キーボード奏者になるには?キーボーディストの仕事内容は?

masman

by iwai

更新日:2019-05-02

公開日:2018-08-27

キーボード奏者(キーボーディスト)は専門学校に行くべき?

キーボード奏者(キーボーディスト)になるにはどうすればいいのか?専門学校や大学で学ぶべき事を調べてみました。また、実際のキーボード奏者の仕事内容や年収などもご紹介いたします。


キーボード奏者とは、その名の通りキーボードを演奏する演奏家の事を言います。
他、キーボーディストやキーボードプレーヤーと呼ぶ事も。

ピアノ奏者と違うの?キーボード奏者(キーボーディスト)とはどんな人?などという疑問を解消し
キーボード奏者になるにはどうすればいいのかという事もご紹介いたします。


キーボード奏者(キーボーディスト)とはどんな仕事?

キーボード奏者になるには

キーボード奏者とはキーボードを演奏する人の事を言います。
キーボード奏者は一般的にポピュラー音楽においての電子鍵盤を扱う人を指すようです。

演奏する楽器は、シンセサイザーや電子オルガンなどさまざまであり、バンドでの演奏や歌手の伴奏として技術を発揮します。

キーボード奏者になるには、様々な技術と知識が必要になるのです。

出典:マイナビ進学

キーボード奏者になる為の専門学校はあるの?

キーボード奏者になるには、音楽の基本的知識、楽譜を読む能力は必須になります。
もともとピアノを小さなころから習っていて、という方も多いかと思います。

培われた技術に加え、シンセサイザーの基礎知識や作曲、編曲を学んでおくと活躍の場が広まります。
キーボード奏者になるには、各地にある音楽大学や音楽の専門学校の中で自分に合う学校を見つけ、入学する事をお勧めします。

学校で学べる事

専門学校によって様々ですが、キーボード奏者になる為の基本的な知識は学ぶことが出来ます。
例えばスタジオでリハーサルをする方法だったり、楽器の知識なども授業で教えてもらえるので独学よりも確実に多くを学べます。

キーボード奏者になるには、作曲方法も必要になる場合もあるのです。

実際の演奏時にアレンジをしたり様々な面で役に立つ知識になるでしょう。

専門学校に入った後の注意点

専門学校に入り学んだからと言ってその後の就職が約束されているかというと、そうではありません。
勉強は基本を学ぶだけです。その知識をどう活かすかが大切になります。

また、学校の中でも自分から能動的に動かないとサポートは期待できません。
キーボード奏者になるには、就職などの際も自分で決めるつもりで動く必要があります。

キーボード奏者に必要な技術とは?

キーボード奏者に必要な技術はどんなものがあるのでしょうか?

演奏が出来る事はもちろんですが、キーボード奏者になるにはどんな技術が必要なのかいくつかご紹介します。

即興やアレンジ力

演奏をする上で、ライブなどで急にセッションしたりする際、即興で演奏する能力も必要になります。

キーボード奏者だけではなく演奏家全てに言える事ですが、その場の雰囲気に合わせて曲をアレンジする能力は必要になります。

楽曲に合わせた音色を作る表現力

曲によって、雰囲気を掴んで表現することが求められます。

通常の演奏でも必要な技術ですが、パフォーマンスとして演奏する場合は特に体全てで見せる為
どう表現するのかまで考え演奏する必要があります。

他のキーボード奏者から技術を見て学んだり、色々な曲を演奏する事で見に着く技術です。

流行の音楽の知識

技術、というと少し違うかもしれませんが。
今どんな曲が流行っていて好まれているのか、知っておくことも重要です。

いざその曲の伴奏依頼が来た時など、すぐに対応しなければいけない場合も多いのです。
演奏するのがどんな曲なのか知っていれば、その後アレンジや練習の際も早く対応できます。

キーボード奏者の仕事内容は?

キーボード奏者の仕事内容とは?

実際のキーボード奏者はどんな仕事をしているのでしょうか?
キーボード奏者になるには、知っておくことも重要ですね。こちらで、いくつかご紹介いたします。

バンドなどでの演奏

バンドで、キーボード担当として演奏する仕事になります。

ミュージシャンとしてデビューして活躍する・他のバンドの手伝いでライブにだけ参加するサポートミュージシャンなど色々あります、

しかしデビューまでの道のりは平坦なものではないかもしれません。

それでも夢を追いかけて好きな音楽をしたい、という方にはお勧めです。

歌手や聖歌隊の伴奏

こちら求人も多く出ており、歌手の伴奏は音楽事務所や番組制作会社との契約、
聖歌隊の伴奏は教会や結婚式場などの雇用契約になります。

時給は2,000 ~ 4,000円程度になり、他のバイトよりも金額は高めになります。

かなり現実的な仕事になりますが、正社員契約はとても少ないのが現状です。
ただキーボード奏者になるには、比較的近道といえます。

サーカスでのパフォーマーとして演奏

サーカスでは楽器を弾ける人を求めています。
実際にショーに出演し演奏するのが仕事です。

その為、ショーを見せる必要があるので、ただ演奏すればいいというわけにはいきません。

パフォーマンスもしつつクオリティの高い演奏もしなければならないので、かなりの実力を必要とします。
オーディションも行われているので、我こそはと言う方は応募してみるのもいいかもしれません。

以下、応募の条件の一例となります。

・音楽のトレーニングおよび/または学習経験があること
・実務経験があること
・音楽における安定した技術的および芸術的スキル
・1 つまたは複数の楽器(ボーカルを含む)の優れた演奏能力
・多様性、複数の音楽スタイルを演奏できジャンルを融合できる能力
・ソリストとして楽譜または即興で演奏可能
・チームで働ける能力
・他の都市や国への転居および/またはツアーに参加可能
・18歳以上
・優れた即興力(歓迎)
・インナーイヤー型イヤホン経験者(歓迎)
・実務に役立つ英語力(歓迎)

出典:Cirque du Soleil

キーボード奏者の年収、勤務?フリーランス?

キーボード奏者として生計を立てるには、どうしたらいいのでしょうか?

プロとして何千万を稼げるようになるのが1番ですが、ほんの一握りの人だけになります。

もちろん、その中に入らなくてもキーボード奏者として働く事は出来ます。

年収や、勤務とフリーランスの違いなどをご紹介します。

キーボード奏者の年収は?

年収は、極端に言ってしまえば0円から、何千万という幅の広い仕事になります。

ライブハウスなどでの活動になっていれば給料はありませんし、逆に有名ミュージシャンとして売れっ子なら
ギャランティはかなりの額になります。

それだけ夢のある仕事なのかもしれません。

他、所属などの場合その事務所やスタジオとの契約の金額次第になります。

スタジオミュージシャンだと年収は300~500万円という方も多いようです。

キーボード奏者は所属とフリーランスどちらがいいの?

スタジオミュージシャンを抱える会社やプロダクションやメーカーに所属すれば、給料制になる可能性もあります。

ただ、1つの仕事をこなしたらいくら、というギャラ制も多いのが実情です。

もちろんフリーランスではギャラ制がほとんどです。

所属をしていれば自分で仕事を探したりマネジメントする必要がないのですが、
所属をしたからと言ってすぐ仕事があるわけではありません。

その部分では、所属もフリーランスも同じかもしれません。

出典:天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート

キーボード奏者になるには?まとめ

いかがでしたでしょうか?

キーボード奏者(キーボーディスト)になるには、様々な方法があります。

まずは、色々な技術を学び自分に出来る事を増やしていくことが成功の秘訣の様です。

自分に合った学び方を経て、キーボード奏者として働ける場を見つけられるといいですね。

コメントを残す

*

*