照明技術者技能認定とは?試験の詳細や資格を取れる勉強法・学校は?

masman

by wweeee

更新日:2018-09-06

公開日:2018-08-17

舞台 照明

照明技術者技能認定ってどんな資格?どんな仕事をするの?就職先は?年収はどれくらい?資格を取るにはどんな試験を受けるの?専門学校がある?それとも独学?照明技術者技能認定の取得を目指す方必見の情報です!


みなさんこんにちは。今回は「照明技術者技能認定」をテーマに書きたいと思います。舞台やテレビ、ライブにコンサートと、様々なところで重要な役割を果たしている照明ですが、その資格はどんなものなのでしょうか。資格そのものについてや資格取得のプロセス・学校情報などをまとめます。

照明技術者技能認定ってどんな資格?

照明 舞台

照明技術者技能認定とは、テレビスタジオなどで役者やアーティストに対し、光を使って演出効果や映像技術を高める技術を公益社団法人日本照明家協会が認定する資格です。

技術レベルによって1級と2級があります。

照明技術者技能認定って何?

舞台やテレビスタジオ、ライブ・コンサートスタジオなどで役者やアーティストに対し、光を使って演出効果や映像技術を高める技術を公益社団法人日本照明家協会が認定するのが照明技術者技能認定です。

この資格は、照明技術者に必要な知識や技術を数値化・認定することによって、照明技術の向上を図るために発足した制度です。

舞台やテレビ、コンサートなどで照明は必要不可欠です。
ライブやコンサートなどではカラフルな照明や独創的な照明が印象的で、照明の役割を実感しやすいのではないでしょうか。

1級と2級の違いは何?

照明技術者技能認定は技術レベルによって1級と2級に分けられます。

2級は、舞台照明またはテレビ照明の実務経験が1年以上の人が受験する事ができます。

資格を取得するには照明設計、照明器具の配置、照明機器の保守・管理方法、照明調光操作などを学ぶ必要があります。

1級は2級を取得した後、3年以上または照明実務経験5年以上の人が受験できます。

照明技術者技能認定を取るとどんな仕事ができる?

舞台やテレビ、ライブ・コンサートなどなど様々なところで必要不可欠となる照明技術者技能認定の資格ですが、具体的にどんな仕事をするのでしょうか。

職種などについてご紹介します。

どんな職種でどんな仕事をするの?

照明技術者技能認定の指す照明技術者とは、舞台やテレビスタジオ、ライブ・コンサートスタジオなどで活躍するアーティストに対して照明を担当する人です。

そのため、資格を取ると照明技術者としてテレビショーやCM、舞台、コンサートなどの制作に携わる事ができます。

エンターテイメント業界でのお仕事が多いです。

照明技術者になるために照明技術者技能認定は必ず必要?

実は、照明技術者技能認定は検定であるため、照明技術者になるために必ずしも必要というわけではありません。

ただ、この技能認定を取得するために学んだ幅広い知識は照明技術者として働く上で基礎となるものです。

また、この技能認定は照明技術者としてのスキルを客観的に証明するものになります。

就職の際には武器になると思うので取得するのがおすすめです!

照明技術者技能認定を取るにはどんな試験を受けるの?

照明技術者を目指すなら是非取得しておきたい照明技術者技能認定、取得するためにはどんな試験を受ければ良いのでしょうか?

独学の場合は試験を受ける必要がありますが、専門学校に通えば指定科目を修了するだけで2級が取得できます。

専門学校なら試験免除?

照明技術者技能認定基準に沿った授業を行なっている学校では、指定科目を修了すると、学校の申請によって技能認定試験が免除されます。

つまり、学校の授業を履修するだけで照明技術者技能認定2級が取得できるんです。

このようなカリキュラムを持つ学校の1つには日本工学院が挙げられます。チェックしてみてはいかがでしょうか?

独学の場合はどんな試験を受けるの?

指定の学校に通わなくても照明技術者技能認定を取得する事はできます。

独学の場合は、公益社団法人日本照明家協会が開催する舞台・テレビジョン照明のための 公開講座(地域講座)を受講した後、筆記試験と実技試験を受験する必要があります。

受験資格は
2級:舞台照明/テレビ照明の実務経験1年以上
1級:2級取得後3年以上/照明実務経験5年以上
試験費用は一般だと10,000円
正会員だと6,000円
申し込み方法は郵送です。

国家資格バナー

PR


照明技術者技能認定の専門学校がある?独学しかない?

照明 ライブ

先ほども少し紹介しましたが、照明技術者を目指す人向けの専門学校・大学・短大など様々な学校があります。

公益社団法人日本照明家協会が認定し、試験が免除される学校とそうでない学校があるので注意が必要です。

全国に照明技術者を目指せる学校がある?

照明技術者を目指せる学校は全国にあります。

そのため住まいが地方にある方でも実家から通えたり、通学時間が短くできたり、とメリットが多そうですね。

学校にもよりますが、音響エンジニアや芸術部門、IT部門も設けている学校もあります。

照明技術者はテレビやコンサートの制作で様々な部門の人と関わる事になるので、校内でそのような仕事を目指す学科を専攻している学生と触れあえるのはプラスになるかもしれませんね。

照明技術者技能認定を持つ人の就職先や年収は?

ここからは舞台やテレビ、コンサートなどエンターテイメント業界でのお仕事となる照明技術者の具体的な就職先についてご紹介します。

気になる年収についても!

照明技術者技能認定を持つ人の就職先ってどこ?

主にテレビ局、番組制作会社、映像制作会社、CM制作会社、照明会社、コンサートホール、舞台、劇場でお仕事をします。

専門学校を卒業して企業へ就職という道が一般的ですが、学校・学部・学科も不問のところもあります。

求人にもよりますが、必要不可欠なスキル・資格はないところが多いようです。

が!その中で照明技術者技能認定を持っていると周りと差別化できそうです!

照明技術者の年収ってどれくらい?

平均年収は年代によって異なります。

月の給料で見てみると
20代が19万、30代が26万、40代が40万くらいです。

20~30代は決して高いとは言えませんが、40代くらいになるとグッと上がってくるようです。


照明技術者技能認定まとめ

いかがでしたか?照明のお仕事はエンターテイメントにとって欠かせない存在であり、その分責任感もあると思いますが、それだけのやりがいも感じられるお仕事だと思います。照明技術者を目指すなら是非取得しておきたい照明技術者技能認定の資格、指定の学校に通えば試験を免除できます。是非チェックしてみてはいかがでしょうか?

出典

日本工学院
スタディサプリ
公益社団法人日本照明家協会
JS日本の学校
indeed
給料BANK

コメントを残す

*

*