音楽家の仕事とは?音大や音楽学校での勉強についてもご紹介

masman

by MATSUZAWA

更新日:2019-06-29

公開日:2019-06-29

音楽家

今回は音楽家に関して、音楽家の主な仕事や音大、音楽学校での勉強について詳しく紹介します。「音楽家ってどんな仕事をしているの?」「音楽家になるには?」という方はぜひ参考にして下さい。


音楽家とは、ミュージシャンや歌手など、音楽に携わる職業です。

しかし、音楽家は普段どんな仕事をしているのでしょうか。

そこで、音楽家の主な仕事内容や活動内容、音大や音楽学校における音楽家になるための勉強について紹介します。

将来音楽家を目指している方、音楽業界での活動や就職を考えている方は必見です。


音楽家ってどんな職業?

音楽家

音楽家とは、「音楽に携わる人」すべてを指します。

特に、楽器演奏者や声楽家、作曲家や指揮者などクラシック音楽やオーケストラに携わる人に対して「音楽家」という言葉がしばしば使われます。

そのため、音楽家によって専門や活動内容が異なり、音楽家としてコンサートの舞台活動をしている人もいれば音楽学校で教鞭を取りながら作曲活動を行っている方もいます。

いずれにしても音楽家にとって「音楽を通して多くの人に感動を与える」ということが最大の指名であるため、音楽の楽しさを伝えるために幅広い分野で活躍しています。

音楽家の主な仕事内容

音楽家には分野ごとに様々な役割がありますが、普段から実際にどのような活動や仕事を行っているのでしょうか。

音楽家の主な仕事内容について一緒に見ていきましょう。

その1:オーケストラでの演奏や指揮

音楽家と聞いて最もイメージしやすいのがオーケストラに所属している楽器の演奏者やコーラス、指揮者かと思います。

彼らは演奏会やコンサートを開くことによって収入を得ています。

とは言っても毎日コンサートを開いているわけではないため、通常は表現力や技術を磨き、多くの人を感動させるための鍛錬やトレーニングを行っています。

オーケストラとして有名になれば国内だけに留まらず海外でのコンサートにも呼ばれるようになったり、映画やミュージカルで使用されるサウンドトラックやテーマソング収録のオファーも来ます。

その2:曲作りやレコーディングへの参加

オーケストラよりも比較的小規模な音楽団に所属している音楽家やソロで活動している音楽家は、主に他のミュージシャンに曲を提供したり、レコーディングに参加する曲作りに携わることもあります。

有名音楽家ともなれば数多くのアーティストやプロデューサーからのオファーがかかり、作詞・作曲や編曲などを任されるようになります。

また、有名歌手の専属バンドとしてレコーディングに携わる音楽家もいます。

このように音楽家と一言にいっても作詞・作曲を手がける音楽家、実際に楽器や音響機器を使用して曲作りに励む音楽家など非常に多種多様であるため、自分のスキルや専門分野によってマルチな活動をしているのです。

その3:個人レッスンや音楽学校での指導

音楽家の中には、ピアニストや新たな音楽家を育成するために専門の音楽学校や音大等で教鞭をとっている方もいます。

例えば、ピアノの個人レッスンを行う講師、音楽学校においてクラシックなど専門分野における技能や知識を教える講師などがいます。

通常、音楽家を目指す方法としては良き指導者のもとレッスンを行う必要があるため、次世代の音楽家を育てるためには現役の音楽家の高度な指導やレッスンが必要不可欠なのです。

講師や指導者として活動している音楽家の場合、レッスンや学校での講義以外にも自らが作曲・作詞家や声楽家としての活動を行っている方もいます。

音楽家になるには?音楽学校での勉強

それでは、将来音楽家を実際に目指している方のために音楽家になるための具体的な方法や必要な勉強について紹介します。

音楽家になるには音楽格好や音大に通う

先程も述べたように音楽家にはいくつかの専門分野がありますが、いずれにしても音楽家になるためには音楽学校や音大などの専門機関でしっかりと指導を受ける必要があります。

というのも、独学で目指そうと思ってなれる職業ではなく、声楽家、作詞家、作曲家になるためにはプロのもと専門的な指導やレッスンを受ける必要があるからです。

日本国内の有名な音大、音楽学校としては東京藝術大学、東京音楽大学、武蔵野音楽大学、国立音楽大学などが挙げれます。

自分が目指す分野によって、ピアノ科、音響科、声楽科など専攻学部・学科を選択します。

海外の音大や音楽学校に留学する人も

幼少期から各分野において優れた実績やコンクール等での入賞経験のある方の多くは海外の有名音大や音楽学校に留学して更に技術を磨きます

とは言っても誰もが留学できるわけではなく、大抵の場合推薦入学となるため、ピアニストやバイオリニストなど相当なスキルと実績がある方しか海外の学校には留学できません。

有名な音楽学校としてはアメリカのバークリー音楽学校などがあり、世界中から優れた生徒が集まります。

音楽学校では基礎知識を身につけるための勉強も行う

音楽学校でやることと言えば、ひたすら演奏などのレッスンを行っているというイメージがありますが、各分野に関する専門知識を身につけるための講義形式の授業も行われます。

たとえば、ピアニストや声楽家を目指すための学部に所属する場合、もちろん実際に楽器を使って演奏するレッスンもありますが、クラシックの歴史やショパンやベートーベンと言った有名作曲家の音楽を聞き、それに関する知識を身にけるための勉強もします。

つまり、音楽家を目指す上でもちろん楽器の演奏技術やスキルも重要になりますが、将来プロとして活躍するためには各分野における基礎的知識を身につけるための勉強も必要となるのです。

音楽家の仕事とは?音楽学校での勉強まとめ

音楽家には、作詞家、作曲家、声楽家、またオーケストラに所属する演奏家や指揮者など非常に様々な分野があるため、それぞれの仕事内容や活動内容もそれぞれ異なります。

しかし、どの分野の音楽家でも「音楽を通して人を感動させる、魅了する」という共通の目的があるため、それを実現するために音楽家は日々鍛錬やトレーニングを行っています。

音楽家として活躍するためには専門技術やスキルはもちろん重要ですが、音楽に関する専門知識も同じくらい重要になるため、音楽学校に通うことでそれらを身に着けます。

音楽家としての道は非常に過酷なものですが、将来実際に目指している方は以上で紹介したことをぜひ参考にして下さい。

コメントを残す

*

*