サウンドクリエイターになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-05-31

作曲や効果音、サウンド制作や声優さんとのやり取りなどの声や音声などの加工を行う仕事です。近年では、作曲家のこともサウンドクリエーターと呼ばれることもあります。


サウンドクリエイターは幅広い年齢層の男女が目指せる、さらに活躍するものと考えらる資格です。職業です。
サウンドクリエイターの職業は他にもサウンドクリエイターと呼ばれております。
サウンドクリエイターに「なるには」についてご紹介してまいります。


資格広場は、サウンドクリエイターになるには?サウンドクリエイターになるためには?サウンドクリエイターになりたいを応援しております。

サウンドクリエイター

サウンドクリエイターってどんな仕事?(仕事内容など)

サウンドクリエーターとは、ゲームやアニメ・映画音楽などを作る仕事です。「作曲家」や「サウンドディレクター」とほぼ同じ意味で使われることもあります。この仕事には絶対これが必要という資格は特にありませんが、作曲する能力はもちろんのこと、DTMを使いこなせることも必要です。

サウンドクリエイターになる為の勉強法

この仕事ではDTM(DAM)が使いこなせることが必須です。DTMについて勉強することが、サウンドクリエーターになりたい人がするべき、第一歩といえるでしょう。

サウンドクリエイターになるための専門学校や通信講座について

準備中です。

サウンドクリエイターの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

サウンドクリエイターの学歴

現在調査中

サウンドクリエイターの勤務時間

現在調査中

サウンドクリエイターに必要なスキルや機材

現在調査中

サウンドクリエイターのやりがい

現在調査中

サウンドクリエイター苦労、大変なこと

現在調査中

サウンドクリエイター

サウンドクリエイターの年収・将来性・独立について

サウンドクリエイターに向いている人

大勢の人とスムーズに連携することが重要な仕事ですから、コミュニケーション能力や協調性、社交性、理解力、折衝力がある人はサウンドクリエイターに向いているでしょう。パソコンや音楽全般に対する造詣が深いことは必須条件です。そのうえで音楽以外のエンターテイメントやあらゆる分野について好奇心が強い人、多趣味な人は発想力が豊かになるため適性があるでしょう。

サウンドクリエイターと同じ分野の他の職業

CGクリエイター検定、CGエンジニア検定、Webデザイナー検定、画像処理エンジニア検定、ケータイ実務検定、FLASHクリエイター能力検定、CAD利用技術者試験、イラストレーター能力認定試験など。

サウンドクリエイターの年収・給料相場

平均年収は300~400万円程度がボリュームとなりますが、大手企業の正社員であれば、勤続年数3年までが年収200~300万円程度、5年までが400~500万円程度、10年までが500~800万円程度です。実績を重ねてフリーランスとして独立した場合は年収1,000万円以上も夢ではない資格です。

サウンドクリエイターの現状

ゲーム業界全体は成長していますが、スマートフォンなどのオンラインゲームが売上の6割以上を占め、家庭用ゲームはソフト、ハードともに減少傾向が続いています。とはいえ大手ゲームメーカーへの就職希望者は非常にたくさんいます。ゲームやアニメのサウンド制作を希望しながらもかなわず、パチンコ関係のサウンド制作に携わる人がいるのも事実です。また音楽制作会社によっては請け負う仕事の大半はパチンコ関連というところもあります。ゲームやアニメ関係希望者は独学で作曲やプログラミングの技術を高め、精度の高いデモテープを数多く作る努力が必要です。

サウンドクリエイターの将来性

スマホゲームの普及もあり、ゲーム業界全体は成長しているので、サウンドクリエイターの需要はとても高いです。しかし、大手ゲームメーカーの就職希望人気は高いため、サウンド制作会社に勤め、ゲーム音楽に携わるのも一つの方法です。人気も需要もあるので今後ますます重要になる仕事です。

サウンドクリエイターの独立について

コンテンツ産業のさらなる発展が見込まれるなか、サウンド制作会社に所属する独立系のサウンドクリエイターがさらに活躍するものと考えられています。

サウンドクリエイターの主な著名人

上田雅美、内海秀明など。

コメントを残す

*

*