PAになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-01

公開日:2018-05-24

PAとして業務にあたることに資格は必要ありませんが、将来的にキャリアアップや正規雇用を目指すのであれば、舞台機構調整技能士という国家資格を取得しているほうが有利です。この資格には実務経験等が必要ですが、上位資格を取得することにより収入が上がる可能性があります。


PAは幅広い年齢層の男女が目指せる、コンサート会場などで、音響に関するミキシング技術が求められます。スピーカーやマイクを使用するイベントにも需要が高いです。職業です。
PAの職業は他にもPublic Address(パブリックアドレス:大衆へ伝達するという意味)と呼ばれております。
PAに「なるには」についてご紹介してまいります。


資格広場は、PAになるには?PAになるためには?PAになりたいを応援しております。

PA

PAってどんな仕事?(仕事内容など)

PAとは、ライブ会場やコンサート会場での音響に関する専門技術をもつ職業です。また、ライブやコンサートだけでなく、オペラ、演劇、ファッションショー、テーマパークのイベントなど、活躍する場は広くあります。具体的な業務として、コンサート等での楽器や人の声には音量等にバラつきがあり、それらの音源をまとめて調整し、観客にとって最良の状態で伝えることです。PAとして働くための資格はありませんが、実施する場所により舞台機構調整技能士という国家資格を取得していることが望ましい場合もあります。

PAになる為の勉強法

PAになるには、音楽技術の専門学校へ進学したり、大学の工学部を卒業して音響の会社やコンサートホール等へ就職する方法があります。また、レコード会社、イベント会社、番組制作の会社へ就職しても音響関係の業務につくことが可能です。舞台機構調整技能士の資格を取得するためには、各級によって異なりますが、実務経験が必要となります。一般的には、実務経験を経てからの取得になりますが、指定の専門学校であれば在学中に3級の取得可能、卒業時に2級の受験資格が得られるところもあります。

PAになるための専門学校や通信講座について

準備中です。

PAの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

PAの学歴

現在調査中

PAの勤務時間

現在調査中

PAに必要なスキルや機材

現在調査中

PAのやりがい

現在調査中

PA苦労、大変なこと

現在調査中

PA

PAの年収・将来性・独立について

PAに向いている人

様々な人と現場で仕事をすることになるのでコミュニケーションスキルは必須です。また、業務における能力として音感や聴力も必要とされます。機械等を持ち運ぶこともあるので、体調面でも重視されます。機械の設置も行うので、メカニックの知識や習得にスキルのある人が望ましいです。さらに、時間的な制限のなかで作業を強いられることもあるので、それに対応できる精神力も必要です。

PAと同じ分野の他の職業

舞台機構調整技能士検定、舞台音響調整作業技能検定

PAの年収・給料相場

新人でPA会社に就職した場合は、月収12万~20万程度、年収150万円~250万円程度とされています。経験を重ねると年収500万円~700万円ということにもなります。舞台機構調整技能士の資格を取得し、正規雇用されている場合は資格手当がある場合もあります。(上級資格になるとさらに給与面での優遇があります)

PAの現状

舞台やコンサート、イベント会場での仕事が主な業務になるため、イベント等に時間帯に合わせて業務(準備や片付け)を行います。その為、深夜や早朝の作業等、時間的に不規則な就業となることが多くなります。また、体育会系の業界になるので、縦社会としてのルールが重んじられ、飲み会等への参加の機会も多くあります。

PAの将来性

コンサート会場やイベントの音響設備だけでなく、オペラや演劇、公共施設でのマイク放送、学園祭など様々な場所で活躍することができます。経験や技術の必要とされる職業ですが、一生続けていける専門職です。

PAの独立について

フリーランスとして、業務委託を受け仕事をしている人が多数います。一人前のPAになるには、10年~15年程度は必要とされるといわれますが、一流のハウスミキサー(観客席後方でミキサー卓を構え、音響調整する役割)になれば、トップアーティストからの指名があることもあります。

PAの主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*