ディスプレイデザイナー資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-07-10

空間ディスプレイデザインは、デザイナーとして陳列・色彩・照明等の知識や技術が問われる民間資格です。店舗やイベント会場等の空間スペースデザインで魅力ある店づくりを目指すのに必須の資格といえます。デザイン会社やアパレル等での就職にも役立ちます。


ディスプレイデザイナーは幅広い年齢層の男女が目指せる、魅力ある空間を演出する技術が身につく職業です。
ディスプレイデザイナーの職業は他にも空間ディスプレイデザイナーと呼ばれております。
ディスプレイデザイナーに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、ディスプレイデザイナーになるには?ディスプレイデザイナーになるためには?ディスプレイデザイナーになりたいを応援しております。

ディスプレイデザイナー

ディスプレイデザイナーってどんな仕事?(仕事内容など)

店内外をはじめ、イベント会場等の空間をデザイン及びデコレーションする仕事です。顧客の要望やコンセプトによりデザインを決定後、平面図やグラフィックに落とし込みます。イベントブース、ディスプレイウィンドウ、店舗スペースといった限られた空間をデザインします。照明計画や装飾品デザインと手配など多岐にわたり、場合によっては使用するインテリアの制作も行ないます。顧客や設計士・施工業者等、多数の関係者と関わっていくプロジェクトとなっていきます。小規模な店舗から、大規模展示場まで依頼される空間は幅広く存在します。

ディスプレイデザイナーになる為の勉強法

色彩・照明・配置・演出の4つの視点からの知識が必要となります。総合的な魅力ある空間作りの技術を身につけるテキストを参考に、まずは基礎知識としてディスプレイ・色彩・照明・売場演出を学んでいきます。。その後は、問題集を解き試験対策をしていくと良いでしょう。

ディスプレイデザイナーになるための専門学校や通信講座について

美術大学や専門学校のデザイン科で学ぶのが近道と言えます。その他通信教育の講座受講では、出題範囲が網羅された試験問題を使い、実用的な空間演出方法を学びながら資格取得を目指すと良いでしょう。

ディスプレイデザイナーの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

ディスプレイデザイナーの学歴

現在調査中

ディスプレイデザイナーの勤務時間

現在調査中

ディスプレイデザイナーに必要なスキルや機材

現在調査中

ディスプレイデザイナーのやりがい

現在調査中

ディスプレイデザイナー苦労、大変なこと

現在調査中

国家資格バナー

PR



ディスプレイデザイナー

ディスプレイデザイナーの年収・将来性・独立について

ディスプレイデザイナーに向いている人

デザインのアイディアが豊富に浮かび、アイディアを現実空間に落とし込める人向きの職業です。また、顧客の要望・コンセプトに対する意見等、密接な打ち合わせが必要となってくるため、コミュニケーション能力が必須の職業となります。

ディスプレイデザイナーと同じ分野の他の職業

インテリアデザイナー、Webデザイナー、カラーコーディネーター、ファッションデザイナー

ディスプレイデザイナーの年収・給料相場

初任給の平均的な月給は、20~22万程度になります。一般的な相場としては、約300万~500万円の求人があり、勤務先や経験・実力により給料がアップしていきます。ベテランと呼ばれるくらいになると、600万円の年収を得ている人もいるようです。

ディスプレイデザイナーの現状

ディスプレイ技術は販促として、店舗やイベント会場・企業等に対応している空間が多く、需要の高い仕事です。業界としての人気も高く、美術大学や芸術系専門学校の卒業生が選ぶ傾向があります。営業・企画・デザイン・制作等幅広く、小規模店舗から大展示場の仕事があり、高いやりがいとともに休日・残業等ハードワークな一面もあります。

ディスプレイデザイナーの将来性

ディスプレイは、店や商品のアピールするもので時代の流行ともに変化していきます。SNSの普及により、より個性的・話題性のあるディスプレイが年々、求められるようになってきました。今までディスプレイに関心のなかった店舗や企業でも重要視し始めており、今後もディスプレイデザイナーへのニーズは増えていく事が考えられます。

ディスプレイデザイナーの独立について

企業での経験を積んだのちに、自宅やカルチャースクールでの講師やフリーランスのデザイナー、新規起業としての活動が可能です。

ディスプレイデザイナーの主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*