)の年収・給料相場

1級を取得することができれば色彩の学校等の講師につくこともできますが、フリーランスに近いものとなっているので、収入は千差万別となります。インテリアやファッション系では知名度もあり、優遇・収入が上がるということも多くあります。その他職種であれば、特に色彩検定のみで優遇、収入が上昇するということは難しいです。

色彩検定(A・F・T)の現状

色彩検定以外にも色彩系の資格はいくつかありますが、公的資格の一つである色彩検定は、国家試験に準ずる資格として、社会的認知度・信用度が高いため持っていると有利でしょう。

色彩検定(A・F・T)の将来性

近年では、多くの職種で色彩に関するセンス・技能が求められており、そうした時代のニーズに対応するためにも色彩検定取得の重要性は年々大きくなっているといえるでしょう。ファッション関係でなくても、この資格を評価する動きが少しずつ出てきていますし、仕事の幅および将来性を広く、豊かなものに変えていくという役割を果たすことになるかもしれません。

色彩検定(A・F・T)所持者の独立について

フリーランスとして色彩の学校等の講師になることもできます。デザイナーになった際も2級以上だとアピールできるでしょう。どちらかといえば独立よりも持っていることで職業の幅が広がるという方が多いのかもしれません。

色彩検定(A・F・T)を所有している主な著名人

篠原ともえさん、筧 沙奈恵さん

コメントを残す

*

*