サウンドレコーディング技術認定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-07-10

プロのレコーディングエンジニアとして働くには、「音楽的な素養」というソフト面と「機器操作・技術的な素養」というハード面の両方をバランスよく修得しておくことが大切になります。サウンドレコーディング技術認定試験は、この両面を基礎から学び、日本音楽スタジオ協会において、優秀で感性豊かなエンジニアを育成するために誕生しました。


サウンドレコーディング技術認定試験は年齢制限はありませんの男女が目指せる、スタジオという現場で、実際に使える能力を身につけることができる資格です。
サウンドレコーディング技術認定試験資格取得者は他にもレコーディング・エンジニアと呼ばれております。
サウンドレコーディング技術認定試験の資格は「民間資格」です。


資格広場は、サウンドレコーディング技術認定試験になるには?サウンドレコーディング技術認定試験なるためには?サウンドレコーディング技術認定試験になりたいを応援しております。

目次

サウンドレコーディング技術認定試験になるために必要な知識・受験資格

高校卒業以上、または同等の学力を有することが必要です。

サウンドレコーディング技術認定試験の資格は「一般社団法人日本音楽スタジオ協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人日本音楽スタジオ協会とは:
一般社団法人日本音楽スタジオ協会は、平成元年(1989年)2月、音楽レコーディングスタジオ49社が集まり任意団体として発足し、平成2年(1990年)12月、通商産業大臣(現:経済産業大臣)より社団法人の許可を受け、社団法人日本音楽スタジオ協会として設立されました。平成25年4月1日より、一般社団法人日本音楽スタジオ協会となりました。

サウンドレコーディング技術認定試験

サウンドレコーディング技術認定試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

サウンドレコーディング技術認定試験は、社団法人 日本音楽スタジオ協会によって実施されている、レコーディングエンジニアの専門性を認定する民間資格になります。音楽スタジオで使用されている機器はもちろん、近年になって登場したデジタル技術など、現在現場で必要とされるレコーディングの技術知識についての試験をおこないます。この試験は合否を判定するものではなく、試験の成績結果により能力レベルをA~Eのランクで判定され、受験者には、一般社団法人日本音楽スタジオ協会より「認定証」および「成績証明書」が交付されます。

サウンドレコーディング技術認定試験資格取得の為の勉強法

音楽系専門学校のレコーディングエンジニアコースやコンピュータ系専門学校の音響エンジニア専攻への入学、テキストでの勉強法があります。音や音響についての基礎理解、デジタル処理される音に関しては、コンピュータの知識や操作なども必要ですので効率的に理解を深めるためには、レコーディングのプロから体系的に学んだほうが早道につながります。

サウンドレコーディング技術認定試験の専門学校や通信講座について

準備中です。

サウンドレコーディング技術認定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

サウンドレコーディング技術認定試験の資格試験料

受験料は税込みで5400円です。

サウンドレコーディング技術認定試験試験・検定の年間試験回数

年1回

サウンドレコーディング技術認定試験試験科目等の内容

マークシート方式の試験がおこなわれます。四者択一で、90分間の試験になります。出題範囲は、.音響の理論・電気音響とスタジオシステム・レコーディング技術と先進技術・音楽・音楽著作権・音楽録音の流れ・録音の歴史となり、2017年度試験では『サウンドレコーディング技術概論 再改訂版』、『サウンドレコーディング技術認定試験問題集』、『音楽録音スタジオにおける音響設計ガイドブック』から出題されました。

サウンドレコーディング技術認定試験資格の難易度

スコア判定のため、合否ラインについての難易度はありません。

サウンドレコーディング技術認定試験資格の合格率

合否がないため不明です。

サウンドレコーディング技術認定試験試験の合格発表

試験は合否を判定するものではなく、試験の成績結果により能力レベルをA~Eのランクで判定され、受験者には、一般社団法人日本音楽スタジオ協会より「認定証」および「成績証明書」が交付されますので、合格発表はありません。

サウンドレコーディング技術認定試験

サウンドレコーディング技術認定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

サウンドレコーディング技術認定試験所持者の職業例

レコーディングスタジオ・レコード制作会社・エンジニアをマネジメントするプロダクション

サウンドレコーディング技術認定試験に向いている人

音に関するセンスを持っていることは、レコーディングエンジニアにとってはもっとも大切な素養になります。レコーディングエンジニアは、自分の好みで仕事を選んでいてはプロとして通用しません。どんなジャンルの音楽も、自分が知る、知らないにかかわらず、色々と聴くのが好きな人が向いている人といえます。

サウンドレコーディング技術認定試験と同じ分野の他の資格

ヤマハ音楽能力検定・ピティナ・ピアノ指導者検定・ラジオ音響技能検定・MIDI検定・音響技術者能力検定・Pro Tools技術認定試験・映像音響処理技術者資格認定試験・音楽検定・楽譜検定

サウンドレコーディング技術認定試験の年収・給料相場

レコーディングエンジニアの経験がない人は、アシスタントとしての入社となるので、初任給は正社員や契約社員の場合、月収15~18万円で、一般の会社員より若干低いくらいです。

サウンドレコーディング技術認定試験の現状

日本の音楽市場が全盛期を迎えた1980~90年代、レコード会社は1曲に数千万円という予算をかけてCDを制作していましたが、最近はインターネットが身近になり、携帯電話やスマートフォンで1曲単位での楽曲ダウンロードが可能になると、CDの売上げは激減し、音楽市場全体は低迷を余儀なくされています。レコードからCDへの移行は、デジタル化とはいえメディアの形が変わっただけでしたが、メディアを必要としない安価な音楽配信への移行は、音楽関係者の生活にも大きな影を落とすことになっています。レコーディングエンジニアを目指していても、最初はアシスタントや見習いからのスタートです。アシスタントは主に雑用をこなしながら、自分のスキルを磨くための勉強を両立し、ひたすらレコーディングエンジニアとしてデビューできる日を目指します。金銭的にも体力的にも苦しいアシスタント生活を10年以上続けた末に、一人立ちできずに辞めていく人もいるというのが厳しい現実もあるようです。

サウンドレコーディング技術認定試験の将来性

業界の売上げは落ちているとはいえ、今や「音楽を持ち歩く」時代となり、若者を中心に、電車での移動中や歩いている間でも、ヘッドフォンで音楽を楽しむ人が大多数を占めています。テレビやラジオでも、音楽番組に限らず常にBGMが流れ、職場でも環境音楽などを流している企業が増える傾向にあります。このような切っても切り離せない人と音楽の関係性は今後も続くことが予想され、音楽そのもののニーズが尽きることはありません。その音源を作る大切な役割を担っているのが、レコーディングエンジニアの仕事ですので、将来的に消えることは考えにくく、実力と努力によって活躍し続けることは可能だといえます。

サウンドレコーディング技術認定試験の独立について

例えば、誰もが知っているような有名なアーティストに認められての独立であれば、専属のレコーディングエンジニアになったり常に他からの依頼があるので仕事に困ることはありません。

サウンドレコーディング技術認定試験資格を所有している主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*