映像音響処理技術者

映像音響処理技術者 資格

Tweet Tweet映像音響処理技術者は幅広い年齢層の男女が目指せる、映像系の仕事が好きな方にオススメ資格です。 映像音響処理技術者資格取得者は他にはJPPA認定資格という名称で呼ばれております。 資格名:映像音響処理 […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映像音響処理技術者は幅広い年齢層の男女が目指せる、映像系の仕事が好きな方にオススメ資格です。

映像音響処理技術者資格取得者は他にはJPPA認定資格という名称で呼ばれております。

資格名:映像音響処理技術者

映像音響処理技術者の資格は「民間資格」です。

sponsored link

専門学校・短大・大学10箇所を一度に資料請求や願書取り寄せを行うだけで全員にもれなく
1000円分の図書カードを全員にプレゼント!!

資料請求キャンペーン
キャンペーン詳細を見る

資格広場では映像音響処理技術者になるには?映像音響処理技術者なるためには?映像音響処理技術者になりたいを応援しております。

映像音響処理技術者になるために必要な知識

映像、音響関連業界で働くにあたって、最低限知っておかなければいけない基礎的な知識が問われます。基本的な機材の特徴や役割、デジタルテレビ放送の基礎、音響や映像データの基本原理や保守管理など、デジタルメディア・コンピュータについて、著作権についてなどの知識が必要となります。また、これらに関わる基礎的な技術用語も理解しておく必要があります。

映像音響処理技術者の資格は「一般社団法人日本ポストプロダクション協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人日本ポストプロダクション協会とは:

テレビ番組、CM,ミュージッククリップ、企業ビデオパッケージ、記録映像等の作品を制作する中で、良質なコンテンツ制作を技術面からサポート作業するのがポストプロダクション業務です。日本ポストプロダクション協会では、このポストプロダクション業界の地位向上や産業振興を目的として様々な事業やセミナーなどを実施しています。

映像音響処理技術者 なるには 資格

▼ 仕事内容▼ 試験詳細▼ 資格取得者の傾向

映像音響処理技術者ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

テレビ番組やCM、映画、アニメーションなど映像コンテンツを制作する映像・音響関連業界で仕事をする際、映像の編集やCGの製作のほか、音声処理の作業や放送局の規格に合わせた作業など制作での仕上げの工程のことをポストプロダクション業務といいます。このポストプロダクションに関連する作業において、最低限必要とされる基礎知識を、ポストプロダクションに係る人たちが正しく理解しているか評価する試験となります。実際の業務例として、エディターやMAミキサー、音響効果、カラリスト、データ変換、オーサリング・エンコード、VFXコンポジッター・CGアーティスト、技術サポート、制作コーディネーター、営業などがあります。

映像音響処理技術者資格取得の為の勉強法

日本ポストプロダクション協会から発行されている「映像音響処理技術者資格認定試験問題集」を活用して勉強を行います。試験はその問題集の範囲、レベルからの出題となっています。また、過去の出題例、過去の問題が日本ポストプロダクション協会のホームページよりダウンロードできますので、そちらを活用して試験に挑みましょう。また、試験問題集は「ポストプロダクション技術マニュアル」に準拠して作成されています。参考として、このマニュアルを利用したり、わからない用語を調べるために「ポストプロダクション技術用語集」を利用されることをおすすめします。また、映像・音響系の専門学校も多くあります。将来、そのような業界で働きたいと思っている方は、専門学校に通って資格を取得することが近道となるでしょう。

映像音響処理技術者の試験料・試験の内容・合格発表について

映像音響処理技術者資格試験料

試験料は5,400円です。

映像音響処理技術者試験・検定の年間試験回数

試験は年1回、6月上旬ごろに実施されます。

映像音響処理技術者の試験科目等の内容

試験の内容は、映像や音響に関連する職業で働く方、働こうとする方に最低限知っておくべき技術の基礎知識が出題されています。問題集の内容が十分に理解できているかが問われます。試験内容としては、技術基礎問題、映像基礎問題、音響基礎問題、デジタルメディア・コンピュータ基礎問題、著作権基礎問題が出題されています。試験形式はマークシート形式にて出題されます。

映像音響処理技術者資格の難易度

例年受験者の70%の方が合格していることから、比較的取得しやすい資格といえます。出題範囲も映像音響処理技術者資格認定試験問題集の中から出題されるため、出題範囲がわかりやすく、この問題集と過去問題をしっかりと学習することで合格を目指せる資格といえるでしょう。

映像音響処理技術者資格の合格率について

試験では60%の正解率が合格基準となっています。毎年の合格率としては約70%となっています。

映像音響処理技術者試験の合格発表

合格発表は1ヵ月後の7月上旬ごろ、郵送で通知されます。

sponsored link

映像音響処理技術者資格取得後の傾向

映像音響処理技術者の職業例

映像編集者

映像音響処理技術者に向いている人

将来、映像制作の現場で働きたいと考えている人は、積極的に取得を目指すとよい資格です。また、制作の現場では、制作再度の意向を正確に聞き取り、理解し、迅速に行動することが常に必要とされます。そのため、コミュニケーション能力が大切となるでしょう。また、よりよい作品を作ろうと、技術を常に磨いていこうとする向上心がある方が求められています。

映像音響処理技術者と同じ分野の他の資格

音響技術者能力試験

映像音響処理技術者の給料相場

映像音響処理技術者が活躍する職業として、映像編集者があげられます。所属する企業や地位により年収は異なってきますが、20代後半の映像編集者の平均年収をみると大体400万~500万ぐらいというデータがあります。

映像音響処理技術者の現状

近年、デジタル放送や衛星放送、CATVが発達し、普及してきたことによって、映像コンテンツは従来のテレビ放送や映画以外にも、ブロードバンドによる映像配信など、様々に展開されてきています。それに伴い、映像コンテンツの需要もますます増えてきています。そのため、映像作品を効率よく仕上げていく技術をもつ映像技術処理者の需要も多くなっています。

映像音響処理技術者の将来性

資格を取得すると、映像コンテンツ制作など、映像や音響の業界で活躍するために、最低限しっておかなければならない技術の基礎知識をもっていることがアピールすることができます。また、映像と音響、両方の基礎知識を認定している資格のために、就職の際には有利に働くでしょう。また、今後も映像コンテンツの需要は減ることはなく、活躍の場所として安定した業界といえます。

映像音響処理技術者の独立について

活躍する場所としては、映像や音響関連業界でのポストプロダクション業務などがメインとなります。また、専門的な資格というわけではなく、知っておくべき基礎知識を評価するための資格となります。したがって、この資格だけで独立して活躍することは難しいかもしれません。他の資格と併せ持つことで、就職や転職などにはさらに有利になるでしょう。

こんな著名人の方も映像音響処理技術者資格を持ってます。

該当者なし

コメントを残す

*

*