カメラマンになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-24

カメラマンは、その瞬間、2度と戻らない時間を写真や映像に収めていくという、誇りを持って臨む仕事です。仕事の内容によって、どんな仕事内容になるか、どのような被写体になるかは様々です。


カメラマンは幅広い年齢層の男女が目指せる、年齢に左右されない職業です。
カメラマンの職業は他にもフォトグラファーと呼ばれております。
カメラマンに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、カメラマンになるには?カメラマンになるためには?カメラマンになりたいを応援しております。

カメラマン

カメラマンってどんな仕事?(仕事内容など)

仕事の内容によって、その被写体は様々です。被写体のジャンルを限定しているカメラマンのいますし、報道系のカメラマンだと、被写体になるのも事件の現場だったり人物だったりと様々です。新聞や雑誌、テレビで放送されることを考え、写真や映像にメッセージ性がなければいけません。自分はカメラを通して、世界に何を伝えたいのかを常に考えながら撮影します。また、写真が掲載されるメディアや、映像が放送される番組の特徴を考えながら撮影します。

カメラマンになる為の勉強法

勉強法は、「学校で学ぶ」「カメラマンのアシスタントになる」「スタジオに勤める」「独学で目指す」となります。「学校で学ぶ」場合は、ひとくちに「写真やカメラについて学べる学校」といっても、大学や専門学校、スクールなど様々なものがあります。学校で学ぶことのメリットは、基礎からしっかりと知識を身につけることができるほか、特に技術面など独学で悩みにぶつかってしまったときに、すぐ先生や周りの学生に相談できる環境であること、また、求人情報などが手軽に手に入りやすいこと、などが挙げられます。「カメラマンのアシスタントになる」ことは、現場経験を積みながら、カメラマンに必要な知識や技術などを身につけることが出来ます。「スタジオに勤める」場合は、人物やモノの撮影が中心となっているので、プロカメラマンが撮影する様子を身近でみることができます。「独学で目指す」場合は、本などを使って学ぶことが可能です。たくさんの写真に触れ、自分なりに「どう撮ればいいのか」を考えることで、独学でも写真の腕を磨くことは可能です。

カメラマンになるための専門学校や通信講座について

写真の専門学校があります。

カメラマンの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

カメラマンの学歴

現在調査中

カメラマンの勤務時間

現在調査中

カメラマンに必要なスキルや機材

現在調査中

カメラマンのやりがい

現在調査中

カメラマン苦労、大変なこと

現在調査中

カメラマン

カメラマンの年収・将来性・独立について

カメラマンに向いている人

写真が好きな方、明るく元気な方、リーダーシップがある方、約束が守れる方、センスがある方に向いています。

カメラマンと同じ分野の他の職業

写真技能士、フォトマスター検定

カメラマンの年収・給料相場

新聞社や出版社などの会社勤務のカメラマンの収入は、毎月その企業の給与体系に沿った給料が支払われます。福祉厚生も含め、一般的なサラリーマンと同じように大手になればなるほど給料や待遇が良く、安定していることが多いです。スタジオ勤務の場合も、各スタジオが定める給料が支払われますが、新聞社や出版社などよりは給料が安く、まだあまり経験や実績がない場合には年収300万円程度という場合もあるようです。フリーランスのカメラマンの収入はピンキリです。自分で営業活動せず、仕事があまりなければ限りなくゼロに近くなりますし、一方で、一部の有名カメラマンは年収が数千万円以上ともいわれています。フリーで働く場合、撮影を担当するページやカット数によって報酬(ギャラ)が決まり、雑誌の撮影は1ページあたり1万円から、スタジオ撮影は1カット5千円からが相場のようです。アシスタントの給料は、月給10~15万円程度が相場だといわれています。師匠となるカメラマンによって多少変わりますが、だいたいこの範囲内に収まっている人が多いようです。

カメラマンの現状

出版社や新聞社、様々な会社にカメラマンとして勤務している人もいますが、フリーで活動しているカメラマンが多いのもこの業界の特徴です。自分の取りたいものを被写体としたいのであれば、フリーで活動するのがいいでしょう。ただし、ただでさえ安定しない収入が、フリーだともっと安定しなくなります。

カメラマンの将来性

一般のひとであっても高度な写真が容易に撮れるほどデジタルカメラの技術が進歩してきています。そのため、フィルムカメラの時代と比較すると特殊なカメラの技術を必要とするシーンは減少してきました。そのため、撮影の単価が下がりつつあります。専門分野を磨き、自分にしか撮れない写真があるという強みを持つカメラマンが生き残っていくでしょう。安定性があるのは、商業写真です。広告や雑誌など、商業写真が必要とされる媒体はたくさんあります。そのため、商業写真を撮影するカメラマンは、ある程度仕事が安定していると考えることが出来ます。中には、事件や事故を撮影する報道写真家を目指したいという方もいるかもしれませんが、商業写真に比べると状況は厳しいようです。もともと報道写真は商業写真よりも単価が安く設定されており、安定した収入を得るのがなかなか難しいと言われます。カメラマンとして安定性を求めたいのであれば、フリーランスになるよりも会社勤務を目指す方が良いでしょう。特に大手の新聞社や出版社などに勤めれば、毎月安定した仕事量があり、給料が大きく変動することもありませんし、福利厚生などの面から将来的な不安も少ないと言えます。

カメラマンの独立について

カメラマンという仕事は、会社に勤務している方もいますが、フリーで活動している方も多い業界なので、独立は可能です。もし、独立を視野に入れたい場合は、カメラマンのアシスタントとして経験を重ね、自分ならではの写真が撮れるようになるといいでしょう。

カメラマンの主な著名人

荒木経惟、白川義員など

コメントを残す

*

*