色彩士検定になるには?難易度・仕事内容・合格率・給料相場

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-18

公開日:2017-01-20

資格 色彩士

色彩士検定取得者は他にはカラーマスターという名称で呼ばれております。 資格名:色彩士検定 色彩士検定は「民間資格」です。 資料を比較して取得を目指す 目次1 資格広場では色彩士になるには?色彩士なるためには?色彩士になり […]


色彩士検定取得者は他にはカラーマスターという名称で呼ばれております。

資格名:色彩士検定

色彩士検定は「民間資格」です。

メディパートナーバナー

資料を比較して取得を目指す

資格広場では色彩士になるには?色彩士なるためには?色彩士になりたいを応援しております。

色彩士になるために必要な知識

色彩士検定3級の試験では、基礎的なことはもちろんのこと、それに加えて色に関する異論的な事、応用、技能の知識が必要となります。

特に色の成り立ちや表現方法についての知識が大切です。
2級では、3級よりも応用的な知識が必要となります。基本的なことに加えて、色に関する歴史などの知識や分析の能力が必要です。

1級は、色彩知識に加えて、さらに高度な色彩計画や専門的な技能が必要となります。

色彩士検定の資格は「全国美術デザイン教育振興会(略称:ADEC)」が運営管理を行っております。

全国美術デザイン教育振興会(略称:ADEC)とは:

全国美術デザイン教育振興会は美術教育向上を目的とし、全国の美術・デザイン専門学校が集まって作られたNPO法人です。
色彩士検定の問題、カリキュラム作成を行っています。
またその他、教員の研究会や「全日本高校デザイン・イラスト展」を主催しています。

色彩士検定 資格 なるには

▼ 仕事内容▼ 試験詳細▼ 資格取得者の傾向

色彩士ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

色彩士検定を受け合格するとその級のカラーマスター(色彩士)の称号が与えられます。

色彩士検定とは、色彩を学んでいる人、興味がある人、職業としてかかわる人、実際の生活で活用する人の知識、造形、認識についての能力を認定するものです。

実践で生かすことができる色彩能力を身につけた人材を育成することを目標としており、様々なフィールドで活躍できるデザイナー、アーティスト、カラーコーディネーターなどの能力を段階的に認定していくものです。

試験では理論と実技の両方の能力を試されるため、色彩についての検定の中でも、よりクリエイティブで実践的な検定となっています。

色彩士検定資格取得の為の勉強法

公式の試験対策向けの教材と過去問題が色彩士検定委員会より販売されており、わかりやすく構成されています。
基本的にはこちらを購入して勉強します。

また、3級、2級受験の無料対策講座も開催されています。
その他として、検定委員会が推薦する参考図書はより詳しい学習に適しています。

また、文部省後援ではありませんが、4級の試験がオンライン上で随時受験可能となっています。
3級以上の入門的な要素を含んだ試験ですので、3級を実際に受ける前に力試しとして受験してみることができます。

色彩士検定の試験料・試験の内容・合格発表について

色彩士検定資格試験料

色彩士検定は1級、2級、3級の試験があります。

試験料は1級が20,000円、2級が7,000円、3級が5,500円となっています。(全て税込みの金額です。)

色彩士検定試験・検定の年間試験回数

試験回数は受ける級によって異なります。

1級が9月の年1回、2級は1月の年1回、3級が1月と9月の年2回となっています。

色彩士検定の試験科目等の内容

3級の試験では、理論問題、演習問題、実技問題がマークシート形式で出題されます。

内容は、色のなりたち、混色、表示方法、知覚や心理効果、色彩調和などについて出題されます。

2級の試験では、理論問題、演習実技問題が多肢選択式によって出題されます。
内容は、色の文化、歴史、色彩の分類システム、データー分析などが出題されます。

1級は、色彩士検定2級以上でなければ受講することができません。
試験は理論問題と実技問題の2種類あり、理論問題では多肢選択式、実技問題はプレゼンテーションの作成となっています。

理論問題は、色彩に関する仕事や研究に2年以上従事した専門性の高い知識が問われます。
実技問題では、色彩設計におけるイメージコンセプトと色彩のビジュアル表現におけるプレゼンテーション能力が求められる実技試験となっています。

資料請求はこちら

色彩士検定の難易度

3級、2級の合格率は比較的高いものの、1級の合格率は大変低くなり取得が難しいとされています。

3級は、専門学校や短大、大学などで半年程度の色彩学習を履修したレベル、2級は、1年程度の履修をしたレベル、1級は教育機関を卒業後、さらに専門学校や大学院などで2年以上勉強したレベルとされています。

色彩士検定の合格率について

合格率は1級の理論試験が10~30パーセント、実技試験が20~40パーセント、2級が50~60%、3級が約80%となっています。

色彩士検定の合格発表

試験結果は郵送されます。
団体で受けた方は、団体で受けた各会場へ、個人で受けた方は個人の住所へそれぞれ郵送されます。合格者には認定カードが同封されます。

色彩士検定取得後の傾向

色彩士の職業例

デザイナー、カラーコーディネーター、アーティストなどのクリエイティブな仕事が期待できます。

色彩士に向いている人

色が好きで興味があることは大前提ですが、活躍する場として、インテリア、ファッション、グラフィックなどのデザイン関係の仕事があります。

そのような場で、クライアントに自分のデザインなどを提案することになるため、高いプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力が求められます。

また、ファッションやライフスタイルの時代の流れに敏感で高い関心を持つことや、新しい情報を常に吸収していくことができることも必要となるでしょう。

色彩士検定と同じ分野の他の資格

色彩検定、カラーコーディネーター検定、ファッションコーディネート色彩能力検定

色彩士検定取得者の年収・給料相場

資格取得後の仕事として、ファッション、インテリア、グラフィック業界のデザインや、さらにそれだけではなく企画職や商品開発などの様々な職種があげられます。

そのため、収入は職種によって様々です。1級を取得すると色彩の学校などの講師につくことができます。

また、ファッション業界では、色彩士の資格を持つことで、収入があがることも多くあるとされています。

色彩士検定の現状

国家資格ではなく、民間資格のため、合格したからといって直接的に仕事に結びつくものではありません。

しかし色彩を学んでいる人や、将来デザイナーやアーティストを目指す人にとって、自分の知識と技能の両方の能力を試すことができる検定試験です。

同じ色彩を扱う検定に、カラーコーディネーター検定や色彩検定がありますが、そちらよりも知名度はやや低くなっています。

色彩士検定の将来性

資格取得によって直接的に職業に結びつくわけではありませんが、現在、様々な業界において色彩の専門知識は注目されています。

美術やデザイン関係でのデザイナーやカラーコーディネーターアーティストとしてクリエイティブな業界での需要は多く期待できます。

その他、ファッションやアパレル、建築など多岐にわたる分野での活躍も期待できます。

色彩士検定の独立について

デザイナーやスクール講師、セラピスト、カラーコンサルタントなどとして将来、独立開業することはもちろん可能です。

独立を目指すのであれば、1級(より上級)の資格を持つこと、また、活躍したい業界で関連する他の資格の取得も目指すことが重要となるでしょう

こんな著名人の方も色彩士検定資格を持ってます。

該当者なし

資料請求はこちら

コメントを残す

*

*