園芸療法士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-09-26

園芸療法士

園芸療法士は園芸を通じて心や身体に障害と持った人の機能回復などの支援を行います。現在は、あまり社会に浸透しておらず知名度も低いですが、これからは高齢化社会になりますので、需要や知名度が上がっていくと予測されています。

       

園芸療法士は幅広い年齢層の男女が目指せる、園芸を通じて心身に障害を持つ人々の症状や機能回復を支援する資格です。
園芸療法士資格取得者は他にも園芸療法士、園芸セラピストと呼ばれております。
園芸療法士の資格は「民間資格」です。

資格広場は、園芸療法士になるには?園芸療法士なるためには?園芸療法士になりたいを応援しております。

園芸療法士に必要な知識・受験資格

園芸療法士に必要な知識は、必修科目として園芸論、園芸療法論、園芸療養実習、ガーデニングⅠの4科目8単位と、選択科目として、ガーデニングⅡ、介護理論、介護技術、障がい者福祉、高齢者福祉、障がい者・高齢者レクリエーション実技、福祉機器演習、身体障がい者の心理、心の障がい者の心理、高齢者の心理、香りの心理、色彩の心理、高齢者の医学、障がい者の医学、精神医学、精神保健、作業療法、理学療法、看護学、救急法、補完・代替医療論、コミュニケーション論、ボランティア論、ユニバーサルデザイン論、生活と環境、社会園芸、その他園芸療法のために必要であると大学が判断する科目および単位数の8科目16単位以上が園芸療法士に必要な知識になり、植物の知識の他にも医療関係の知識も必要になります。

園芸療法士の資格は「一般社団法人全国大学実務教育協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人全国大学実務教育協会とは:
実社会の変化に対応する実務教育課程の開発と資格の発行、教材作成、教職員の研修などの事業に取り組んでいる団体です。

園芸療法士

園芸療法士の仕事内容

園芸療法士は園芸を通じて、心に障害を抱えた人などの身体や機能回復を支援する仕事です。この資格は民間資格であり、取得するには、一般社団法人全国大学実務教育協会(JAUCB)に加盟する大学に入学し、所定の教育課程を履修し、学校を卒業することで取得することができます。この学校には大学・短期大学・専門学校があり、北海道地方、関東地方、近畿地方、九州地方に学校があります。この資格取得後は、ガーデニングプランナー、ガーデナー、庭師、グリーン、コーディネーター、グリーンアドバイザー、フローリスト、介護福祉士、福祉施設指導員、授産施設指導員などで活躍しています。また、園芸療法士として働かなくても学校で得た知識・技能はプライベートで庭などをつくる時にも役立ちます。

園芸療法士資格の勉強法

園芸療法士を取得するには、一般社団法人全国大学実務教育協会(JAUCB)に加盟する大学・短期大学・専門学校に通い、所定の教育課程を修了後、学校を卒業することで取得することができます。この一般社団法人全国大学実務教育協会に加盟する大学・短期大学・専門学校は、恵泉女学園大学(東京)、大阪信愛学院短期大学(大阪)、札幌国際大学(北海道)、西九州大学(佐賀)、大阪河崎リハビリテーション大学(大阪)、甲子園短期大学(兵庫)、大分短期大学(大分)、神村学園専修学校(鹿児島)の計8学校あります。

園芸療法士の専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

園芸療法士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

園芸療法士の資格試験料

園芸療法士は一般社団法人全国大学実務教育協会に加盟する大学・短期大学・専門学校に通うことで取得できる資格なので、特に資格試験はありません。神村学園専修学校では、年度毎の納入金140万円(学費は分納、実習経費・スクーリング旅費・その他諸経費は別途必要)になり、短期大学では年度毎の納入金約153万円、4年制大学では、年度毎の納入金約155万円になります。

園芸療法士試験・検定の年間試験回数

年間の試験回数は一般社団法人全国実務教育協会に加盟する各大学・短期大学・専門学校の試験回数になりますので、園芸療法士になりたい人は、各大学・短期大学・専門学校の試験日程を確認して下さい。

園芸療法士試験科目等の内容

園芸療法士に試験はなく、一般社団法人全国大学実務教育協会に加盟する大学・短期大学・専門学校に通い、所定の教育課程を修了し、卒業することで取得できます。

園芸療法士資格の難易度

園芸療法士は一般社団法人全国大学実務教育協会に加盟する大学・短期大学・専門学校に通い所定の教育課程を修了し卒業することで取得することができる資格なので、難易度はかなり低いです。また、特に試験を受けることなく取得できる資格なので、このような面では、非常に取得しやすい資格です。

園芸療法士資格の合格率

園芸療法士は一般社団法人全国大学実務教育協会に加盟する大学・短期大学・専門学校に通い卒業することで取得できるので、合格率はありません。また、卒業後、園芸療法士として仕事で活躍する場としては、主に、養護老人施設、老人保健施設、デイケアセンター、知的障がい者施設、精神障がい者施設、医療施設(小児科)、アルコール中毒者更生施設、養護学校、教育機関、就労継続支援A型事務所などになります。

園芸療法士試験の合格発表

園芸療法士に合格発表はなく、一般社団法人全国大学実務教育協会に加盟する大学・短期大学・専門学校に通い、所定の教育課程を修了し、卒業することで取得できます。

園芸療法士

園芸療法士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

園芸療法士所持者の職業例

ガーデニングプランナー、ガーデナー、庭師、グリーンコーディネーター、グリーンアドバイザー、フローリスト、介護福祉士、福祉施設指導員、授産施設指導員など

園芸療法士に向いている人

園芸を通じて人の心や身体の機能回復などのサポートをしますので、人助けが得意な人などが園芸療法士に向いています。

園芸療法士と同じ分野の他の資格

作業療法士

園芸療法士の年収・給料相場

園芸療法士の平均年収は勤め先いより大きく変化しますが、平均すると200万円~になります。この園芸療法士はこれから需要が高くなってくると予測されており、予測通り、社会的に認知され、必要であるものだと浸透していけば、年収が増えていくということも考えられます。

園芸療法士の現状

園芸療法士は現在知名度も低く、社会的に浸透していないため、なかなか給料など社会的待遇が良いものではありません。

園芸療法士の将来性

高齢化社会が進む中、園芸を活用した療法の需要が高まってくると予想されていますので、将来性としては全くないことはありません。

園芸療法士の独立について

園芸療法士として独立するには、療法士のみでの独立をせず、その他に介護施設を開設するなどして独立をすることをオススメします。近年は、超高齢化社会と言われるようになってきていますので、老人ホームなどの需要はこれから高まってくると予想されます。

園芸療法士資格を所有している主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*